スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じゅんいちダビッドソンさん優勝!「R-1グランプリ2015」

 2月10日(火)に放送された「R-1グランプリ2015」は、本田圭佑のモノマネで人気急上昇中のじゅんいちダビッドソンさんが、悲願の初優勝を果たしました(詳細はコチラ)。

 私、この人が「爆笑レッドカーペット」で、謎のアメリカかぶれ(?)キャラを演じていた頃から、実は密かにファンだったんですよ。でも「俺は好きだけど、世間的には人気出ないだろうな~」とも思っていたんですよね…今から考えると失礼な話ですが(笑)。

 なので、個人的に頑張って欲しいなぁと応援していましたし、「最近フジ系深夜の『オサレもん』で披露したムダ本ムダ男じゃなくて、堅実に本田圭佑で攻めて欲しいなぁ」とか考えていたんですが、まさか優勝しようとは、ねぇ。

 それにしても、じゅんいちさん、ほんの数年前と比べても、ここ最近の躍進ぶりには目を見張るものがあります。何げに露出も増えている様子ですし、やはり本田圭佑のモノマネがブレイクのきっかけだったんでしょうね(ちなみに、私、じゅんいちさんのネタを見るまで、本田圭佑って何者なのか、全然知りませんでした)。

 今回の決勝進出者は、エハラマサヒロさん(北斗晶ネタは面白かった!)やCOWCOW善しさん、あばれる君といった実力派が多かったですが、ネタの完成度、ネタ運びの上手さでは、他の芸人さんよりも一歩上を行っていた印象があります。

 やはり、芸歴18年目の苦労が、ここに来てようやく実ったという事でしょうかね?くぅ~、泣けるぜ…(´;ω;`)

 で、気になるじゅんいちさんの今後ですが…「R-1」って、実際問題、優勝しても世間的にあまりブレイクしないケースが多いじゃないですか?でも、じゅんいちさんには、そのジンクス(?)を破ってもらい、本家・本田選手位に活躍してくれる事を期待したいですね~。

 ともかく、じゅんいちダビッドソンさん、優勝おめでとうございました!

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : R-1ぐらんぷり
ジャンル : お笑い

博多華丸・大吉さん、優勝おめでとう!「THE MANZAI 2014」

 昨日14日(日)に開催された「THE MANZAI 2014」は、ベテランコンビの博多華丸・大吉さんが優勝を果たしました(詳細はコチラコチラ)。

 今回は本命不在、ベテラン・中堅・若手が入り乱れての大混戦模様となりましたが、全体的にレベルが高く、番組開始から2時間半、ず~っと笑いっぱなしでしたわ(*≧∀≦*)アキナがあんなに面白いとは思わんかったし。

 そのメンツの中で優勝を遂げた華丸・大吉さん、ご本人達が「漫才は人柄」「自分達は『寅さん』を目指している」と語っていた様に、誰も傷つけない優しい漫才が印象的でしたね~。

 ちなみに、大会最高顧問のビートたけしさんは、華・大さんの漫才を「老舗の有名なお店の味」「高くて由緒あって格式の高いもの」「本当の味はこれ」と評していましたが、言い得て妙ですな…。

 で、個人的に華・大さん以外に面白かった芸人さんはというと、やっぱりトレンディエンジェルですかね?ネタ自体は、正直凄く面白い訳ではないんですけど(ファンの方スイマセン)、明るく賑やかな「空気」を作る力があるんですよね。司会のナイナイさんも「楽しい子達」って言ってましたし。今回の裏MVPではないかな?

 私が優勝を予想していた学天即も、漫才のスキルでは負けていなかったものの、トレンディの勢いに飲まれた感がありましたね。やっぱりお客さんを味方につけて、自分達に有利な空気を作るという点で、トレンディは他のメンバーに勝っていたんだと思います。
 
 それと、期待の磁石は…面白かっただけに残念!でも、国民ワラテンでは1位だった事だし、バイト掛け持ち生活脱却を目指して、こえからも頑張って欲しいですねにしても、ササキングの「月収35万」発言はリアルだった…

 更に、1票も取れませんでしたが、馬鹿よ貴方は…決勝の大舞台で、あの揺るがぬマイペースぶりは凄い!ヽ〔゚Д゚〕丿世間の支持は得られないかもしれませんが(笑)、これからもその調子で、己の道を突き進んで欲しいです! 

 他にも、三拍子は決勝進出を機にメジャーになって欲しいけど、前日のワイルドカード進出者決定戦と似たクイズネタをやってたのが解せないとか、囲碁将棋の下ネタ連発は勘弁して欲しいとか、今大会はいろいろと語りたい事が多かったです(´∀`*)

 閑話休題…20年以上の芸歴を誇る、大ベテランの博多華丸・大吉さんが、千組以上の漫才師が参加する「THE MANZAI」のトップを取ったというのは、漫才史上に残る快挙ですし、大会の新たな扉を開いたと言っても過言ではない出来事だと思います。

 博多華丸・大吉さん、本当におめでとうございました~!

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : THE MANZAI
ジャンル : お笑い

「THE MANZAI 2014」の決勝メンバーが発表されたよ!

 先日、「THE MANZAI 2014」の決勝進出メンバーが発表されました!(詳細はコチラを参照)

 本ブログで前々から猛プッシュしている磁石を始め、人気者のトレンディエンジェル、実力派の囲碁将棋に芸歴20年以上の博多華丸・大吉等、若手からベテランまで、幅広いメンバーが揃っていますね~。

 今回は、過去のNON STYLEの様な絶対的な本命がいない分、どのメンバーにも平等にチャンスがあると思うんですが…果たして、この中から飛び抜ける事のできるのは、どの芸人さんなのかー?

 個人的には、本命は磁石…と言いたいところなんですけど、純粋に予想すると、学天即が上がってくるのでは?と思います。最近、進境著しいし、ウデを感じるんですよね。で、対抗は磁石、と(笑)。

 それと、ダークホースとしては馬鹿よ貴方はを推したい!何をしでかすか、全く読めないコンビですよね~。果たして大会を引っ掻き回す存在になれるのか、それとも…特に何もせずに終わるのか
 
 年に一度の漫才師達の熱きサバイバルレース、今からチョー楽しみです(*≧∀≦*)「THE MANZAI 2014」は今月14日(日)、17:30からフジテレビ系で放送予定です。

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : THE MANZAI
ジャンル : お笑い

土曜夜の「ミレニアムズ」に、う~ん…

 「豊作と言われる2000年デビューの中から厳選された芸人5組によるお笑い番組」との触れ込みの下、土曜の夜にフジテレビ系で始まったバラエティ番組「ミレニアムズ」―。

 オードリーや流れ星、ナイツにウーマンラッシュアワー、山里亮太さんと、いった今が旬の芸人さん達が一堂に会しているとあって、私も始まるまでは結構期待していたんですが、個人的な感想としては…う~ん、やっぱりイマイチ乗り切れないですね~。

 そもそもレギュラー出演者が多すぎて、各々の持ち味を発揮できていない気がしますし、あの面子の中でバラエティを回す司会者・進行役としての能力があるのは、若林さんと山ちゃんだけだと思うんですよね。

 対して、ナイツや流れ星なんかは、大人数が集まってのトークよりも、ネタや一発ギャグで実力を発揮するタイプの人達なんで、トークや企画コーナーの時に、何かヒマそうというか、手持ちぶさたにしている瞬間がある様に見えてしまうんですよ。

 流れ星のちゅうえいさんなんか、「THE MANZAI」で司会のナイナイ岡村さんからの「ちゅうえい、何かやって!」という振りに一発ギャグで答えている時は、凄く生き生きとしているのに…。

 その他、「カスママ」のコーナーにおける女性ADに扮したウーマン村本さん、日本エレキテル連合に解散を迫る「やめちまえ~」のナイツ塙さんなんか、本人に向いていない事をやらされている印象が強くて、正直寒々しいというか、痛々しく感じてしまいます(本人達の意向はともかく)。

 この二人が、そんなキャラクターを演じる必然性が果たしてあるのか?あれでは、村本さんや塙さんという素材に申し訳ない!勿体ない!

 ネタも企画コーナーもトークも何でもありだった、かつての「夢で逢えたら」(←たとえが古いな!)みたいな、才能がある芸人さん達が集結した事による、奇跡的な化学変化を期待したいんですけど、今後どーなる事やら。

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : お笑い番組
ジャンル : お笑い

土曜フジの「ミレニアムズ」は




      人数多すぎ!




↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : お笑い番組
ジャンル : お笑い

芸人ファイター、真夏の大集結!「アメトーーク!格闘技やってる芸人」

 先週放送された「アメトーーク!格闘技やってる芸人」を観ました。

 登場した芸人さんは今田耕司さんに品川庄司・品川祐さん、ドランクドラゴン・鈴木拓さんにレイザーラモンHGさん、東京ダイナマイト・松田さんにFUJIWARA・原西さん、千原ジュニアさんにタカダ・コーポレーション・おやきくんといった面々。

 今田さんが以前から総合格闘技を、鈴木さんがブラジリアン柔術を、品川さんがフィリピン武術・カリやジークンドーを練習しているのは知っていましたが、原西さんがキックボクシングを習っていたのは意外でしたね~。正直、あんま格闘技とかやるタイプの方に見えなかったもので…

 逆にジュニアさんがボクシングを練習しているのは、何か納得というか―。ジュニアさんって、性格がストイックそうですもんね。

 番組では、特に今田さんと品川さんがフィーチャーされていましたが、お二人は現在、松田さんやHGさんと一緒にシュートボクシング(キックボクシングに投げ技・立ち関節技を加えた格闘技)のジムに通っているとの事。

 今田さんは寝技が相当できるらしい(何でも総合格闘技のジムで、プロ志望の若者から三角締めで一本取った事もあるとか?)ですが、打撃系格闘技を習って、組技だけでなく、パンチやキックにも磨きをかけているんですな。凄いやヽ〔゚Д゚〕丿

 齢48歳にして、縄跳びやサンドバッグ、ミット打ち等の基本練習からスパーリングまで、ヘロヘロになりながらもきっちりこなしていく今田さんのバイタリティには、アラフォーの私・かなぶんも「見習わなくては…(-.-;)」と思わされましたよ。

 一方、品川さんですが、サンドバッグ打ちの動きのキレやパンチの回転の速さが凄かった~!正直、ド素人の私の目からは相当上手く見えたんですけどΣ(゚д゚lll)あれだけ上手かったら、練習後に思わずドヤ顔になってしまう(今田さんに「腹が立つ」と言われてた)のも無理ない気がしますけどね(笑)。

 それ以外に印象的だったのは、何と言っても、プロ格闘技の興行にも参戦しているというおやきくんの試合映像。倒れた相手選手にパンチを雨あられと落としまくり、秒殺KOを奪うシーンはまさに圧巻、鳥肌モノでしたよ((((;゚Д゚))))

 それにしても、芸人さんは意外と体力があるし、格闘技や武道の経験者が多いとは聞いていましたけど…本当に芸能界って多才な人が多いんだな~と思いました。

 今回の「格闘技やってる芸人」、もし第2弾があったら、K-1参戦経験もあるオードリー春日さんや寝技限定でプロ興行にも出場したラバーガール飛永さん、ついでに、今田さん達と同様、シュートボクシングを練習しているという冨永シレーヌ愛さんにも出演してほしいなぁ。…シレーヌさんは芸人じゃないけど。

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : アメトーーク
ジャンル : お笑い

月曜日の「エンタの神様」SPを観たけど…

 今月28日(月)に日本テレビで放送された「エンタの神様 大爆笑の最強ネタ大大連発SP」を観ました。

 「オンバト+」が終了し、芸人さんによるネタ番組が全滅して久しい昨今、不定期に放送される「エンタ」SPは、おなじみの芸人さんのネタを2時間たっぷり楽しめる、私にとって非常に貴重な番組。ワクワクしながら観たんですが、内容的には…う~ん、イマイチ…。

 と、言うのも…登場するメンツこそ、サンドウィッチマンにタカアンドトシ、NON STYLEと言った、知名度と実力を兼ね備えた芸人さんばかりだったけど、ネタそのものは以前放送されたものの再放送だったり、過去のネタの焼き直しだったりで、新ネタが非常に少なかったんです。

 私、「何だよ!?観た事あるネタばっかじゃん!!(゚Д゚)ノ」って思っちゃいましたよ。

 勿論、ネタ系の番組が存在しない現在、こうしたスペシャルを放送してもらう事自体が大変ありがたいんですけど、「エンタ」のレギュラー放送時代なんか、サンドウィッチマンもタカアンドトシも、登場する度に新ネタを披露していましたからね。

 今や彼らも超売れっ子ですから、ネタ作りに割く時間なんかないのかも知れないし、多分に番組のスタッフの意向が働いている可能性も否定できないですけど、何にせよちょっと寂しいな~

 パンクブーブーなんか、タレント的な華の部分では前述の芸人さん達に劣る分(スイマセン)、完成度の高い多彩なネタが売りだったというのに、毎回過去のネタを演じているのを観ると、昔からのファンとしていたたまれない気分になりますよ…(それとも、ひょっとしてアレ、再放送!?)。

 逆にナイツなんか、今や超人気芸人に成り上がったにもかかわらず、SP放送の度に新ネタを披露していますからね。凄いやヽ〔゚Д゚〕丿

 何にせよ、「もっと芸人さんの新ネタが観たい!」というのが、私・かなぶんの贅沢な悩みなのです。「M-1グランプリ」も復活するらしいし、また新しいネタ番組のレギュラー放送が始まってくれないかな~っ!?

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : お笑い番組
ジャンル : お笑い

ショック!「オンバト+」、3月で終了…Σ(゚д゚lll)

 現在放送されているお笑い番組の中でも唯一?の芸人さんによるネタ披露番組「オンバト+」が、遂に3月、最終回を迎えるそうです…(詳細はコチラ)。

 99年3月に「爆笑オンエアバトル」としてスタートして以来、15年もの間放送されてきた「オンバト」ですが、一お笑いファンとして、毎週熱心に番組をチェックしていた私としては「とうとうこの日が来たか…」という感じですね…。

 同様のネタ番組である「爆笑レッドカーペット」や「エンタの神様」が次々と終了していく中、孤軍奮闘してきた「オンバト+」―。

 しかし、思い返してみると、出演者がややマイナーな若手中心で、正直、他の番組に比べると、どうしても内容が地味という印象は否めませんでした。まあ、逆に言うと、ブレイク前夜の芸人をチェックできる貴重な番組でもあった訳ですが…。

 また、観客のジャッジによって、ネタを放送するかどうかを決めるというシビアなシステムが故に、出演するのを拒む芸人さんも多いらしい…という話を聞いた事もあります。

 そういう諸々を考えると、むしろ「他のネタ番組がことごとく討ち死にしていく中、今までよく放送を続けてきた!よく頑張った!」と、スタッフの皆さんの努力を称えるべきなのかも知れませんね~。

 今はただ、スタッフの方の「今後も若手芸人を応援、発掘するネタ番組を企画制作していきます」、「4月からしばらくの間、若手中心のネタ番組はNHKから姿を消しますが、きっと新しい番組で戻ってきます! 少しだけ待っていてください」というメッセージを信じて、新たなるネタ番組の登場を待ちたいと思います。

 …それにしても、「オンバト+」の後番組が、4月からレギュラー化するウッチャンのコント番組「LIFE!~人生に捧げるコント~」の再放送とは…。「オンバト」ってウッチャンの番組の再放送以下の存在だったって事ですかい?(涙)

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : お笑い番組
ジャンル : お笑い

日本一面白い漫才師は誰だ?「THE MANZAI 2013」決勝大会が15日に開催!

 日本一面白い漫才師を決める、年に一度の「THE MANZAI」の決勝大会が近づいてきました(決勝進出者の会見記事はコチラを参照)。

 優勝の予想は難しいですが、この面子の中だと、やはりM-1優勝経験者のNON STYLEが本命でしょうかね~?でも、ベテランの東京ダイナマイトや、「オンバト+」でお馴染みの隠れた実力者・風藤松原の活躍も期待したいところであります。

 特に風藤松原は、実は「浅草東洋館」のライブの帰りに、ご本人達と出口で出くわした事があるんですよ!Σ(´∀`;)周りの人は全く気づいていなかったんですけど、私は「前からファンだった芸人さんを、こんな近くで見られるなんて…!」と、いたく感動したものでした(*≧∀≦*)

 それと、気になるのがレイザーラモンの存在…。数ヶ月前に「浅草花月」でネタを観た時は、正直、そんなに面白いとは思えなかったんですけど(HGのツッコミがこなれていない印象があった)、きっと、あれから相当な努力を重ねてきたんでしょうね。

 特にHG、奥さん(今や年商ウン千万円の敏腕実業家だそうです)のヒモ状態から脱却しようと必死らしいし…

 その他、ワイルドカード枠に進出するのが誰なのか気になりますが、ここはやっぱり、以前から本ブログで猛プッシュしている磁石に頑張ってほしい!そして、あわよくば優勝してほしい!解散危機を乗り越えて今まで頑張ってきた磁石が優勝してくれたら、私、嬉しくて泣いちゃうかもですよ(´;ω;`)

 「THE MANZAI 2013」決勝大会は、12月15日(日)、午後7時からフジテレビ系列にて放送予定です。

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : THE MANZAI
ジャンル : お笑い

アンガールズは凄ぇなぁ…。

 先日、NHKで放送された「お笑い頂上決戦 1・3・5」という番組を観ました。

 同番組は、昨年の「THE MANZAI」で決勝に進出したアルコ&ピースやキングオブコントの優勝経験を持つキングオブコメディにバイきんぐ、若手のジャルジャルにアンガールズら8組の芸人コンビがトーナメントで争い、最も面白いコンビを決めるという内容。

 若手のメンバーの中に、比較的ベテランでテレビでの露出も多いアンガールズが入っているところに、個人的に違和感というか、「実力派のネタ芸人達相手に大丈夫か?」と思っていたかなぶん―。

 しかし、フタを開けてみればそのアンガールズが、1回戦でキングオブコメディ、準決勝でバイきんぐ、決勝ではアルコ&ピースを下し、あれよあれよという間に優勝(詳細はコチラ)!

 いや~、今回の番組で、私の中のアンガールズの評価が急上昇しましたね。

 アンガールズの魅力ですが、何よりもまず見た目が面白い(笑)。しかし、ネタはビジュアルに頼りきらずにしっかり作られているし、観客を笑わせる細かい小ワザも効いている。更に、ネタオンリーではなく、トークも全然イケてるし、司会者がイジリたくなるような絶妙なキャラクターを持っている…。

 ネタは得意でも、最近全盛のトークバラエティ番組では今イチ輝けない芸人さん達(敢えて個人名は出さない)では、アンガールズの芸の幅の広さには到底太刀打ちできないのではないでしょうか?

 バラエティとネタの二刀流を難なくこなしてのけるアンガールズ―彼らはある意味、ネタ芸人の理想形と言えるかも知れません。 

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : お笑い番組
ジャンル : お笑い

ゴールデンタイムに「流れ星」・ちゅうえいさんが登場!「爆問パニックフェイス!」

 今年も残りわずかとなりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 ここ最近、「北野演芸館」、「エンタの神様」特番、「爆笑問題の検索ちゃん 芸人ネタ祭り」等のネタ系お笑い番組が沢山放映され、お笑い大好きっ子の私・かなぶんにとっては嬉しい限り。ハードディスクの予約録画も追いつかない位です。

 さてさて、そうした中でもかなぶん的に印象に残ったのが、19日のゴールデンタイムにTBS系で放送された「今この芸人がスゴイ!爆問パニックフェイス!」。この番組、芸人によるネタの披露の他、「ギャグGOD2012」なるコーナーがあったのです。

 これは「一発ギャグに自信アリ!」という芸人さん達が多数集結、優勝賞金100万円を賭けて、一番面白いのは誰かを決めようという、いわばギャグ芸人日本一決定戦―。そして、選ばれた7人の精鋭達の中には、磁石と並んで、以前から私が応援していたコンビ「流れ星」のボケ担当・ちゅうえいさんの姿がありました。

 流れ星は、関根勤さんや小堺一機さんと同じ浅井企画に所属する若手お笑いコンビ。ちゅうえいさんの独特な動きやキャラクターを生かした、コント風味の漫才に定評があり、「爆笑オンエアバトル」でも無傷の20連勝を果たす程の実力の持ち主です。

 しかし、M-1では6年連続準決勝敗退、「THE MANZAI」でも2年連続で決勝進出を逃す等、メジャーな賞レースでは今ひとつ結果を残せていません。

 煽りVTRで、「今まで俺らがね、その、ギャグを作ってきたのが間違いじゃなかったってのを、ここでちょっと証明したいと思います!」と意気込みを語っていたちゅうえいさん。その言葉通り、強力な一発ギャグを次々と飛ばしていました。

 幾多の死闘(?)の末、ベスト3に勝ち残ったのは我らがちゅうえいさんとBコース・ハブさん、そしてギャグのレジェンドとしてシードで登場したFUJIWARA・原西さん。

 「ここで優勝すれば、ブレイクのきっかけになるかも?」とワクワク(((o(*゚▽゚*)o)))しつつ観ていた私でしたが、趣向を凝らしたギャグを立て続けに繰り出す原西さん・ハブさんに比べ、ちゅうえいさんったら、ラ・バンバネタの一本押しで、挙句には持ち時間を余らせてしまう始末…。よっぽど、ラ・バンバネタに懸けていたのか!?

 結果、FUJIWARA・原西さんが見事優勝を果たし、賞金100万円をGETしていました。

 それにしても、肝心な所で息切れと言うか、グダグダになってしまうのが、何とも流れ星らしいと言うかとは言うものの、ちゅうえいさんもポイントでは、原西さんに次ぐ準優勝。今回は残念でしたが、来年以降の活躍に大いに期待したいところですね~

 クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

おたく(ヲタク)日記 ブログランキングへ

テーマ : お笑い番組
ジャンル : お笑い

「THE MANZAI 2012」まだまだ言いたい磁石のコト。

 先日の「THE MANZAI 2012」、優勝を果たし喜びの涙を流すハマカーン・神田さんの後ろで、顔をくしゃくしゃにして号泣していた磁石・永沢さん…。果たしてあの涙は、結果を残せなかった悔しさによるものだったのか、はたまた、盟友ハマカーンの勝利を喜んでいたのか…。

 磁石に関しては、激戦区Bグループに入ったために、優勝候補筆頭の千鳥や元M-1覇者のNON STYLE、最近好調のダークホース(←私の個人的な印象ね)・トレンディエンジェルの影に隠れてしまった印象がありますね。もっとも、実力者の集まった大会ですから、どこのグループだから有利とか不利とか、あまり関係ない気もしますが…。

 今回のネタですが、凄く面白かったんですけど、「1回もエッチしてないんだ!」とか「ブスは待つ!」といった、下ネタや女性を敵に回しかねないフレーズを盛り込んできたのは、チャレンジャーと言うか何と言うか

 特に、「1回も~」のフレーズ、言った瞬間、会場の温度が急激に下がった気がしたんですが…私の考えすぎ?

 ともかく、ネタのクオリティも決して低くなかったですし(磁石と千鳥では、正直、磁石の方が面白いと思いました)、審査員のオール巨人師匠が「磁石君、辞めたらあかん。素晴らしい。素晴らしいよ」と言葉をかけたのは、本人達にも我々ファンにとっても大きな救いとなったのではないでしょうか?

 解散を賭けて臨んだ今大会、芳しい結果を出せませんでしたが、願わくば、これからも磁石の楽しい漫才を観てみたいです。永沢さんも、大会翌日のブログを読むと、結構前向きになっているみたいだし

 それにしても、嬉し泣きする神田さんの背後で号泣する永沢さん、メガネでややイケ面と、同じような顔の二人が一緒に泣いていたのは、絵ヅラ的にややっこしかったです。ドッペルゲンガーか、二人のどちらかが猛スピードで動いて、残像が見えているのかと思いました。

 以下余談―今回の「THE MANZAI」、家族と一緒に観ていたんですが、トレンディエンジェルについて「あんな歳なのに、なかなか売れないでこんな大会に出て…」等と言っていました(笑)。彼らの頭髪があんななんで、二人共結構な歳だと勘違いしたらしいです。「ああ見えても、彼らはまだ20代と30代だよ」と教えてあげたら絶句していたのでした(*´∀`*)

 クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

おたく(ヲタク)日記 ブログランキングへ

テーマ : THE MANZAI
ジャンル : お笑い

ハマカーン、優勝おめでとう!「THE MANZAI 2012」

 16日に開催された「THE MANZAI 2012」決勝大会は、ケイダッシュステージ所属のコンビ・ハマカーンの優勝で幕を閉じました。

 私は正直、これまでハマカーンに関しては「単なる若手コンビのひと組」位の認識しかなかったんですが(スイマセン)、今年に入ってから生のライブで観る機会が多く、浜谷さんのキレ気味のボケと神田さんのシレっとしたツッコミに、大笑いしたものです(って言うか、神田さん、ツッコミだったんだ…。今の今までボケだと思っていたよ)。

 また、漫才の腕だけでなく、芸人同士によるトークコーナーでも上手くMCを務めていて、芸人としての能力の幅の広さに感心させられました。

 今回、ファイナルラウンドで披露した漫才は、秋頃に行われたライブで観たネタだったんですが、「あの時、数百人程度の観客の前でやっていたネタを、今、TVを通して、何百万人の視聴者の前で堂々と演じている…!!」と思うと、何か感慨深いものがありましたね~。

 いや、ハッキリ言って、今までハマカーンに注目していなかった私の目は節穴でしたよ、ホント…。

 さて、ハマカーン以外に目を向けますと、応援していた磁石の結果が振るわなかったのが非常に残念無念まさか、これで解散しないよね~?

 期待していた笑い飯も、個人的にはあまりピンと来なかったんですが(あくまで個人的な感想なので、ファンの方悪しからず)、NON STYLEは相変わらずの、クオリティの高いネタを披露していて流石!と思いました。

 それと、アルコ&ピース…そもそも「あれ、漫才か?」という疑問を感じるんですが…まあ、面白かったからいいか(笑)。エルシャラカーニは面白いんですが、いつもの言い間違い漫才だけでなく、そろそろ別のパターンがほしいところですね(←何様だ!!)。

 ともかく、ハマカーン、優勝おめでとうございました! 

 クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

おたく(ヲタク)日記 ブログランキングへ

テーマ : THE MANZAI
ジャンル : お笑い

磁石が「THE MANZAI 2012」決勝大会に進出!

 本ブログでも度々話題にしている、ホリプロ所属のお笑いコンビ「磁石」が、今月16日に開催される「THE MANZAI 2012」決勝大会に進出します~!拍手~!!

 予選大会でも好成績を収めていたものの、決勝進出は確定していないとの事だったため、正直気が気でなかったんですが…いやいや、無事決まってくれてよかったヨカッタヽ(;▽;)ノ

 しかし、予選大会を4位で通過とは、ベスト3にかすりそうでかすらない、この「何とも惜しい感」が、いかにも磁石らしいと言うか…

 2日昼に放送された、決勝大会の組み合わせを決める特番では、決勝進出を知らされた瞬間の芸人さん達の様子が流れていましたが、顔を真っ赤にして号泣するボケ担当の永沢さんの姿には、私も涙が出そうになりましたよそして、衝撃を受けたのは、結婚を期に、ツッコミの佐々木さんが解散を考えていた事…。

 ファンからすると「あんなに面白いのに、昨年も決勝まで行った程の腕があるのに、何故!?」って言いたくなりますが、佐々木さんの立場からすると、背負う物も増え、自分のワガママだけで好きな事ばかりやっている訳には行かないのでしょうか?M-1終了直後なんか、相当暇を持て余していたっていう話だし。う~ん、切ないぜ…。

 しかし、大泣きする永沢さんを見ながら、横で大爆笑している佐々木さんには、改めて「この人、ほんっと人が悪いな~」と思いましたよ。永沢さんは、あなたのために泣いているんでしょうがよっ!ヽ(`Д´)ノ

 とりあえず、今回の決勝進出で、解散も少し延びたと思うので(笑)、16日は決勝大会を大いに引っ掻き回してほしいですね。 

 クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

おたく(ヲタク)日記 ブログランキングへ

テーマ : お笑い番組
ジャンル : お笑い

ネタ番組に風が吹いてきたっ!!

 かねてより、かつての「爆笑レッドカーペット」や「エンタの神様」に代表されるネタ披露系のお笑い番組の減少を嘆き、現状の改善を細々と訴えてきた(?)本ブログ…。

 ところが最近、私の訴えが功を奏したのか、「レッドカーペット」の特番が数ヶ月ごとに放送されたり、日曜日の夜にTBS系で「日10☆演芸パレード エンパレ」が始まったりと、何やらネタ系のお笑い番組に、復活の兆しが見えてきた気がします。

 これはやはり、ネタ番組に対する潜在的な需要が存在する事の表れでありましょうか。

 そんな追い風を感じる中、26日の月曜夜に放送された、ネタ番組の老舗「エンタの神様」の特番―。「エンタ」でおなじみだった芸人(「エンタ」以外ではあんまり観た記憶がない芸人とも言う)を久しぶりにテレビで観られて、何やら懐かしい気分になりましたし、ナイツや陣内智則、アンジャッシュ等の、相変わらずのハイクオリティなネタには笑わせてもらいました。

 ただ、新作ネタに混じって、過去に既に披露されているネタや、再放送ネタが多々あったのが不満と言えば不満。楽しみにしていたサンドウィッチマンやトータルテンボス、パンクブーブーや我が家のネタは過去にDVDや別の番組等で観た事があるやつばかりだったし…。

 「エンタ」での活躍を経てブレイクした芸人さんも多いですが、そういう人気者達からすると、忙しい中で新作ネタを作るのはやはり難しいのでしょうか?

 でも、そう考えると、レギュラー放送時代の「エンタ」って賛否両論ありましたけど、芸人さんの新作ネタが楽しめるという点では貴重な番組でしたね。タカアンドトシの新作コントなんて、私が知る限り、当時の「エンタ」でしか観られなかったですからね~。

 思えば、サンドウィッチマンを初めて観たのも「エンタ」でしたし、彼らの存在を知る事ができただけで、「エンタ」は私にとっての恩人と言っても過言ではない!…いやスイマセン、やっぱ過言です。言い過ぎた。

 ともかく、こうした機運を受けて、「エンパレ」だけでなく、新たなネタ番組のレギュラー化を期待している今日この頃です。

↓クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

おたく(ヲタク)日記 ブログランキングへ

テーマ : お笑い番組
ジャンル : お笑い

バイきんぐ優勝おめでとう!「キングオブコント2012」

 うしろシティやトップリード等の出演で、何か「オンバト」成分が強いなぁと思っていた22日の「キングオブコント2012」でしたが、蓋を開けてみれば、やはり「オンバト」の常連だったバイきんぐが、史上最高得点を獲得し、ブッちぎりの優勝を果たしました。

 今回は、一般的には余り名前が知られていない面子が集まっている印象がありました。その中でも、とりわけ地味な印象のあるバイきんぐが優勝したというのは、以前から彼らに注目していた私としては、やっぱ嬉しかったですね~。「アレレ?俺って先見の明あり??」みたいな

 特に、ツッコミの小峠さんには、面白い芸人特有の言葉のセンスの良さが感じられますね~。「何て言えばいい!?」とか「ザマァないね、うぉーっ!!」とか「何なんだよ、この今まで味わった事のない種類の衝撃は!?」とか、とにかくその状況で一番面白い台詞を放り込んでくるんですよ。

 コントの流れも、変に捻らずオーソドックスでした(逆に、他の人達は「ちょっと設定とか捻り過ぎじゃないの?」と思う事が多かったです。個人的な感想ですが)が、センスの良いギャグが、大声や勢いで、更にパワーアップしている印象がありました。コントの最中も、ギャグを飛ばす度にドッカンドッカン受けてましたしね~。

 苦節16年、遂に掴んだ栄光に思わず涙する二人の姿には、私・かなぶんも思わず感動しましたよ…今日も早速、「アッコにおまかせ!」の生出演を果たしていましたし、今回の優勝をきっかけに大ブレイクを果たし、週5日の害虫駆除や、コールセンターのクレーム処理のバイトを卒業してほしいと思います。

 あ、それと最後に一言。かもめんたるの槙尾さん(坊主頭じゃない方)が喋るたびに、三ツ矢雄二を思い出すのは私だけでしょうか?

↓クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

おたく(ヲタク)日記 ブログランキングへ

テーマ : キングオブコント(C-1グランプリ)
ジャンル : お笑い

祝!「ずん」やすさん仕事復帰!!

 今年の2月、番組の収録中に事故に会い、長期療養中だったお笑いコンビ「ずん」のやすさんの復帰が決まったそうです(ニュース記事はコチラ)。

 腰椎破裂骨折という事で、相当深刻なケガだったのでは?と思いますが、全く情報が入ってこなかったので、結構心配していたんですが…いやぁ、本当におめでとうございます!

 ウィキペディアによると、やすさんは柔道で「学生時代に九州大会で1位になる実績」を残しており、「大学にも柔道による特待生として入学」したとの事。バラエティ番組のタレント同士の柔道大会でも連戦連勝だったそうで、元々体も頑丈だったのかもしれないですね~。

 復帰の舞台は、同じ事務所の大先輩である関根勤さん主催の「カンコンキンシアター」。復帰に当たっては、「怪我から復帰しただけでして、決して面白くなっているわけではないですから、そこらへんは考慮して、一つ温かい目でよろしくお願いします!!」と、何とも気の抜けたコメントも…

 ここ最近は、相方の飯尾さんばかりが目立っていましたが、また二人で、独特の気の抜けた(←ほめ言葉)コントを見せてほしいですね。

 ↓クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

おたく(ヲタク)日記 ブログランキングへ

テーマ : お笑い
ジャンル : お笑い

躍進!「ずん」飯尾和樹

 ここ最近、お笑いコンビ「ずん」の飯尾和樹さんが大活躍ですね~。

 春の「IPPONグランプリ」に登場し、大会を引っ掻き回したかと思えば、5月に放送された特番「レッドカーペット」では、COWCOW多田さんやFUJIWARA原西さんとコラボしたり…。多田さんや原西さんもいるとは言え、「レッドカーペット」に登場した際の、会場からのウェルカム感とかビックリする位でしたよ。

 相変わらずの脱力シュール芸も受けてましたしね。「現実逃避シリーズ!あ~あ、親父がトム・クルーズだったらな~」とか…トム・クルーズだったら何だっていうんだ!!(笑)

 飯尾さんは90年代頃に「La.おかき」というコンビで活動しており、TBSラジオで放送されていた小堺一機さん・関根勤さん司会の「コサキン」にレギュラー出演していました(この時は飯尾さんはツッコミ)。しかし、独りよがりでグダグダな芸や地味なだけのキャラクターが災いしたのか、今一つ人気を勝ち取る事ができなかったのです。

 以前、「コサキン」の公開収録を観に行った事があったんですが、アドリブを振られた時も、飯尾さんったら散々困った挙句に「ノーサンキュー!」って、突っぱねてましたからね~。芸人なら目立つチャンスと思うでしょ、普通…

 その後、リスナー投票により番組降板が決まり(一説には、飯尾さんの遅刻癖がひどすぎる罰として降板との噂もアリ)、程なくして「La.おかき」も解散してしまい、当時は「このまま泣かず飛ばずで終わるんだろうなぁ」と思ったものでしたが…。

 おそらく、今の活躍に至るまでに、飯尾さんはコツコツと芸を磨いていたんでしょうね。クオリティが上がっているというか、いいタイミングでギャグを繰り出す瞬発力が、以前と全く違う印象を受けますね~。やっている芸そのものは、正直昔と大きく変わってはいないんですが、芸の方向性を変えずに、質の向上によって現在のブレイクに至っているのはスゴイと思います。

 昔を知っている者としては、何か感慨深いものがありますな。

↓クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

おたく(ヲタク)日記 ブログランキングへ

テーマ : お笑い芸人
ジャンル : お笑い

R-1ぐらんぷり2012・感想

 20日、R-1ぐらんぷり2012決勝大会が開催され、吉本所属のお笑いコンビ「COWCOW」・多田健二さんの優勝で幕を閉じました。

 毎年思うのは、「ピン芸人日本一を決める大会なのに、何かこじんまりとしてるなあ」って事。歴史が長い割に、優勝後に大ブレイクした人は少ない(いない?)みたいだし…。

 で、今回の感想も…個人的にはちょっと「う~ん」って感じ。

 誰とは言わないけど、「芸は上手いけど面白くはないんじゃないの?」と、いうネタもあったし、「ただ下品で意味不明なだけじゃねーか!」というネタもあったし、「いつもとフォーマットいっしょだね…」いうネタもあったし(あくまでも私の印象なので悪しからず)。

 だが―それでも!やっぱりスギちゃんが大活躍してくれたのは嬉しかった!吉本芸人達を向こうに回して、芸歴18年の意地を見せてくれましたね~。

 ちょっと見覚えのあるネタが多かったし、今一つお客さんの反応が鈍いかな?という場面もありましたけど、あのメンバーで準優勝は凄いっスよ。これを期に、露出が増えてくれるといいですよね(あ、でも同じブロックだったヒューマン中村さんも、初めて観たけど面白かったわ。クララがtap danceって…)。

 多田さんの優勝は、まあ順当でしょうかね(最後の審査、木村さんのアレは一体何だったんでしょうか)。勢いや手数の多さ、キレの良さが評価されたんでしょう。

 私、一応、多田さんの優勝を予想していたんですけど、まさか本当に当たるとは思ってなかったです。

 あ、それと、最後に一言。キャプテン渡辺は残念だったなあ…。

↓クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

おたく(ヲタク)日記 ブログランキングへ

テーマ : お笑い番組
ジャンル : お笑い

ネタ芸人のあしたはどっちだ!?

 数年前の「爆笑レッドカーペット」や「エンタの神様」の終了は、いわゆるネタ芸人さん達に大ダメージを与えていたようです。

 例えば、昨年開催された「THE MANZAI 2011」で決勝進出を果たしたコンビ・磁石(ボケの永沢たかしさん、ツッコミの佐々木優介さんの2人組。かなぶん一押しの実力派です!)は、情報サイト「お笑いナタリー」のインタビューで、次のように話しています。

(以下引用)
永沢「(2011年は)ネタ番組がだいぶ減っちゃったんで、やることがなくなった感はありました。ライブとかで頑張るしかないかなっていう1年だった気がしますね。M-1も終わって、2011年の最初のほうは『何しようか?』っていう感じでした」

(聞き手:やっぱりネタ番組が減った影響は大きかったんですね)
「そうですね。まあ腐らないで毎月ちゃんとネタ作ったり、単独ライブもやったりした結果、そこで作ったネタがTHE MANZAI 2011の予選を通過したんで、結果としては良かったんではないかなと思いますけど。まあ暇でした。けっこう暇だったよね?」

佐々木「まあー、地獄でしたね」

 「地獄」って、アンタ!お二人ともさらっと語ってますけど、現実、社会人にとって、仕事がないっていうのは、死活問題ですよ。

 勿論、トーク番組がバラエティの主流になっている現状を否定する気は毛頭ありませんよ。「アメトーーク」や「内村さまぁ~ず」(あ、トーク番組じゃない?)も毎週見ている位好きですしぃ。

 でも、その一方で、「ネタしかできない」という判断で、実力がある芸人さん達にスポットが当たらなくなるのは、何とも勿体ない話。何とかならないものか、この現状…?

 ところがところが、ここ最近、何故か「爆生レッドカーペット」やTBS系「芸人ベストパフォーマンス」等、ネタ系の特番が立て続けに放送されているじゃあないですか!?

 何か、ネタ番組復活の予感を感じるのは―私だけでしょうか?

 しかも、4月には、あの「エンタの神様」もスペシャルとは言え復活するんだからね!サンドウィッチマンや陣内智則、ナイツの新作ネタ、楽しみだな~!惜しいのは、タカアンドトシとかトータルテンボスがいない事だな…。

 前述の磁石も含めて、ネタ番組を定期的に楽しめるようになったら嬉しいなあ。

↓クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

おたく(ヲタク)日記 ブログランキングへ

テーマ : お笑い番組
ジャンル : お笑い

プロフィール

かなぶん

Author:かなぶん
平凡なアラフォー男子・かなぶんが、趣味の漫画、お笑い、B級グルメや特撮について書き散らかし、責任は一切取らないブログ。

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

猫のいる生活まとめ ~旧ちゃい日記~

雑多倉庫

池袋グルメ探検隊

戦士のズル休み

Re:BAD TASTE♥

ユッカリーナのヨガ的雑記帳

ライスクッカー

やみなべ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。