スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の声


花京院「フフ、これはお茶のおかわりをほしいのサインだよ。香港では茶ビンのフタをずらしておくと、おかわりを持ってきてくれるんだ」
DSC_0093.jpg

花京院「また、人にお茶を茶碗に注いでもらった時は、ひとさし指でトントンと2回テーブルを叩く。これが『ありがとう』のサインさ」
DSC_0094.jpg

花京院「(フフ、ジョジョのヤツ、僕の博識ぶりに感心しているな…)」
DSC_0097.jpg
承太郎「(そんな話、全っ然興味ねーよ。何だ?アイツのあのドヤ顔…)」





↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ジョジョの奇妙な冒険
ジャンル : アニメ・コミック

舞台は世界から杜王町へ!「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」TVアニメ化決定!

 皆さんもとっくの昔にご存知かと思いますが、先日「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」のTVアニメ化が発表されました!拍手~ッ!


 いや、正直、TVアニメに関しては第3部で終わって、4部以降はやらない方が、キリが良くていいんじゃないかとも思っていたんですよ、個人的には。

 第六部「ストーンオーシャン」の悲惨な結末(ジョースター家ほぼ全滅)を考えると、私的には「承太郎や徐倫の死ぬところなんか見たくない~」って気持ちがありまして…。

 と、言いながら、いざアニメ化が決まってみると、やっぱり嬉しいんだな、これが今のところ放送時期やキービジュアル、キャストは発表されていませんが、とにもかくにも放送開始が楽しみですね~。半年後の来年4月開始と睨んでるけど、どうかな?

 あ、でも…億泰は是非、高木渉さんにやって欲しいです!

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : ジョジョの奇妙な冒険
ジャンル : アニメ・コミック

「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」レンタル版DVD第17巻ジャケットより




 ポルナレフ、一発芸!



 『命』!


写真

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : ジョジョの奇妙な冒険
ジャンル : アニメ・コミック

遂に完結!TVアニメ「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」

 先週19日、TVアニメ「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」が最終回を迎え、承太郎達の長い旅は幕を閉じました。

 勿論「打倒DIO」が目的の物語ですし、当然原作の内容も知っていますから、いつか終わりが来るのは分かっていたんですけど…いや~、今の心境は、終わってしまってホント寂しいっつーか、胸にぽっかりと穴が開いた感じと言うんでしょうか?平凡な言い方だけど。

 インターバルを挟みつつ、約1年間に渡って放送された今回のTVシリーズを観てきて、自分がどれだけ第3部が好きだったのかが改めて分かったと言うか、第3部の魅力を再認識できた様に思います。

 かつて、元ジョジョ担当編集者の椛島氏は、「ジョジョ展」での荒木先生との対談映像で、「第3部でジョジョの世界観とジャンプの少年誌的な世界観が調和し始め、人気が出てきた」と語っていました。

 まさしく椛島氏のコメントの通り、第8部までの各パートの中でも、少年漫画的なエンターテインメント性では、第3部が一番ではないでしょうか?個性豊かなキャラクターと言い、次々に現れる様々な能力のスタンドと言い、敵を倒しながらラスボスのDIOを目指して進んでいくロードムービー的展開と言い…。

 ウチの家族も、これまでジョジョなんか知らなかったのに、私に付き合ってアニメを観ている内に、いつの間にかジョジョファンになってしまいましたからね(笑)。ちなみに、犬好きなので、好きなキャラはイギーみたいです(▽・w・▽)

 TVアニメは、そんな第3部の魅力を余すところなく再現しており、毎週末が楽しみで仕方なかったですね~。嗚呼、何て幸せな1年間だったのか…。

 あ、でも、最終回の戦いですけど、個人的にOVA版の印象が強かったもんだから(DIOがデカい船を承太郎に叩きつけたり、承太郎がその辺の建物をへし折ってDIOに投げつけたりするヤツ)、「あれ?こんなアッサリ終わったっけ?」って思っちゃったんですけどねまあ、余談だけど。

 ともかく、これだけクオリティの高い作品を楽しめたのも、声優さんやスタッフさんの熱意、ジョジョに対する愛情のお陰なのだと思います。TVアニメ「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」 に関わった全ての皆さん、今まで本当にありがとうございました!そして、お疲れ様でした! 

 で…第4部はいつから始まるの?公式発表はないけど、本当はもう製作が決まってんじゃないのぉ~!?(笑)

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : ジョジョの奇妙な冒険
ジャンル : アニメ・コミック

昨日のニュースを読んで思った事





◆伊藤健太郎、座長にビンタされ舞台降板......法的措置も検討か(トレンドニュースより)



 このニュースを読んで、思わず「DIOにビンタされて『訴えてやる!』と激昂するンドゥール」を想像したジョジョファンは俺だけだろうか。






↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : ジョジョの奇妙な冒険
ジャンル : アニメ・コミック

「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」 第45話「DIOの世界 その1」感想

 先週放送の「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」第45話にて、遂に悪の帝王DIOが登場―!

 まずは、やっとこ姿を現したDIOのビジュアルについて。実はちょうど第1部のアニメを観直していたところだったんですが(3部しか知らない家族に見せてあげてたのだ)、原作同様、1部に比べて大分逞しくなってますね~。結構雰囲気が違います。

 アニメ第1部のディオって、原作に比べて幾分鋭角的なデザインだった(髪の毛がトゲトゲだったり、異常に目つきが悪かったり(笑))感があって、それは第3部のDIOと印象が変わってしまうのを避ける処置なのかな~とか思ってたんですけど、考えすぎだったのかな?

 でもDIO、逞しすぎて、「男とは思えぬ妖しい色気(故アヴドゥル氏談)」って感じではないよねまさか…大西洋の海の底で、海水にふやけて大きくなったのか?(←んな訳あるか!)

 それと、演じる子安武人さんですけど、OVA版の田中信夫さん(何度も引き合いに出して申し訳ない)と比べると、声そのものもそうだけど、演技の質も全然違う事に気づきました。

 ウィルソン・フィリップス上院議員に対する台詞も、子安さんは悪のカリスマらしく重々しく話すのに、田中さんバージョンは恐ろしい命令を事もなげに軽く言ってのけたりするんですよね(田中さんの「関係ない。行け」は余りにもあっさりしすぎてて、逆に怖いです)。OVAを持ってる人は見比べてみてね!

 同じキャラの同じセリフでも、声優さんによって印象が全く違うのは面白いですよね

 関係ないけど、承太郎達4人が、DIOの棺桶を囲む場面。あれ、事前に壁やら屋根やらを全てブチ壊して、目一杯日の光を拝ませてやれば、わざわざ戦う手間が省けてよかったのではないでしょうか?

 まあ、本当に棺桶の中に潜んでいたのかも謎だし、そもそも逃げた後に棺桶の中にに隠れるってのも、何か変な話だけど。

 ↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : ジョジョの奇妙な冒険
ジャンル : アニメ・コミック

「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」 第44話「亜空の瘴気 ヴァニラ・アイス その3」感想

 先週放送の「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」第44話「亜空の瘴気 ヴァニラ・アイス その3」にて、遂にイギーさんがお亡くなりになってしまいました…嗚呼!

 ついでに、一緒にお亡くなりになってしまったヴァニラ・アイスさん、せっかくサブタイトルに謳われているにも関わらず、前半だけで出番が終了なんて…こっちの方も嗚呼゚(゚´Д`゚)゚

 そんでもって、肝心の内容の方なんスけど、率直な感想はですね~。正直、原作の再現度が高い割に、個人的には、原作ほど心に響かなかったというか…(ファンの方スイマセン)。

 断っときますけど、私、ヴァニラ戦、大好きなんですよ。ジョジョを知らない家族にあらすじを説明している内に、思わず涙ぐんでしまった(実話)位ですともさ!

 で、原作ほど心に響かなかったのは何故なのかと考えてみたんですけど、前半でイギーの死を描き、後半にスージーQやヌケサクのエピソードを持ってくるという構成のせいなのかなぁと。違うエピソードが混じってしまった分、ヴァニラ戦の印象が薄まってしまったと言うか…。

 これが例えば、第2部の「シーザー孤独の青春」の回における、シーザー死亡→ジョジョ&リサリサ号泣という流れみたいに、ラストにイギーの死を持ってきてENDという構成だったら、もっと素直に感動できたと思ったんですけどね~。

 とは言っても、ポルナレフやヴァニラの演技も熱かったし、命を捨ててポルを守ったイギーの漢(おとこ)っぷりにもグッと来たので、贅沢すぎる注文だっていうのは勿論分かってるんスけどまあ、一ジョジョファンのワガママな感想でしたっ!

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : ジョジョの奇妙な冒険
ジャンル : アニメ・コミック

「イギーッ!おれの背後を見張れッ!おれはオメーの後ろだッ!」

00000289.jpg
画像引用元



 この時、イギーがいつものクセで、ポルナレフの顔に屁をこいたら面白かったんですが。



↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : ジョジョの奇妙な冒険
ジャンル : アニメ・コミック

「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」 第43話「亜空の瘴気 ヴァニラ・アイス その2」感想

 今回の第43話、30分に収めるのは難しかろうとは思ってましたけど、まさか、ポルナレフ消滅のシーンで終わろうとは…!原作知らない人、続きが気になって仕方ないだろうなぁ。

 それはともかく、今回のヴァニラ・アイス戦は、ジョジョ第3部における数々の戦いの中でも、私にとってはとりわけインパクトの強いものでした。

 少年漫画だと、例えば主人公と敵が戦う内に何か友情が芽生えたりとか、敵が死ぬ間際に突然改心したり(ながいけん先生言うところの「死ぬ前にいいヤツになる」ってパターン)とか、何なら死なずに生き残って主人公の仲間になったりとかあるじゃないですか?

 「北斗の拳」なんか、特に死ぬ前にいいヤツになる敵キャラが多い気がするんですけど…でも、ラオウなんか私的には単なる暴君だと思うんだけど、その割に死んで以降、皆にもの凄く美化されている印象があるのよね~。…以上、余談。

 勿論、そういう展開も感動的だし嫌いじゃないんですけど、私みたいなひねくれ者からすると「さっきまで命懸けの殺し合いしてた奴と、いきなり仲間になれるのか、お前ら?頭パープリンなのん?(ジョセフ調)」と鼻白んでしまったりする訳でして、ハイ

 その点、ヴァニラ戦は、そういった甘さの入り込む隙がないというか、ポルナレフとヴァニラ・アイスが互いに共感する余地が全くないところが、私的にとても好みだったりするんですよね~。

 アヴドゥルを失った怒りに燃えるポルナレフとDIOへの絶対の忠誠を誓うヴァニラ・アイス―お互いの殺意と殺意、憎悪と憎悪、執念と執念、狂気と狂気(この時のポルナレフは狂っている様に見える)がぶつかり合うのが、ヴァニラ・アイス戦の魅力だと思ったりするのであります

 ちなみに、原作者の荒木先生はジョジョを「思いを受け継いでいく物語」だと語っていましたが、今回のエピソードでも、ポルナレフは志半ばで散っていったアヴドゥルやイギー(あ!まだ死んでないわ!)の遺志を背負って戦っていくんですよね。ああ~、何か泣けるわ

 それにしても、イギー、見た事のないDIOの姿をどうやって再現したんだろ?ポルナレフが隠れている間に大急ぎで「DIOの顔はこんなんで…」とか教えてあげたのかな?そしてアヴドゥル、いきなりCMで「泣くな、ポルナレフ」って…泣くに決まってんだろ!(゚Д゚)ノ

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : ジョジョの奇妙な冒険
ジャンル : アニメ・コミック

「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」 第42話「亜空の瘴気 ヴァニラ・アイス その1」感想・補足



 承太郎・ダービーの野球ゲーム勝負より、スタープラチナの投球シーン。
DCIM5540.jpg
 スタープラチナのプリっとしたお尻が色っぽい…ウホッ♥



↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : ジョジョの奇妙な冒険
ジャンル : アニメ・コミック

「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」 第42話「亜空の瘴気 ヴァニラ・アイス その1」感想

 花京院の魂が元に戻り、承太郎達が後ろを振り向いた時、ダービー弟が「ドギイ!」って口で言ってたのには笑ったわ。原作だと「ドギイ!」って、単なる効果音なのに…ビックリした時にそんな事言うか、普通?

 という訳で、8日深夜放送の「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」は、ダービー弟戦決着&ヴァニラ・アイス登場回でした。

 まずは、今回あえなくリタイアしちゃったダービー。今までの慇懃無礼で余裕ぶっこいた振る舞いから、劣勢になるといきなりあられもなく動揺しまくるギャップがたまりませんな。「もしかしてオラオラですかーッ!?」も最高

 そして、遂に登場、DIO配下・最強の男(?)ヴァニラ・アイス―演じているのは、あの速水奨さん。速水さん、CDドラマで花京院、ゲームASBではプッチ神父を演じていましたが、調べてみたところ、99年に発売されたゲームでもヴァニラを担当していたんですね!知らなかった~Σ(゚д゚lll)

 色気のある声で知られる速水さんが、何気にジョジョと縁があるのも驚きですが、そう言えばOVA版のヴァニラの声って、何故か青野武さんだったんですよね…し、渋いキャスティング…!

 ちなみに青野版、実際に聞いてみての感想は―まあ、ノーコメントという事でお願いします(笑)。ただ「ヴァニラ年取ったな~。DIOの館で苦労してるのかな~」って感じ?

 それにしても、メインキャラのアヴドゥルがあんなにも呆気なく死んでしまったのは、初めて読んだ時ホントショックでしたね~。一コマで暗黒空間に飲み込まれて、次のページでは腕だけになっていたんですからね((((;゚Д゚))))

 もし、この場面をホル・ホースが見ていたら、きっと「濃い顔の割に、(今度こそ)あっさり死んじまったな~」と言った事であろう。ともかく、次回以降のポルナレフ&イギーの逆襲が楽しみです(´∀`*)

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : ジョジョの奇妙な冒険
ジャンル : アニメ・コミック

「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」 第41話「ダービー・ザ・プレイヤー その2」感想

 先週放送されたTVアニメ「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」第41話ですが、実は、個人的に非っ常ぅ~に引っかかった点が一つありました。

 それは何かと尋ねたら…言わずと知れた「承太郎の髪型問題」であります(…って、え?)。

 ちょっと分かりづらいので、かいつまんで説明しますと…下の画像は、原作において、承太郎がダービー弟との野球ゲーム勝負で学帽を脱いだ時のシーンです↓
DCIM5538-3.jpg

 ね?原作では角刈り気味(?)の髪型でしょ?それにもかかわらず、先週のアニメ版では、承太郎が帽子を脱ぐと、過去の脱帽シーンと同様のボサボサ頭だったんですよ。私、これが凄い不満でしてねぇ~。

 「何のこっちゃ」とお思いでしょうが、実は私、原作の角刈り頭の承太郎が脱帽シーンの中では一番カッコいいと思ってまして、アニメでも登場を楽しみにしていたんですよ。なのに、なのに…゚(゚´Д`゚)゚

 いや、勿論、ジョジョの世界ではキャラの髪型や体格等がストーリーが進むにつれ変化していくのは日常茶飯事ですし、原作漫画において、承太郎が角刈り気味だったのもたまたまの話なんでしょう。

 また、アニメにおいても、「承太郎の髪型はボサボサ」という統一的設定をたまたま採用したに過ぎない事も、重々承知しておりますとも。

 しかし、その結果、愛しの「角刈り承太郎」が幻と消えてしまった事は、一原作ファンとして悲しいやら寂しいやら…という話であります。以上、駄文終わり!

 さて、次回は承太郎の奇跡の大反撃が開始され、そして、そして…アヴドゥルさんが…((((;゚Д゚))))

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : ジョジョの奇妙な冒険
ジャンル : アニメ・コミック

「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」 第40話「ダービー・ザ・プレイヤー その1」感想

 花京院VSダービー弟のシーンより。
DCIM5534-1 - コピー
 よく見ると、承太郎の目がゲームの画面じゃなくて、あさっての方向に行っちゃってますけど、画面の外に何か気になるものでもあったんでしょうか。


↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : ジョジョの奇妙な冒険
ジャンル : アニメ・コミック

「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」 第39話「地獄の門番ペット・ショップ その2」感想

 土中でイギーを待ち受けていたペット・ショップだけど、もしイギーが穴を掘って地下に潜らなかったら(あるいは穴を掘って潜っても、ペット・ショップがいる位置を逸れてしまっていたら)、一体どうしていたのだろうか。あのまま、永遠に土の中で暮らしていたのだろうか。

 と言う訳で、17日深夜放送の「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」第39話で、イギーVSペット・ショップのアニマルスタンド合戦が決着しました。

 今回はタイトルで謳っている割に、ペット・ショップ戦は前半Aパートで終了…。何だか随分と展開が早い気がしましたが、ダイジェスト化する事もなく、短い時間内できっちりと原作を不足なく消化していて、原作ファンとしても満足感が高かったですね~。

 イギーが死に際に見た(死ななかったけど)、ジョセフとアヴドゥルに囚われるアニメオリジナルの場面も良かったですし(左右に雌犬を侍らせてるカット、面白かったわ)。

 でも、実際問題、「魔術師の赤」の炎で、どうやって「愚者」を制圧する事ができたんだろ?う~む、謎だ(?_?)

 それと、個人的に印象深かったのは、一行が遂にDIOの屋敷を発見する場面ですね。あそこで、「泣き、笑い、悲しみ、怒り、喜び、あらゆる感情が渦巻いた旅路」っていう、アニメオリジナルのナレーションが入るじゃないですか?

 んで、私、あそこで、何故か最終回でポルナレフが「辛い事も沢山あったけど、この旅は楽しかった」ってしみじみ語って、ジョセフも同意する場面を思い出したんですよ。連載当時、私は、「あんなに大変な旅だったのに、何故楽しいんだろ?」って思っちゃったんですけどね

 でも、その理由は、同じスタンド能力、同じ目的を持った、心を繋いだ仲間達が共に過ごして、泣いたり笑ったり怒ったりして、感情を爆発させていたからこそ、忘れられない強烈な思い出として残ったんだなというか…。

 何だか、このナレーションのお陰で、ラストにおけるポルナレフ達の心情が初めて分かった気がしますよ。第3部完結から23年目にしてそんな訳で、ありがとう、大川透さん!(笑) 

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : ジョジョの奇妙な冒険
ジャンル : アニメ・コミック

「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」 第38話「地獄の門番ペット・ショップ その1」感想

 10日深夜放送の「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」第38話「地獄の門番ペット・ショップ その1」は、お待ちかねのイギー主役回でした。

 まずは、何と言っても、犬好きの子供(どーでもいいけど、この子、名前何て言うんだろ?)を助けるイギーの登場シーンがカッコいい!演出やポーズもバッチリ決まっていて、原作以上のカッコよさでしたね~、あれは。

 アニメだと、ジョセフとアヴドゥルがマライアに苦戦しているのをスルーしたりと、やや冷たい印象があったイギーですが、今回は内に秘めた優しさや激しさを爆発させていましたよね。普段がクールなだけに、尚更その魅力が際立つとゆーね…あ、これが、いわゆるギャップ萌えってヤツ?

 もっとも、イギーの場合、オインゴが捨てた爆弾オレンジを車内に持って帰ったり、承太郎に向けて刀を投げつけようとした少年(に取り憑いたアヌビス神のスタンド)の邪魔をしたりと、さりげなく承太郎チームに対する貢献度は高いと思うんですけどね。

 特に、オレンジの件については、鼻が利くイギーなんだから、本来なら匂いで爆弾だってすぐ気付くと思うんですよ。なのに、これを拾って車に乗ってきたのは、承太郎に化けたオインゴ兄を倒そうという、イギーの英雄的行為に他ならないと思いますばいっ!(力説)

 …と言いつつ、単なる偶然という説も否定できんけどね

 それはともかく、今回のエピソードで個人的に気になったのが、ペット・ショップのスタンド「ホルス神」の能力の描写です。

 原作漫画だと、ホルス神が氷のミサイル(つららだよね)をイギーに撃ち込んだ際に、明らかにミサイルが爆発している場面があるじゃないですか?で、私、この描写を前々から疑問に思ってたんですよ。「氷のミサイル」は方便であって、実際はつららを高速で発射しているだけのはず(…多分)なのに、何で爆発するんだ?って。

 で、今回のアニメ版、スタッフさんが私と同じ疑問を持ったかは知りませんが、氷のミサイルは爆発するのではなく、高速で発射して対象物を破壊するため、または急速冷凍のための武器として描写されていましたね。うむっ、この描写なら納得だ!

 原作漫画は正直「?」と思う描写があったりしますけど(関係者の方スイマセン)、こうした細かい部分までフォローされているのが、アニメ版の心憎いところであります

 さて、次回はイギーVSペット・ショップ戦が決着、そして戦線離脱していた花京院が遂に復帰だ!

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : ジョジョの奇妙な冒険
ジャンル : アニメ・コミック

カラオケで「ジョジョ その血の記憶~end of THE WORLD~」を歌ったよ!

 ちょっと古い話ですが、今年の初め、絶賛放送中の「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」エジプト編のOPテーマ「ジョジョ その血の記憶~end of THE WORLD~」を「カラオケパセラ」で歌ってきましたよ!


 「その血の記憶」ですけど、TVで観ていた限り、結構音程が低い印象があったので、ラストの絶叫が凄ぇ辛い「ジョジョ~その血の運命~」とか超アップテンポの前OP「STAND PROUD」に比べると、まだ私的には歌いやすいかなぁと予想していたんです。

 実際、出だしの「終着の地を~」辺りはスーッとスムーズに入れて、「おぉ、この歌、楽勝じゃん!」と思ったんですよ。全く浅はかだねぇ~

 ところが、「目指す場所とはぁ」位で「あれ?急にちょっと声が高くなったぞ?」と困惑し、「スタァァァァァプラチナァァァァァ(ム)!」位から、高音に次ぐ高音の連続!「はーじまってしまった物語にっ!」「歩き続けるぅクルセイダぁ~」の辺りなんか苦しくて苦しくて、完全に息絶え絶え状態でしたよ…

 もうね、たかが遊びのカラオケなのに、何でこんなに苦しいんだよ~って思いましたよ(笑)。「その血の運命」を歌った時にも思ったけど、ジョジョの主題歌を歌う事自体が、波紋の呼吸法の修行になりますね、マジで。

 あ、でも…「えんど(お)ぶざわ~(ジャジャジャン!)」の後の「その血の記憶ぅ」がビシッと決まると、着地が上手くいった感じで凄ぇ快感ですね。それと、ラストの「オラオラ」は賛否両論らしいですが、私的には全然アリ!であります

 今回、「その血の記憶」を歌ってみて、まるでオペラの様に荘厳で壮大で、前OPとはまた違った魅力がある事を再認識できましたね。うん、歌ってみて、改めて良い曲だと思いました!

 それと最後に一つ、「~end of THE WORLD~」ってタイトル、何気にネタバレになっている様な気がするんですが…いいのか?

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : ジョジョの奇妙な冒険
ジャンル : アニメ・コミック

「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」 第37話「ホル・ホースとボインゴ その2」感想

 ↓この顔が出なかったのが残念…。「どおくまん」の漫画みたいで好きだったのに…(T_T)
荒木飛呂彦「ジョジョの奇妙な冒険」第23巻よりポルナレフ

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : ジョジョの奇妙な冒険
ジャンル : アニメ・コミック

「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」 第36話「ホル・ホースとボインゴ その1」感想

 DIOはホル・ホースの背後を取る時、「ザ・ワールド」で時間を止めてから、クモの巣を破らないように、そーっとそーっと慎重ぅ~に動いていたのかしら?DIOのそんな光景を想像すると、何か笑えるんですけど。

 んで、先週放送の「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」第36話は、原作における単独エピソード「DIOを撃つ!?」と「ホル・ホースとボインゴ」編の前半が描かれました。

 「DIOを撃つ!?」は、一筋縄では行かないホル・ホースの性格と、そんな彼を容易く圧倒し、屈服させてのけるDIOの強大さが描写されており、原作の中でも特に好きなエピソードだったんですが…「ホル・ホースとボインゴ」編に組み込まれてしまったのは、個人的には非常に残念と言うか

 いや、まあ、番組の構成上、致し方ないのは分かってるんスよ。「DIOを撃つ!?」だけで30分持たせるには、話がちょっと短すぎるし…。まあ、一ホル・ホースファンの単なるボヤキですよ、ハイ。

 しかし、導入のシリアスさに比べて、「~ボインゴ」編突入後の、ホル・ホースのキャラの崩れっぷりは何とした事でしょうか!(笑)。でも、ある意味、善とも悪とも割り切れないキャラクターの振り幅の広さも、ホルさんの魅力だと思うんですよね。

 初登場時は、ジョースター一行を翻弄してのける大胆不敵な殺し屋だったのに(J・ガイルのお陰もあるけど)、今回はボインゴと漫才まがいのやり取りをしたりして、完全にお笑いキャラに転身してしまいましたからね(´∀`*)

 挙句、ポルナレフ(家族の間ではすっかり「毎回ひどい目に遭うキャラ」として認知されております)の鼻に指を突っ込んじゃって…原作を知らない人、果たしてこの後どうなるのか、続きが気になってしょうがないでしょうね。

 最後に、「トト神」の予言で「ホル・ホース、商店街で『皇帝』の拳銃を使う事を考えてはいけません」って言ってたけど、空港でチンピラの耳を撃ったのはいいのか?あ、でも、そのお陰で来週ああなっちゃう訳だから、やっぱり撃っておいて正解だったのだね(・∀・)

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : ジョジョの奇妙な冒険
ジャンル : アニメ・コミック

「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」 第35話「ダービー・ザ・ギャンブラー その2」感想

 20日深夜放送の「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」第35話は、ダービー戦決着回でした。

 今回登場したダービーは、直接的な戦闘能力は未知数ながら(正直「オシリス神」はあんま強そうには見えんけど)、敵を精神面で圧倒、勝利するという点で、ジョジョの魅力の一つである心理戦や駆け引きの面白さを象徴するキャラクターでしたね。

 承太郎も「暴力は使わないが、今まで出会ったどんなスタンド使いよりも危険なヤツ」と評してましたし…。

 スタンド使い同士の力と力のぶつかり合いから高度な心理戦へと、ジョジョにおける戦闘のバリエーションが広がっていく―心理戦の達人・ダービーが登場したのは、その過渡期だったのではないでしょうか?

 ちなみに、西尾維新先生の小説「OVER HEAVEN 」によると(本が手元にないんでうろ覚えだけど)、ダービーはDIOの持つ「弓と矢」でスタンド使いになったらしいですな。まあ、「OVER HEAVEN 」を公式設定と考えていいかは置いとくとして。

 で、私、これ読んで「え~、ダービー、生まれつきのスタンド使いじゃないんだ~ε=(・д・`*)」とガッカリしたんですけど…そんな事で落胆してるのって、日本で俺だけですかい?

 「スタンドは適材適所。強弱はない」と語るDIOだけに、表面的なパワーではなく、ダービーのメンタル面の強靭さに心惹かれたのかもしれませんね~。そもそもダービー、超トップシークレットであるはずの「ザ・ワールド」の正体を知っていた(多分…)訳ですし、よっぽどDIOに信頼されていたのか…。

 異能の賭博師・ダービーと吸血の魔人DIO―2人は如何にして出会ったのか?ちょっと興味ありますね(´∀`*)

 それはともかく、今回のエピソード、承太郎の口元の影が凄く邪魔だったよん!いろいろ規制があるのは分かるんだけど、承太郎がダービーを追い詰めるクライマックス・シーンなのに、興が削がれてしょうがなかったわ~(゚Д゚)ノ

 いっその事、承太郎、ホル・ホースを見習って、禁煙パイプでも咥えればいいんじゃあ…

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : ジョジョの奇妙な冒険
ジャンル : アニメ・コミック

「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」 第34話「ダービー・ザ・ギャンブラー その1」感想

 オシリス神にこねられてチップにされてしまうポルナレフとジョセフ(の魂)を観て、アニメ版「キン肉マン」で、ラーメンマンにキャメルクラッチを食らった挙句、ラーメンにされて食われてしまうブロッケンマンを思い出したのは私です。

 で、13日の深夜放送の「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」第34話は、最も危険なギャンブラー・ダービーさん登場回。何かTVのダービーさん、目つきが色っぽいわねぇそして、前回の記事でも書いたけど、今回ダービーを担当する銀河万丈さんの声、やっぱ「笑ウせぇるすまん」に似ている気がする!

 ちなみに私、今回のエピソードとOVA版を観比べてみたんですよ。内海賢二さん演じるOVA版のダービーは渋くてダンディーな印象なのに対し、銀河さんバージョンは、言葉巧みに相手を煙に巻く策士って感じですかね?

 声優さんによってキャラクターの印象が全く変わってくるから面白いですよね~。

 それにしてもダービー、イカサマ師のくせして「ギャンブラーとしての誇りがある」とかぬけぬけと言ってるんだから、ホント図々しい奴だ…。大体、「ばれなきゃイカサマではない」って、どういう理屈なんだ!?荒木漫画じゃなければ通用しない理屈だよな、全く。承太郎もそこはキッチリ抗議すべきだと思うぞ!

 あ、今思い出したけど、荒木先生のデビュー作「武装ポーカー」だと、無法者同士がポーカー勝負するんだけど、お互いがイカサマをしていた事がばれると同時に、お互いを銃で撃とうするのよね。この時点では荒木先生、「ばればきゃイカサマではない」説は採用してなかった訳だ。なるほど。

 関係ないけど、最近家族(ジョジョを全く読んだ事がない)と一緒にジョジョを観る事が多かったんですが、今回のエピソードを観て「何かこの銀色の髪の人(ポルナレフ)、毎回散々な目にあってるよね」と言ってました。ごもっともです。

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : ジョジョの奇妙な冒険
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

かなぶん

Author:かなぶん
平凡なアラフォー男子・かなぶんが、趣味の漫画、お笑い、B級グルメや特撮について書き散らかし、責任は一切取らないブログ。

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

猫のいる生活まとめ ~旧ちゃい日記~

雑多倉庫

池袋グルメ探検隊

戦士のズル休み

Re:BAD TASTE♥

ユッカリーナのヨガ的雑記帳

ライスクッカー

やみなべ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。