スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

R藤本に注目せよ!

 先月の11日、新宿のルミネtheよしもとで開催された「ダイナマイト関西2015 団体対抗戦」というライブを観に行きました。

 芸人さん同士が団体戦形式で大喜利に挑むというこのライブ、ケンドーコバヤシさんを筆頭に、麒麟・川島さん、バッファロー吾郎・竹若さんら錚々たるメンツが集結する中、私が密かに注目していたのが、ピン芸人のR藤本さんでした。

 いわゆるベジータ芸人として知られる藤本さんですが、単なる色ものと思いきゃその実力は意外に高く、芸人の間でも評価は上々との噂も聞いていました。そして、その噂の通り、この「ダイナマイト関西」でも大活躍し個人戦でも優勝、最強の大喜利ファイターに選ばれたのです(詳細はコチラ)。

 色ものっぽい見た目とは裏腹に、確かな実力を秘めた芸人・R藤本さん―これは要チェックだなと思っていた矢先、今月2日(土)、藤本さんの単独ライブが新橋のヤクルトホールで開催されるとの事で、早速観に行ってきました。
DCIM5538-1.jpg

 会場に飾られていた花の一部(笑)↓
DCIM5536.jpg

 私、正直、ドラゴンボールに関してはあまり詳しくないというか、人並みの知識しかないので、内容についていけるか心配だったんですが…いや~面白かった!謎のラップ(何故…?)に始まり、漫談、電話相談室、シークレットゲストとして登場した他のDB芸人とのコント等、もう大笑いしちゃいましたよ

 個人的に面白かったのは、藤本さんがベジータの格好(とキャラ)で、商店街にカレーの材料を買いに行く「はじめてのおつかい」と、DBをパクった…じゃなくて参考にしたと覚しき漫画「ウルトラマン超闘士激伝」の紹介でした(ウルトラマン、ほとんど訴えられても仕方ないレベルだったよ…恐るべし!)。

 それにしても、マニアックでありながら、私の様にDBに詳しくない人でも楽しめるネタを用意してくる辺り、バランス感覚やセンスがいいというか、R藤本さん、只者ではない!やっぱ、私が注目したのは間違いではなかったね(←自画自賛)。

 と言う訳で、2時間があっという間の楽しいライブでしたが、何でも6月には、ベジータが出ない闇ライブ(笑)も開催が決定しているのだとか…一体どんな内容なんだか

 ちなみに、今回の記事を読んでR藤本さんに興味を持ったお笑い好きの皆さん、YouTubeにチャンネルがあるので是非ご覧下さい。今後はR藤本さんに注目ですよ~!

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 芸人ライブ
ジャンル : お笑い

囲碁将棋、「例のネタ」について語る。「THE MANZAI 2014ライブ~よしもと所属認定漫才師、東阪大集合SP~」

 20日(土)、新宿のルミネtheよしもとで開催された「THE MANZAI 2014ライブ~よしもと所属認定漫才師、東阪大集合SP~」を観に行ってきました。

 これは、先日開催された「THE MANZAI 2014」のファイナリスト・ワイルドカード進出者・今年の認定漫才師の中から吉本所属の芸人達が集結、ネタを披露するというもの。

 出演者はトレンディエンジェルチーモンチョーチュウ学天即レイザーラモン、そして例の肛○ネタでネットを荒らした(笑)囲碁将棋ら計14組の漫才コンビ、更にMCを過去のチャンピオン・パンクブーブーが務めていました。う~ん、何と豪華な面子なのだろうか…。

 ネタの方は、トレンディエンジェルの登場した瞬間から醸し出す楽しげな空気、和牛アキナの意外な面白さが印象に残りましたね~。ちなみに、トレンディ、先日の決勝大会以来、地方営業(特に沼津)に引っ張りだこらしいそうです。二人共、もうすっかり人気コンビですね!

 また、学天即や囲碁将棋の相変わらずの漫才の巧さにも「さすがだ…」と感心しました。決勝大会ではトレンディの勢いに負けた感がありますが、やはりどっちのコンビも腕があります。

 特に囲碁将棋、「今日の漫才を決勝大会でやればよかったのに。何であんな下品な○門ネタをやったんだ?」と思いましたよ

 MCのパンクブーブー・黒瀬さんも同じ様に感じたらしく「何で今日のネタを決勝でやらなかったの?今日は下ネタが多かったし(アキナとかゆにばーすとか、今回のライブは下ネタ多かったのよ)、逆にこの前のネタを今日やればよかったのに」と聞いていました。

 それに対し囲碁将棋・文田さん、「下ネタで心配なので、プロデューサーにあらかじめ聞いてみたら『思い切りやって大丈夫!』と太鼓判を押されたから…」「でも、舞台に登場した瞬間、『あ、違う』と思った」と説明していました。確かに、舞台上でネタの選択ミスに気づいても、咄嗟に違うネタに変える訳にもいきませんもんね

 とまあ、そんな感じで約2時間笑いっぱなしで、大満足で家路に着いたかなぶんでした。今日出演した芸人さん達の中から、一人でも多くの人にブレイクを果たして欲しいものですね(´∀`*)

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : 芸人ライブ
ジャンル : お笑い

よしもと芸人、柔道を大いに語る。「第三回よしもと柔道クリエイティ部」

 「ソンクランフェス」&「OKINAWAまつり」を後にし、かなぶん御一行様が徒歩で向かった先は渋谷センター街-。「ヨシモト∞ホール」で開催された「第三回よしもと柔道クリエイティ部~来たときよりもたくましく~」を観に行ってきました。

 「よしもと柔道クリエイティ部」は柔道経験者の若手よしもと芸人が集合し、企画コーナーや豪華ゲストとのトーク(ちなみに、前回はシドニー五輪金メダリストにして元・総合格闘家の瀧本誠さんが登場)等を通し、柔道の魅力を知ってもらおうというコンセプトのライブです。
DCIM3794.jpg

 メインMCはジャングルポケット・太田さんに女性ピン芸人のあいすけさん(この二人は「アメトーーク!」柔道部芸人の回にも出演してました)、ガリットチュウ・福島さん、プラス柔道を知らない人代表のブロードキャスト!!・房野さんといった面々。

 開演直前の舞台の様子。畳が敷かれています↓
DCIM3793.jpg

 さて、午後2時半にライブがスタートすると、まずはMCの芸人さんがそれぞれの柔道歴を紹介。

 高校時代に愛知県大会で優勝したジャンポケ太田さんもさすがですが、紅一点のあいすけさんは、かつて強化選手として北京五輪を目指し、あのロンドン五輪金メダリストの松本薫選手とも練習していた過去を持つ、バリバリのスーパーアスリートだったのです!す、凄えぇ!ヽ〔゚Д゚〕丿

 しかも、中学1年で柔道を始めて、2年後の3年生時には全国大会3位だったというから、まさに驚くべき才能。あいすけ…おそろしい子!(月影先生調)っつーか、そんな人が何故芸人に転向したのか…謎だ(?_?)

 もっとも、肝心の芸能活動はからっきしだよ三級品(©一休さん)らしく、デビュー5年目にして「∞ホール」ランキングは、今だに下から2番目でくすぶっているとの事…ε=(・д・`*)太田さん達からは「完全に進む道を間違えた」「お前、お笑い芸人って言うより『よく喋る柔道家』って感じだもんな」と散々な言われ様でした

 あいすけさんは雑誌「近代柔道」で連載を持っている事もあり、「渋谷では顔をさされる(=道で一般人に「あ、○○さんだ!」と気づかれる事)事が全然ないけど、(日本武道館のある)九段下ではよく顔さされるんですよ~」と語っていましたが…九段下オンリーで顔バレしてもしょうがないでしょ

 続いて、柔道経験者の芸人達による寝技選手権(一部、全然関係ない壇蜜そっくり芸人も混じってましたが)といったコーナーの後、ゲストとして登場したのは、な、何と!アテネ五輪金メダリストにして現在は国士舘大学柔道部監督を務める鈴木桂治さん!Σ(´∀`;)184㎝・100㎏の巨体は客席から見ても分かるド迫力…!

 芸人さん達の「今まで一番強かった相手は?」「家では亭主関白ですか?」といった質問に対し「皆強かったけど、試合して怖いと思ったのはやっぱり井上(康生)先輩」、「亭主関白ではないですけど、家でゴミ扱いもされてません(笑)」と、一つ一つ真摯に答える鈴木さん。う~ん、やはり真面目な方だ…。

 また、昨今の柔道界の不祥事のため「厳しい事を言いたくても、生徒に対し思い切った注意がしづらくなっている。迂闊にバカ野郎とか言えないんですよ…」と、指導者の立場故の悩みを吐露されていました。

 「でも、強くなるためには厳しさも必要だと思うし、バカ野郎とか言いたい時もあるんじゃ…」と言う太田さんに対し、鈴木さん答えて曰く「そうですね…だからバカ野郎と言う代わりに『てめぇ、この野郎!』とか言っちゃうんですよ」。当然、次の瞬間、すかさず皆から「一緒じゃないですか!」と突っ込まれていたのでした

 この後、五輪を制した鈴木さんの技の数々を芸人さんが実際に体験し、ライブは午後4時に終了。いや~柔道は詳しくないけど、そんなのは関係なく面白いライブだった~!それにしても、よしもとのライブで日本の教育の在り方について考える事になろうとは思いもしなかったわ。

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : 芸人ライブ
ジャンル : お笑い

面白うて、やがて哀しき女芸人…゚(゚´Д`゚)゚新宿角座「女子会ライブ」

 3月28日(金)、「新宿角座」で行われた「女子会ライブ」を観てきました。

 出演者は松竹芸能所属のチキチキジョニー梅小鉢、マセキ芸能社所属のニッチェ、アッシュ・アンド・ディ・コーポレーション所属の阿佐ヶ谷姉妹と、ライブのタイトル通り、女性コンビが4組。

 まずは、それぞれのネタ披露の後、女子会だけあって、最近の各々の恋愛事情を報告。彼氏のいるニッチェ・江上さん以外、そっち方面は全員不調…と思いきゃ、実は梅小鉢・小森さんが婚活を順調に進めており、相方の高田さんも、たまたま郷里で再会した子供時代のクラスメートと交際中なのだとか!おぉ~(ノ゚ο゚)ノ

 まるでドラマの様な高田さんのシチュエーションを羨む他メンバーでしたが、当のご本人は意味不明な妄想を理由に「どんどん彼氏の事が嫌いになっていくんです…」と驚愕の告白!曰く、「彼氏が革手袋を口で咥えて外していたらと思うと嫌」「彼氏と食べていたシラスの汁が体中に飛び散ったらと想像すると嫌いになる」等…。

 不気味な妄想を平然と語る高田さんに、他のメンバーは「ヤバい…」、「恋愛話なのに『あるある』が1個もない」、「アンタが彼氏の事を嫌いになる話をする度に、お客さんがアンタの事を嫌いになっていく」とドン引き状態なのでした

 続いては、阿佐ヶ谷姉妹・ニッチェ・梅小鉢と、後輩芸人が呼び寄せた男性6人による合コンの模様をVTR上映。これは、人生で一度も合コンの経験がない阿佐ヶ谷姉妹に、大いに楽しんでもらおうというコンセプトで始まった…はずが、イケメン・高収入・安定した職業と3拍子揃った男性陣の登場に、思わず本気になってしまった女芸人達の華麗なる戦いが勃発!

 哀れ、個室の隅っこに追いやられた阿佐ヶ谷姉妹を尻目に、ニッチェ・近藤さんは王様ゲームにかこつけてイケメンとしっかりハグしまくり、梅小鉢・高田さんは何とKiss(未遂?)までする始末…って、おいおいヾ(゚Д゚ )

 でも、最終的には阿佐ヶ谷姉妹(妹)・美穂さんと男性参加者のカップリングが成立していた(!)から、まあ、結果オーライでよかったんでしょうか

 さて、カップリングから漏れてしまった阿佐ヶ谷姉妹(姉)・江里子さん。緊張の余りに素で爆笑発言を連発していた事をツッコまれ、「芸人だからつい面白い事を言ってしまう…」とポツリ。

 これに対し、チキチキジョニー・石原さんが「そうそう!私達ブスで他にできる事がないから、それしか取り柄がないから…」と言ったかと思うと、何といきなり号泣!突然の石原さんのマジ涙に、会場は唖然騒然、江里子さんもつられて思わず涙したのでした(´;ω;`)

 これを受けて、ラストの「イケメンとの夢を叶えまSHOW」コーナーでは、石原さんと江里子さん、ついでに(実はプライベートは幸薄いという)ニッチェ・近藤さんが、登場したイケメン二人の寸止めKiss攻撃、頭ナデナデ攻撃等を思う存分堪能。石原さんは仰向けにぶっ倒れ、江里子さんは号泣、近藤さんは感極まって膝まづく等、めくるめく至福のひと時を過ごしたお三人でした。

 …もっともお三人さん、この直後に、実は二人のイケメンの正体が後輩芸人とゲイバーのママ(えぇ~っ!)であると聞かされ、衝撃を受けていましたが(笑)。近藤さん曰く「マジで傷ついた」そうです

 ―と言う訳で、笑いだけでなく甘酸っぱい恋バナ、女芸人の哀しい生態等、いろいろな要素が詰まった「女子会ライブ」、2時間強の間ずっと笑いっぱなしの楽しいライブでした。まさか、女芸人さんのマジ涙を目撃する事になろうとは、夢にも思わなかったわΣ(´∀`;)

 今回のライブは、第1回の開催から1年半振りの復活だったそうでしたが、出演者さんは皆「そんなに間を空けずにまたやりたい。半年後位にやりたい」と語っていました。第3回「女子会ライブ」、開催を心から期待しています~(*≧∀≦*)

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : 芸人ライブ
ジャンル : お笑い

ウエストランドの河本さんは凄い!

 先日、新宿にある松竹芸能の劇場「新宿角座」で開催された「事務所交流戦ライブ 松竹芸能×タイタン」を観に行ってきました。

 今回のライブは、松竹芸能側からは現在人気急上昇中のコント職人・うしろシティや「オンバト+」等でお馴染みのピーマンズスタンダードらが、対するタイタン側からは「いいとも」準レギュラーのウエストランドの他、日本エレキテル連合、瞬間メタルといった一癖ある面子が登場し、それぞれコントや漫才を披露するというもの。

 ピーマンズスタンダードの意外な実力に気づかされたり、日本エレキテル連合の独特過ぎる世界観のコントに呆気に取られたりと楽しいライブでしたが、特に印象的だったのが、ネタの後に行われた「ウエストランド河本・大解剖」というトーク企画でした。

 ウエストランドの河本さん―そう、以前このブログで紹介した「浅草東洋館・ライブすっぽかし事件」の、あのお方です。

 日頃から超絶マイペースっぷりで知られ、楽屋はおろかネタ中もほとんど言葉を発しない(ウエストランドの漫才が、ツッコミ担当の井口さんが長台詞で延々ツッコむスタイルなせいもあるけど)河本さんの知られざる豪快エピソードの数々が、本人や相方の井口さん以下、タイタンの芸人さん達から明かされましたが、私ゃもう、その内容に驚愕したですよ

 曰く、遅刻なんかは当たり前で、「酔っ払って、気がついたら目黒川に半身浸かったまま寝ていた」、「下半身ゲ○まみれで仕事場に現れた」等、失敗談の多くは酒にまつわるもの。そして、気になる例の浅草事件について聞かれても、悪びれずに「その時、マナーモードだったから(薄笑い)」と答える河本さん…って、そういう問題じゃないだろ!(゚Д゚)ノ

 それに、確かあの日、井口さんは「携帯にかけたら、一度出たけど無言で切られた」と言っていたはず―。何か2人の供述に食い違いが見られるな~。

 そして、「河本は特異なキャラクター故に、逆に偉い人に大物と勘違いされる事が多い(大抵、後で実はポンコツと気づかれるらしいけど)」、「僕は真面目にやってるのに、『うるさい!』と嫌われるのは僕の方」と嘆く井口さんの姿が不憫でなりませんでした(笑)。

 それにしても、河本さんのマイペースっぷり、普通だったら社会人失格の烙印を押されそうなもんですが、それでもやっていけちゃう辺り、やっぱりお笑いの業界って特殊な社会なんですかね~?何にせよ、今後河本さんの素行不良のために、ウエストランドの活動にケチがつかない事をファンの一人として祈るばかりです(´∀`*)

 あ、最後に、今回の記事を読んで「ウエストランドって一体どんな芸人なんだ?」と気になっている、そこのアナタ!現在、ウエストランド初のDVD「漫才商店街」が絶賛発売&レンタル中なので、是非ご覧下さい!


↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : 芸人ライブ
ジャンル : お笑い

チキチキジョニー単独ライブ「ブスの逆襲」

 9月13日の金曜日、松竹芸能所属の女性お笑いコンビ「チキチキジョニー」の単独ライブ「ブスの逆襲」(←何という自虐的なタイトル…)を観に、新宿にある松竹芸能の劇場「新宿角座」に行ってきました。
DCIM1878.jpg

 角座は初訪問でしたが、私がよく行く「ルミネtheよしもと」に比べると随分小さい。収容人数も百数十人位でしょうかね?お客さんもなかなか集まらず、ちょっと寂しいな~と思いましたが、開演時間が近づくに連れ、徐々に座席もふさがり、ほぼ満席になったところで、ライブがスタート。

 暗転した会場にスターウォーズ風のOP映像が流れ、灯りがつくと、いきなり、ポスター(上の写真ね(⁰︻⁰) ☝)と同じ格好で登場するチキチキジョニーのお二人!Σ(゚д゚lll)スーパーマンもどきの岩見さんはともかく、ビキニ姿の石原さんのビジュアルが強烈すぎる…夢に出てきそう…

 OPトークに続き、何とスタッフの手違いで、エンディングの映像がいきなり流れてしまうというハプニングが発生しながらも(笑)、漫才や企画VTR(岩見さんの「はじめてのお化粧」で、最終的に悪役女子レスラー化する岩見さんがヒドすぎる…)にトーク、そしてコントと、様々なパフォーマンスが次々と披露され、私ゃもう爆笑の連続でした(*≧∀≦*)

 個人的にツボにはまったのは「ブスが死ぬまでやってはいけない10の事」コーナー。これは、「銀座のホステス」、「クラブでイキる」、「合コンに一番遅れて参加」等、ブスがやったら腹が立つ様々な行為(周囲の男性に聞き取り調査したらしい)の中から、特にやってはいけない10項目を、チキジョのふたりが認定するというもの。

 「ツチノコ発見」という項目を見て、「別にブスがツチノコを見つけてもいいでしょ!」と憤る石原さんに対し「う~ん、どっちがツチノコか分からんからちゃう?」と見事に切り返す岩見さんのトークスキルには感心&感動しましたよ

 更に、トーク中、石原さんが結婚相談所に行ったものの、「あなたの希望条件に該当する人は3,000人中2人しかいません」と言われ、入会前に門前払いを食らったという衝撃的な事実まで発覚!厳しいのね~、世の中って…。

 それにしても、かつて「THE MANZAI」の認定漫才師に選ばれた事もあるだけに、相変わらず上手い!面白い!(=^▽^=)チキチキジョニーと言うと、一般的には女性芸能人の悪口を言う毒舌漫才が有名ですが、普通の漫才でも十分笑えるんですよね~。変に他人をくさす漫才をやって、敵を増やす必要ないのに…。

 そんなこんなで、ライブは2時間弱で終わりましたが、チキチキジョニーのお二人は、終演後、また東京でライブをやりたいと語っていました。お二人ともお疲れ様でした!また近い内に、東京で会えるのを楽しみにしていますよ~( ´∀`)

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : ライブ
ジャンル : お笑い

磁石単独ライブ「ラッキーセブン」

 8月3日の土曜日、銀座博品館劇場で開催された、お笑いコンビ「磁石」の単独ライブ「ラッキーセブン」を観に行きました。
①磁石DCIM1529

 磁石の単独ライブ鑑賞も、これで3回目(昨年の記事はコチラ)。年1回の単独ライブ、私・かなぶんにとっては、すっかり夏の風物詩と化しております
②花DCIM1531

③花DCIM1533

 開演前の舞台↓
④舞台DCIM1535

 ライブの中身はと言うと、メインの新作漫才の他、数本のコントありーの、幕間の面白映像ありーの、恒例のボケ担当・永沢さんの新曲発表ありーので、爆笑に次ぐ爆笑の連続、笑っている内に気がつけば、あっという間に2時間強が過ぎていました。

 コントについては、ちょっと捻りすぎて、個人的にはピンと来ない部分もあったんですが(個人的な感想なので悪しからず)、漫才の方は「さすが認定漫才師!」と唸りたくなる程の面白さ。相変わらずのネタの安定度、クオリティの高さもさることながら、あの独特のスピード感は若手漫才師の中でも随一だと思います。

 ところで、今回はボケ担当の永沢さんが、いつになく女性に対する毒舌をフルスロットルで飛ばしており、プライベートで何かあったのかと、ファンの一人として少し心配になりました(笑)。何か顔つきも、いつになく険しかった(ように見えた)し… 

 一方、ツッコミの佐々木さんも、過去のライブで披露した「ブスは待つ!」「ブスは裏切らない!」等に続く、新たな至高のブス格言「ブスは人質にならない!」を炸裂させ、我々観客の度肝を抜きました…。イケメンのササキングが年に一度だけ下々の者達に放つ、強烈なブス格言―恐るべし!

 それと、幕間の映像に登場した永沢さんのお母さんも…強烈でしたね永沢さんとの親子大喜利では独特の天然っぷりを発揮して磁石の二人を翻弄しまくり、親子漫才では息子のボケをスルーしたかと思うと、妙なところで理屈っぽいツッコミを入れたりして…。今回のライブのMVPは、私的にはお母さんに決定です

 昨年は解散説も飛び出したりして、我々ファンをやきもきさせた磁石でしたが、今回のライブも以前と変わらず面白かったです!永沢さん、佐々木さん、私たちファンはこれからもずっと応援してますよ~(´∀`*)
⑤飴DCIM1536

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : 芸人ライブ
ジャンル : お笑い

「タカアンドトシプレゼンツ 新ネタやろうぜin日本青年館」に行ってきました!

 6月29日の土曜日、日本青年館大ホールで開催された「タカアンドトシプレゼンツ 新ネタやろうぜin日本青年館」を観に行ってきました。

 このライブは、タカアンドトシ主催で、普段TV等で忙しく単独ライブ等の機会のない人気芸人達が多数集まり、新ネタを披露するというもの。これまでは新宿の「ルミネtheよしもと」で開催されていましたが、今回は万を持して、客席数1,300人以上を誇る日本青年館に進出―。

 しかも、出演者はタカトシ以外にオリエンタルラジオ、NON STYLE、パンクブーブーに博多華丸・大吉、ロバート、ダイノジ。吉本勢以外にもハマカーン、ナイツ、アンジャッシュ、原口あきまさ、うしろシティらと、TVで見ない日はない超人気タレントや、実力派の芸人さんばかり。

 「ライブ!行かずにはいられないッ!」(←ディオ風)とゆー訳で、いそいそと日本青年館に出かけたかなぶんでありました。

 会場内にあった花輪↓
DCIM1235.jpg

DCIM1236.jpg

 ライブ開始前の舞台↓
DCIM1238.jpg

 ライブは午後5時過ぎにスタート。超豪華出演陣による初披露の新ネタの饗宴とあって、最初に登場したパンクブーブーから大トリのダイノジ(順番はくじびきで決定)まで全12組、爆笑の連続でした(*≧∀≦*)

 ちなみに、ライブが始まる前に一番期待していたのはNON STYLEでしたが、全てのネタが終わって、個人的に面白かったのはアンジャッシュとハマカーンでしたね。

 アンジャッシュはバラエティで見せる児島さんのボケっぷりとは裏腹なネタの設定の巧妙さに感心しましたし、ハマカーンも昨年の「THE MANZAI」で見せた、浜谷さんと神田さんのボケ・ツッコミを逆転させたスタイルの漫才を披露、大いに笑わせてもらいました。ハマカーンのこのスタイル、大分板についてきましたね~。

 さてさて、全12組のネタが終了し、これで終わり…と思いきゃ、サプライズ企画が突如登場。

 これは出演者の中から選ばれた1組のコンビが、出演者からのお題を絡めて、ネタを即興で披露するというもの。新ネタ披露を終えた直後のサプライズ企画に動揺する出演者一同…。そして、くじびきと出演者による挙手で選ばれたのは、オリエンタルラジオの二人!

 焦るオリラジでしたが、制限時間3分後に、「マザーテレサ(パンクブーブーのネタに登場)」、「土下座(ダイノジのネタに登場)」、「TBSアナウンサー(何故だ!?)」という3つのお題に沿って、あの「武勇伝」ネタを披露、見事に出演者の爆笑と観客からの万雷の拍手をGETしたのでした(´∀`*)

 それにしても、たった3分間でネタを考えて、きっちり笑いを取っていくんだから…私の中でオリラジの二人の評価も急上昇しましたよ。でも、「TBSアナウンサー」のお題が出た時、藤森さんが一瞬物凄くムカついた顔をしているように見えたけど…私の気のせいでしょうか(笑)?

 と言う訳で、終わってみれば3時間強の長丁場となりましたが、最後まで爆笑の連続でした。次回のタカトシの新ネタライブは10月開催予定らしいですが、また観に行きたいな~ 

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : 芸人ライブ
ジャンル : お笑い

ニッチェ第2回単独ライブ「アイスキャンデー」

 女性お笑いコンビ「ニッチェ」の第2回単独ライブ「アイスキャンデー」を観てきました。
DCIM0997.jpg
 ちなみに、チラシのイラストは、な、何と、ニッチェが自分で描いたらしいです。上手い(;゚Д゚)!

 私、数年前の「レッドカーペット」でニッチェを初めて観まして、その一度見たら忘れられぬ、あまりにも個性的(笑)なビジュアルに衝撃を受けて以来、ずっとファンだったんですよね~。

 最近は日曜夜の「エンパレ」や「お試しか!!」等、様々な番組に登場し、すっかりお茶の間(←死語)の人気者のニッチェですが、生で観るのは今回が初めて。どんなコントや漫才を楽しめるのかとワクワクしながら、知人と共に会場となる中目黒ウッディシアターを訪れました。

 会場内の花輪↓
DCIM0998.jpg

DCIM0999.jpg

 収容100人程の小さな会場は、女性に親子連れ、男性と、様々な層のお客さんで大入り満員状態。自称「子供に人気」のニッチェですが、性別や年齢を問わず、幅広い人気を得ているようです。ちなみに、かなぶん一行は前から2列目の席をGET~

 そして、ライブがスタート!内容はコントと漫才が中心でしたが…いやぁ、生で観るニッチェはもう…強烈でした至近距離で観る、ボケ役の江上さんの肉体の太さ、顔面を伝う汗の迫力には圧倒されましたよ。そして、ツッコミ役の近藤さん…何か、江上さんに負けない位に太ってないか(;゚Д゚)!? 

 さてさて、今回のライブを観て最も印象に残ったのは、強烈なビジュアルとは裏腹なネタの完成度の高さや、確かな演技力でした。元々、ニッチェのお二人は女優を目指して(えぇっ!?)日本映画学校に通っていたそうですが、そうした素養が現在のパフォーマンスのレベルの高さにつながっているんですかね~?

 特に江上さん、もう、動きや表情の一つ一つがいちいち面白いんですよ(*≧∀≦*)同じ事務所に所属する漫才コンビのナイツは「ニッチェは21世紀のドリフ(になれる)」と絶賛していましたが、それもひょっとしたら、夢ではない、か、も…?

 そんなこんなで、約1時間半、やや短い時間ながら、お腹一杯大満足のライブになりました。同行したニッチェファンの知人も「面白かった!」とご満悦(´∀`*)

 ちなみに、ライブ終了後は、ニッチェのお二人がDVDを購入したファンの方へのサインや写真撮影をこなしていました。ライブ直後で相当疲れているだろうにもかかわらず、明るく優しく丁寧にお客さんに対応しているニッチェ…ますますファンになっちゃいましたよ

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : 芸人ライブ
ジャンル : お笑い

20日の「浅草 東洋館」で衝撃の事件が…!!

 20日の土曜日、「浅草 東洋館」の「東洋館スペシャル寄席2013 Vol.10」を観に行ってきました。

 今回の出演者はテレビでおなじみのザブングル、懐かしのつぶやきシロークールポコ。、「THE MANZAI」認定漫才師のエルシャラカーニ、「いいとも」の準レギュラー出演も決まり、人気急上昇中の若手・ウエストランドといった、何げに豪華な面々―。

 特にウエストランドは、最近「オンバト」等でよく目にしていましたし、「あの独特の長~いツッコミを生で観られる!」と、内心かなり期待しながらの観覧となったのですが、それがまさかあんな事態になろうとは…!

 その詳細は後述するとして、今回は先月30日に続き2回目の訪問。最前列の席に座り、かぶりつきで観ました。贅沢じゃのぅ。

 まず、序盤に登場したのは、日曜夜の「エンパレ」等に出演中のタブレット純。生で「愛しのメルルーサ」を聞けたのには感動~
 
 しかも、純さんってば歌いながら、ご両親が本人に無断で作ったという、純さんの携帯番号入り(えぇ~っ!?)ポケットティッシュを客席にポイポイ投げ、クレージーなサービス精神を発揮!ちなみに純さん、このサービスを始めてから、イタズラ電話が激増したそうで…(そりゃそうだ)。

 その後、ケチン・ダ・コチン、つぶやきさんにクールポコ。の登場でライブも大いに盛り上がったところで、遂に期待のウエストランドの出番が…って、あれれ?舞台上に現れたのはツッコミの井口さん一人だけ―。

 ボケ役の河本さんの淡々とした短いボケに対し、井口さんが早口・長ゼリフでツッコミまくるのがウエストランドの基本スタイル。「これは、河本さんがタイミングをずらして登場して、笑いを取ろうとしているのかな?」と勘ぐっていたら…。

 な、何と!ボケの河本さんがまだ会場に来ておらず、連絡も全くつかないという、井口さんの説明が…え!えぇ~っ!?Σ(゚д゚lll)

 思わず「何で…?」と呟いた私に対し、「僕も分かんないんですよ…」と困惑しきった表情で返す優しい井口さんでしたが、この場を凌ぐために、既に出番が終わっていたエルシャラカーニの2人とそれぞれ組み、急遽即席アドリブ漫才をする事に…!

 ボケ役のしろうさんとの漫才では、しろうさんのマイペースぶりに翻弄され、ツッコミ・せいわさんからは「調子のいい後輩を応援する訳ないやろ!何ならこのまま潰れろ!」等と、罵声(と言うかエール?)を浴びせられる井口さん。そして、持ち時間終了後には、客席に向かって土下座する羽目になったのでしたあららら…。

 その後登場したトップリードやザブングルのコントに大爆笑して、大いに満足して帰った私・かなぶんでしたが、やはりウエストランドの漫才が観られなかったのが非常に心残りでした。

 しかし、コンビの一人が遅刻する事もライブではたまにあると聞いてはいましたが、まさか自分がそれに出くわすとは思いませんでした(笑)。井口さんは自分のブログで、今回の件について謝罪していましたが、これがきっかけで、ウエストランドの今後の活動にケチがつかなきゃいいなぁ。

 …に、しても、ボケの河本さん、一体どこで何してたんだろう…?

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

おたく(ヲタク)日記 ブログランキングへ

テーマ : 芸人ライブ
ジャンル : お笑い

老舗の演芸場の底力を見た!浅草東洋館「東洋館スペシャル寄席2013」

 3月30日の土曜日、浅草にある演芸場「東洋館」で行われた「東洋館スペシャル寄席2013」を観てきました。

 東洋館は都内でも老舗の演芸場ですが、私・かなぶんは初訪問。ライブは正午開始の午後4時過ぎ終了とかなりの長丁場でしたが、入場料は2,500円と格安!2時間弱のライブで4,000円以上かかる「ルミネTHEよしもと」と比べて、出演者のメジャー度はともかく、CPの点ではこちらが上かも?

 会場は小さくて、収容人数もせいぜい200人位でしたかね?でも、その分、演者さんの芸を間近で楽しめました。

 出演者は、マシンガンズにラバーガール、風藤松原や若手注目株のジグザグジギーら、「オンバト」や「エンタ」、「レッドカーペット」でもおなじみの豪華な面子。他にも、私は初めて見たんですが、面白い芸人さん達も多かったです。特に印象に残ったのは、井手小吉という芸人さん。バカリズムを彷彿とさせるフリップ芸には大爆笑してしまいました

 それと、最近はキンタロー。さんとのペアで観る事も多い、峯岸みなみのものまねでおなじみの八幡カオルさん…実物を観るのは初めてでしたが、まさかあんなに太っていようとは…い、いえ、何でもありません

 他にも、みょーちゃんによる、観客の方が参加してのジャグリング(なのか?)有り、勿論、ラバーガールや風藤松原らのハイレベルなコント・漫才有りで、気がつけばあっという間に4時間が過ぎてしまいました。は、早ぇ~っ!!Σ(゚д゚lll)

 お手頃な値段で上級の芸を楽しめる「東洋館」―今回のライブを観て、老舗の演芸場としての底力を見せつけられた気がしましたね。4月20日の回はザブングルにウエストランド、つぶやきシローにクールポコ。、エルシャラカーニが出演するそうなので、もう今から楽しみですぅ~(*´∀`*)

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

おたく(ヲタク)日記 ブログランキングへ

テーマ : 芸人ライブ
ジャンル : お笑い

磁石単独ライブ「レインボー」

 11日の土曜日、新宿明治安田生命ホールで開催された、お笑いコンビ「磁石」の単独ライブ(別名・永沢たかし新曲発表会)「レインボー」を観てきました。
2012081118490000.jpg

 磁石はボケの永沢たかしさん、ツッコミの佐々木優介さんのコンビ。昨年の「THE MANZAI2012」でも決勝進出を果たした実力派(って、毎回いちいち紹介しなきゃなんないのが辛いな。)で、毎年夏頃に、新宿で単独ライブを開催しています。

 前日10日の「流れ星」の単独ライブは、仕事でキャンセルとなってしまいましたが、今回は土曜日で仕事もお休み…。しかも、この日は午前中にさいたま新都心の「水かけまつり」で、各国料理を堪能して来まして、グルメにライブと贅沢な1日になりました。

 ま、前日にライブのキャンセルがあったんだから、たまにはこうやって目一杯遊ばないと…。

 午後7時過ぎ、詰めかけた満員のお客さんを前に、いよいよライブスタート。ショートコント、OP映像の後で漫才に突入すると、テンポのいいハイスピードな掛け合いに、いつの間にやら大爆笑していた私・かなぶん。今回は漫才成分多めの構成で、磁石に関してはコントより漫才の方が好みなので嬉しい限りでした。

 でも、永沢さんが何度も噛んだりむせたりしてたし、佐々木さんの顔が妙に丸く見えた(太った?)のが、ちょっと気になったけど…。

 漫才、コントの他、合間の企画VTRは永沢さんの「詩のボクシング」挑戦、永沢さんによる佐々木さんへのドッキリ企画等(永沢さんのアルコール企画は、今年はなかったです)。そして、今年も永沢さんが、漫才の途中で突然ソロライブをおっ始め、新曲「イロイロな色」を発表!CDまで作って、しかも売店ですぐさま売り切れちゃうんだから、皆、毎年期待してるんだろうな~。

 佐々木さんも「○スは待つ!」に始まるブ○名言シリーズの新作「○スは裏切らない!」を披露!「ブ○は裏切られてばかりで、裏切られる痛みを人一倍知っているから」だそうだけど、こういう台詞がサラッと出てくる辺り、ササキングのナチュラルな性格の悪さを感じるわ

 あ、遅くなりましたが、佐々木さん、ご結婚おめでとうございます!!

 と言う訳で、今年の磁石単独ライブは、ラストのドラクエ風ED映像(DVDに収録できるのかな?微妙だ…)まで2時間弱、楽しく観る事ができました。最近のTVバラエティは、芸達者な人が必ずしも評価されるとは限りませんが、そういう歯痒い風潮に負けずに、磁石には是非大ブレイクを果たしてほしいものです。

 オマケ:会場の様子。↓
2012081120590000.jpg

2012081118510000.jpg

↓クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

おたく(ヲタク)日記 ブログランキングへ

テーマ : 芸人ライブ
ジャンル : お笑い

日本の夏、お笑いライブの夏

 夏と言えば、海に行ったり山に行ったりのレジャーを楽しむ季節ですが、私・かなぶんにとって、今年の夏はお笑いライブの季節であります(いやまあ、春夏秋冬、ライブは観に行ってるけどさ)。

 8月11日と12日には、私が以前から応援している、ホリプロのお笑いコンビ「磁石」の単独ライブ「レインボー」が、新宿で行われます。

 磁石は、ボケの永沢たかしさん、ツッコミの佐々木優介さんの2人組で、昨年開催された「THE MANZAI 2011」でも決勝進出を果たした実力派コンビ。生単独ライブは、昨年開催の「プレミア」を観に行ったのが初体験でしたが、漫才にコント、企画VTRと、手を変え品を変え、いろいろと新しい事にチャレンジしている人達だなぁと感じたものです(個人的には、コントより漫才の方が上手いと思ったけど)。

 そして、もう一組、楽しみなのが「流れ星」の単独ライブ。こちらは、ボケのちゅうえいさんとツッコミの瀧上伸一郎さんのコンビで、欽ちゃんこと萩本欽一さんや小堺一機さん、関根勤さんが有名な浅井企画に所属し、都内のお笑いライブで大活躍中です。

 昨年の9月頃に初めて単独を劇場で観たんですが、ちゅうえいさんの特徴的な動きを生かしたボケとイケメンの瀧上さんの鋭いツッコミの応酬に、コント要素の強い漫才が非常に面白く、また次の年も観たいと思っていました(その後、別のライブで1度観たんですが…その時の感想はコチラ)。

 で、こちらのライブの開催日が…は、8月の10日と11日ぃッ!?

 ひ、日にち、ほぼ重なってるじゃぁぁん!!これはどうするか…!?11日の昼間に流れ星を観て、夜に磁石を観るとか?でも、満腹すぎてお腹を壊しそうだから、やっぱり1日ずらして観ようっと!まあ、上手く前売りが手に入るとは限らないけど、しかし、2日連続でライブを楽しめるとしたら、何という贅沢な夏でしょうか…。

 ちなみに磁石の永沢さんと、流れ星のちゅうえいさんはボケ同士仲良しで、プライベートでもよく行動を共にしているそうです。でも、永沢さんのブログによると、この前、ちゅうえいさんが死んじゃったらしいので、ライブがどうなるのか少し心配です。

↓クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

おたく(ヲタク)日記 ブログランキングへ

テーマ : 芸人ライブ
ジャンル : お笑い

13日の金曜日にケイダッシュライブを観に行ったYO!

 13日の金曜日(不吉な…)に、職場の同期と、ケイダッシュステージのお笑いライブを観に、渋谷の文化総合センター大和田に行って来ました。

 同期は、お笑いライブは初めてとの事で、楽しんでもらえるか不安だったんですが…。

 出演者は、「THE MANZAI 2011」で決勝進出を果たし、現在大ブレイク中のHi-Hiや、最近テレビでもよく見かけるハマカーン、どきどきキャンプ等、若手中心の全10組。他事務所からも鬼ヶ島、ジグザグジギーらがゲスト出演し、漫才やコントを披露しました。

 オープニングは、まずハマカーンが登場。私ってば、ハマカーンは正直余り興味なかったんですが、生で観ると面白いですね~。特にボケの浜谷、トーク上手いし勢いがある!トーク中にたまたま起こった地震も咄嗟にネタに変えて、腕を感じましたね。中盤登場したHi-Hiも、ネタだけでなくトークもイケてて、最近のトーク主流のバラエティでも十分活躍できそうですね(そこがパンクブーブーとの違い…か!?)。

 全12組のネタの後は、出演者8人による大喜利。お題に対して回答をスケッチブックに書き、観客の笑いを取れた者から抜けていき、最後に残るのは誰かを決める、勝ち抜きならぬ「負け抜き一番つまんないヤツ決定戦」という、シビアな企画でした。

 Hi-Hi上田(ボケ。「最近パスタ巻いてる?」の方)はいち早くウケを取って離脱するや、テレビと同様の自由奔放ぶりを発揮。なかなか観客の笑いを取れずアタフタする相方・岩崎(ハゲでメガネの方)に「(客席を指さし)あそこの子供、寝ちゃったじゃねーか」、「お前、『フットンダ』の時、誰かに答え考えてもらってたんじゃねーのか?」と毒舌を連発!

 結局、ハマカーン浜谷と岩崎との一騎打ちとなり、最終的に岩崎が負け残り見事優勝!意気消沈の岩崎でしたが、「このままじゃ可愛そうだから、ウケるチャンスをやろう!」という天の声と共に、ガタイのいいケイダッシュ若手社員がいきなり登場。彼の渾身のローキックを食らい、岩崎は一回転して悶絶、そのリアクションにより、無事観客の大爆笑を獲得したのでした。めでたしめでたし。

 ちなみにカレ、ウケを取れず負け残った事がよっぽどショックだったのか、最後の告知のコーナーでも、笑顔のタレント達の中で、一人憮然とした表情で突っ立っていました(ように見えた)。

 同行した同期も「凄い面白かった!」と言ってくれて一安心。この前に続き、かなぶんのお笑い布教活動は、まだまだ終わらないぜ!

↓クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

おたく(ヲタク)日記 ブログランキングへ

テーマ : お笑い
ジャンル : お笑い

ルミネtheよしもと「漫才バトルG1」

 3月31日の土曜日、知人と一緒に、新宿のルミネtheよしもとで開催された「漫才バトルG1」なるイベントを観に行って来ました。

 知人は、お笑いライブを生で見るのは初めてとの事だったので、あまり有名じゃない若手ばかりのイベントというのは、少し不安だったんですが(でも入場料が安かったんですよ)…。

 若手12組が5分ずつ漫才を披露し、観客の審査で選ばれた上位3組が決勝を争い、優勝者を決めるという内容で、出場者は以下の通りでした。

①若月②グランジ③タモンズ④トレンディエンジェル⑤井下好井⑥エリートヤンキー⑦ゆったり感⑧サカイスト⑨囲碁将棋⑩マンキンタン⑪LLR⑫ラフコントロール

 …普通の人よりもお笑いに詳しいと自負していた私・かなぶんでしたが、正直知らない人が大半でした(ファンの人スイマセン)…。トレンディエンジェルやゆったり感は「エンタ」とか「オンバト」でよく観ていたし、囲碁将棋も「THE MANZAI 2011」に出てたよなぁ確か、とか思ったんですが、いやはや勉強不足を痛感―。

 とは言うものの、始まってみれば、面白ネタの連続で、2時間笑いっぱなしでした。

 最初の審査、私が面白いと思ったのは、井下好井、エリートヤンキー、ラフコントロール(次点:サカイスト)だったんですが、選ばれたのは、グランジ、エリートヤンキー、LLRの3組(俺のお笑いを観る眼、当てになんねえな~)。

 そして、決勝のネタの後、最終的に優勝したのはLLRでした。う~ん、私はそんなでもなかったんですが(ファンの方、重ね重ねスイマセン)、確かにお客さんもドッカンドッカン受けてましたからねえ。知人も「お笑いライブを観るのは初めてだったけど、面白かった」と言ってくれて、ホッと一安心。

 ライブには、タレントさんとお客さんが一体になって生まれる独特の笑いがあり、それはテレビでは味わえないライブならではの魅力だと思います。「ルミネtheよしもと」はほぼ毎日営業していますし、お金と時間に余裕がある方は、生のライブを観に出かけてはいかがでしょうか。

↓クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

おたく(ヲタク)日記 ブログランキングへ

テーマ : ライブレポ
ジャンル : お笑い

『ワラネタ90分LIVE』で大爆笑!

 2月25日の土曜日、新宿Fu-で行われた『ワラネタ90分LIVE』を観に行きました。
2012022517580000.jpg

 出演者は「爆笑レッドカーペット」の常連だった漫才コンビの流れ星に三拍子、「オンバト+」でもおなじみの実力派トリオのザ・ゴールデンゴールデン等。デビューしたての若手も含めて、総勢15組のネタが披露されました。

 こういう小さなライブだと、芸人さん達のネタがお安い値段で楽しめて(今回は前売りでたったの1,200円!)、私みたいなネタ大好きっ子には嬉しい限りです。

 で、内容ですが…三拍子、ザ・ゴールデン~は凄く面白かった(三拍子は文字通りの「カルト」なネタだった。テレビじゃ無理だね)んですが、一番期待していた流れ星は…う~ん、イマイチ…。「人間とジャンボジェットの夫婦」のコント(意味不明だけど本当にそんなネタだった)は、個人的にはちょっとピンと来なかった。

 さてさて、ネタ終了後は出演者全員による告知&トーク。流れ星のボケ担当(ちゅうえいって人です)が、お題をもらえれば即座に一発ギャグを作れるとの事で、早速最前列のお客さんから「帽子」というお題が与えられました。

 ところが、ちゅうえいさんがその場で考えたギャグを披露しようとした瞬間に、ハプニング発生!な、何と最前列の端っこにいた私が思いっきりクシャミをしてしまい、余りのタイミングの良さ(悪さ?)に芸人さん達が大爆笑…。ちゅうえいさんには「これからは毎回そこに座ってクシャミしてよ!」と笑われるし、同じくツッコミの瀧上さんには「ありがとうね!」と言われるしで、いやもう、小っ恥ずかしいやら何やら…。

 しかし、芸人さんの、ハプニングをすぐさまネタに変える「笑いの瞬発力」は凄まじいね。まさか自分がネタに参加(?)する事になろうとは思わなかったぜ。

 小規模なお笑いライブは、探してみると毎日のように都内のどこかでやっていますし、意外な有名お笑い芸人が出演していることも多いです。興味のある方は一度観に行ってはいかがでしょうか?テレビとは一味違う、生のライブの魅力にハマっちゃうかも知れませんよ

↓クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

おたく(ヲタク)日記 ブログランキングへ

テーマ : 芸人ライブ
ジャンル : お笑い

プロフィール

かなぶん

Author:かなぶん
平凡なアラフォー男子・かなぶんが、趣味の漫画、お笑い、B級グルメや特撮について書き散らかし、責任は一切取らないブログ。

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

猫のいる生活まとめ ~旧ちゃい日記~

雑多倉庫

池袋グルメ探検隊

戦士のズル休み

Re:BAD TASTE♥

ユッカリーナのヨガ的雑記帳

ライスクッカー

やみなべ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。