スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今は亡きあるお笑いコンビの単独ライブDVDのタイトル

 地元のTSUTAYAにて発見↓
DSC_0212.jpg



 「誤解」…今見ると、何か色々な事を考えさせられるような気が…



↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : お笑い芸人
ジャンル : お笑い

R藤本に注目せよ!

 先月の11日、新宿のルミネtheよしもとで開催された「ダイナマイト関西2015 団体対抗戦」というライブを観に行きました。

 芸人さん同士が団体戦形式で大喜利に挑むというこのライブ、ケンドーコバヤシさんを筆頭に、麒麟・川島さん、バッファロー吾郎・竹若さんら錚々たるメンツが集結する中、私が密かに注目していたのが、ピン芸人のR藤本さんでした。

 いわゆるベジータ芸人として知られる藤本さんですが、単なる色ものと思いきゃその実力は意外に高く、芸人の間でも評価は上々との噂も聞いていました。そして、その噂の通り、この「ダイナマイト関西」でも大活躍し個人戦でも優勝、最強の大喜利ファイターに選ばれたのです(詳細はコチラ)。

 色ものっぽい見た目とは裏腹に、確かな実力を秘めた芸人・R藤本さん―これは要チェックだなと思っていた矢先、今月2日(土)、藤本さんの単独ライブが新橋のヤクルトホールで開催されるとの事で、早速観に行ってきました。
DCIM5538-1.jpg

 会場に飾られていた花の一部(笑)↓
DCIM5536.jpg

 私、正直、ドラゴンボールに関してはあまり詳しくないというか、人並みの知識しかないので、内容についていけるか心配だったんですが…いや~面白かった!謎のラップ(何故…?)に始まり、漫談、電話相談室、シークレットゲストとして登場した他のDB芸人とのコント等、もう大笑いしちゃいましたよ

 個人的に面白かったのは、藤本さんがベジータの格好(とキャラ)で、商店街にカレーの材料を買いに行く「はじめてのおつかい」と、DBをパクった…じゃなくて参考にしたと覚しき漫画「ウルトラマン超闘士激伝」の紹介でした(ウルトラマン、ほとんど訴えられても仕方ないレベルだったよ…恐るべし!)。

 それにしても、マニアックでありながら、私の様にDBに詳しくない人でも楽しめるネタを用意してくる辺り、バランス感覚やセンスがいいというか、R藤本さん、只者ではない!やっぱ、私が注目したのは間違いではなかったね(←自画自賛)。

 と言う訳で、2時間があっという間の楽しいライブでしたが、何でも6月には、ベジータが出ない闇ライブ(笑)も開催が決定しているのだとか…一体どんな内容なんだか

 ちなみに、今回の記事を読んでR藤本さんに興味を持ったお笑い好きの皆さん、YouTubeにチャンネルがあるので是非ご覧下さい。今後はR藤本さんに注目ですよ~!

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : 芸人ライブ
ジャンル : お笑い

じゅんいちダビッドソンさん優勝!「R-1グランプリ2015」

 2月10日(火)に放送された「R-1グランプリ2015」は、本田圭佑のモノマネで人気急上昇中のじゅんいちダビッドソンさんが、悲願の初優勝を果たしました(詳細はコチラ)。

 私、この人が「爆笑レッドカーペット」で、謎のアメリカかぶれ(?)キャラを演じていた頃から、実は密かにファンだったんですよ。でも「俺は好きだけど、世間的には人気出ないだろうな~」とも思っていたんですよね…今から考えると失礼な話ですが(笑)。

 なので、個人的に頑張って欲しいなぁと応援していましたし、「最近フジ系深夜の『オサレもん』で披露したムダ本ムダ男じゃなくて、堅実に本田圭佑で攻めて欲しいなぁ」とか考えていたんですが、まさか優勝しようとは、ねぇ。

 それにしても、じゅんいちさん、ほんの数年前と比べても、ここ最近の躍進ぶりには目を見張るものがあります。何げに露出も増えている様子ですし、やはり本田圭佑のモノマネがブレイクのきっかけだったんでしょうね(ちなみに、私、じゅんいちさんのネタを見るまで、本田圭佑って何者なのか、全然知りませんでした)。

 今回の決勝進出者は、エハラマサヒロさん(北斗晶ネタは面白かった!)やCOWCOW善しさん、あばれる君といった実力派が多かったですが、ネタの完成度、ネタ運びの上手さでは、他の芸人さんよりも一歩上を行っていた印象があります。

 やはり、芸歴18年目の苦労が、ここに来てようやく実ったという事でしょうかね?くぅ~、泣けるぜ…(´;ω;`)

 で、気になるじゅんいちさんの今後ですが…「R-1」って、実際問題、優勝しても世間的にあまりブレイクしないケースが多いじゃないですか?でも、じゅんいちさんには、そのジンクス(?)を破ってもらい、本家・本田選手位に活躍してくれる事を期待したいですね~。

 ともかく、じゅんいちダビッドソンさん、優勝おめでとうございました!

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : R-1ぐらんぷり
ジャンル : お笑い

「ずん」飯尾さんインタビューを読んで思ったコト

 NEWSポストセブンに掲載された、お笑いコンビ「ずん」のボケ担当・飯尾和樹さんのインタビューを読みました(→コチラ)。

 大分前の記事にも書きましたが、ここ何年かの飯尾さんの人気は凄まじく、インタビューにもある通り「テレビで見かけない日がないぐらいの活躍ぶり」です。十数年前のラジオ「コサキン」でのダメダメっぷりからは想像がつかないというか、昔を知っている者からすると感無量といいますか…(笑)。

 しかし、飯尾さん本人は決して驕らず「ブレイクはしていない」、「昔の辛いロケで知り合ったスタッフと絆が生まれて、その後偉くなった彼らが番組に呼んでくれているのが大きい」、「かまってもらっている感じ」と、謙虚に語っています。

 やはり、売れない時代も同期の芸人さんや仕事場で一緒に働く人達と良いコミュニケーションを取って、力を合わせて頑張ってきた事が、結果的に現在の自分の躍進につながっているのを、飯尾さん本人も分かっているんでしょうね~。

 成功を鼻にかけないこの姿勢、う~む、立派だ…。私も一社会人として見習いたいものですな(´∀`*)

 さてさて、何で急にこんなお話を紹介したかというと、実は、私が応援している、ある若手漫才コンビのツッコミ担当の人(前歯が欠けてて滑舌が悪い人です)が、生意気な性格のために先輩の芸人さんから睨まれているという話を耳にしたからです。

 勿論、そういう噂がどこまで本当か分かりませんが、バナナマンのお二人は、そのツッコミの人をラジオ番組で名指しで批判していたそうです。キャラクターとして生意気を演じるのはいいんですけど、本当に心底生意気な性格で、周囲の人達に不快感を与えてしまうのって…芸人云々以前に、社会人としてどうなんでしょうね(?_?)

 そういう生意気な行為を改めず、今後の芸能活動にマイナスな影響が生じてしまうとしたら、非常に勿体ない話だと思います。私はそのコンビが大好きですし、もっと活躍して欲しいと心底思っていますから。

 彼らには飯尾さんの謙虚な人柄を是非とも見習って欲しいところですが…生意気キャラが売りだし、無理なのかな~

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : お笑い芸人
ジャンル : お笑い

囲碁将棋、「例のネタ」について語る。「THE MANZAI 2014ライブ~よしもと所属認定漫才師、東阪大集合SP~」

 20日(土)、新宿のルミネtheよしもとで開催された「THE MANZAI 2014ライブ~よしもと所属認定漫才師、東阪大集合SP~」を観に行ってきました。

 これは、先日開催された「THE MANZAI 2014」のファイナリスト・ワイルドカード進出者・今年の認定漫才師の中から吉本所属の芸人達が集結、ネタを披露するというもの。

 出演者はトレンディエンジェルチーモンチョーチュウ学天即レイザーラモン、そして例の肛○ネタでネットを荒らした(笑)囲碁将棋ら計14組の漫才コンビ、更にMCを過去のチャンピオン・パンクブーブーが務めていました。う~ん、何と豪華な面子なのだろうか…。

 ネタの方は、トレンディエンジェルの登場した瞬間から醸し出す楽しげな空気、和牛アキナの意外な面白さが印象に残りましたね~。ちなみに、トレンディ、先日の決勝大会以来、地方営業(特に沼津)に引っ張りだこらしいそうです。二人共、もうすっかり人気コンビですね!

 また、学天即や囲碁将棋の相変わらずの漫才の巧さにも「さすがだ…」と感心しました。決勝大会ではトレンディの勢いに負けた感がありますが、やはりどっちのコンビも腕があります。

 特に囲碁将棋、「今日の漫才を決勝大会でやればよかったのに。何であんな下品な○門ネタをやったんだ?」と思いましたよ

 MCのパンクブーブー・黒瀬さんも同じ様に感じたらしく「何で今日のネタを決勝でやらなかったの?今日は下ネタが多かったし(アキナとかゆにばーすとか、今回のライブは下ネタ多かったのよ)、逆にこの前のネタを今日やればよかったのに」と聞いていました。

 それに対し囲碁将棋・文田さん、「下ネタで心配なので、プロデューサーにあらかじめ聞いてみたら『思い切りやって大丈夫!』と太鼓判を押されたから…」「でも、舞台に登場した瞬間、『あ、違う』と思った」と説明していました。確かに、舞台上でネタの選択ミスに気づいても、咄嗟に違うネタに変える訳にもいきませんもんね

 とまあ、そんな感じで約2時間笑いっぱなしで、大満足で家路に着いたかなぶんでした。今日出演した芸人さん達の中から、一人でも多くの人にブレイクを果たして欲しいものですね(´∀`*)

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : 芸人ライブ
ジャンル : お笑い

博多華丸・大吉さん、優勝おめでとう!「THE MANZAI 2014」

 昨日14日(日)に開催された「THE MANZAI 2014」は、ベテランコンビの博多華丸・大吉さんが優勝を果たしました(詳細はコチラコチラ)。

 今回は本命不在、ベテラン・中堅・若手が入り乱れての大混戦模様となりましたが、全体的にレベルが高く、番組開始から2時間半、ず~っと笑いっぱなしでしたわ(*≧∀≦*)アキナがあんなに面白いとは思わんかったし。

 そのメンツの中で優勝を遂げた華丸・大吉さん、ご本人達が「漫才は人柄」「自分達は『寅さん』を目指している」と語っていた様に、誰も傷つけない優しい漫才が印象的でしたね~。

 ちなみに、大会最高顧問のビートたけしさんは、華・大さんの漫才を「老舗の有名なお店の味」「高くて由緒あって格式の高いもの」「本当の味はこれ」と評していましたが、言い得て妙ですな…。

 で、個人的に華・大さん以外に面白かった芸人さんはというと、やっぱりトレンディエンジェルですかね?ネタ自体は、正直凄く面白い訳ではないんですけど(ファンの方スイマセン)、明るく賑やかな「空気」を作る力があるんですよね。司会のナイナイさんも「楽しい子達」って言ってましたし。今回の裏MVPではないかな?

 私が優勝を予想していた学天即も、漫才のスキルでは負けていなかったものの、トレンディの勢いに飲まれた感がありましたね。やっぱりお客さんを味方につけて、自分達に有利な空気を作るという点で、トレンディは他のメンバーに勝っていたんだと思います。
 
 それと、期待の磁石は…面白かっただけに残念!でも、国民ワラテンでは1位だった事だし、バイト掛け持ち生活脱却を目指して、こえからも頑張って欲しいですねにしても、ササキングの「月収35万」発言はリアルだった…

 更に、1票も取れませんでしたが、馬鹿よ貴方は…決勝の大舞台で、あの揺るがぬマイペースぶりは凄い!ヽ〔゚Д゚〕丿世間の支持は得られないかもしれませんが(笑)、これからもその調子で、己の道を突き進んで欲しいです! 

 他にも、三拍子は決勝進出を機にメジャーになって欲しいけど、前日のワイルドカード進出者決定戦と似たクイズネタをやってたのが解せないとか、囲碁将棋の下ネタ連発は勘弁して欲しいとか、今大会はいろいろと語りたい事が多かったです(´∀`*)

 閑話休題…20年以上の芸歴を誇る、大ベテランの博多華丸・大吉さんが、千組以上の漫才師が参加する「THE MANZAI」のトップを取ったというのは、漫才史上に残る快挙ですし、大会の新たな扉を開いたと言っても過言ではない出来事だと思います。

 博多華丸・大吉さん、本当におめでとうございました~!

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : THE MANZAI
ジャンル : お笑い

「THE MANZAI 2014」の決勝メンバーが発表されたよ!

 先日、「THE MANZAI 2014」の決勝進出メンバーが発表されました!(詳細はコチラを参照)

 本ブログで前々から猛プッシュしている磁石を始め、人気者のトレンディエンジェル、実力派の囲碁将棋に芸歴20年以上の博多華丸・大吉等、若手からベテランまで、幅広いメンバーが揃っていますね~。

 今回は、過去のNON STYLEの様な絶対的な本命がいない分、どのメンバーにも平等にチャンスがあると思うんですが…果たして、この中から飛び抜ける事のできるのは、どの芸人さんなのかー?

 個人的には、本命は磁石…と言いたいところなんですけど、純粋に予想すると、学天即が上がってくるのでは?と思います。最近、進境著しいし、ウデを感じるんですよね。で、対抗は磁石、と(笑)。

 それと、ダークホースとしては馬鹿よ貴方はを推したい!何をしでかすか、全く読めないコンビですよね~。果たして大会を引っ掻き回す存在になれるのか、それとも…特に何もせずに終わるのか
 
 年に一度の漫才師達の熱きサバイバルレース、今からチョー楽しみです(*≧∀≦*)「THE MANZAI 2014」は今月14日(日)、17:30からフジテレビ系で放送予定です。

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : THE MANZAI
ジャンル : お笑い

土曜夜の「ミレニアムズ」に、う~ん…

 「豊作と言われる2000年デビューの中から厳選された芸人5組によるお笑い番組」との触れ込みの下、土曜の夜にフジテレビ系で始まったバラエティ番組「ミレニアムズ」―。

 オードリーや流れ星、ナイツにウーマンラッシュアワー、山里亮太さんと、いった今が旬の芸人さん達が一堂に会しているとあって、私も始まるまでは結構期待していたんですが、個人的な感想としては…う~ん、やっぱりイマイチ乗り切れないですね~。

 そもそもレギュラー出演者が多すぎて、各々の持ち味を発揮できていない気がしますし、あの面子の中でバラエティを回す司会者・進行役としての能力があるのは、若林さんと山ちゃんだけだと思うんですよね。

 対して、ナイツや流れ星なんかは、大人数が集まってのトークよりも、ネタや一発ギャグで実力を発揮するタイプの人達なんで、トークや企画コーナーの時に、何かヒマそうというか、手持ちぶさたにしている瞬間がある様に見えてしまうんですよ。

 流れ星のちゅうえいさんなんか、「THE MANZAI」で司会のナイナイ岡村さんからの「ちゅうえい、何かやって!」という振りに一発ギャグで答えている時は、凄く生き生きとしているのに…。

 その他、「カスママ」のコーナーにおける女性ADに扮したウーマン村本さん、日本エレキテル連合に解散を迫る「やめちまえ~」のナイツ塙さんなんか、本人に向いていない事をやらされている印象が強くて、正直寒々しいというか、痛々しく感じてしまいます(本人達の意向はともかく)。

 この二人が、そんなキャラクターを演じる必然性が果たしてあるのか?あれでは、村本さんや塙さんという素材に申し訳ない!勿体ない!

 ネタも企画コーナーもトークも何でもありだった、かつての「夢で逢えたら」(←たとえが古いな!)みたいな、才能がある芸人さん達が集結した事による、奇跡的な化学変化を期待したいんですけど、今後どーなる事やら。

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : お笑い番組
ジャンル : お笑い

土曜フジの「ミレニアムズ」は




      人数多すぎ!




↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : お笑い番組
ジャンル : お笑い

三四郎初DVD「一九八三」

 若手漫才コンビ「三四郎」の初DVD「一九八三」を鑑賞。

一九八三 [DVD]一九八三 [DVD]
(2014/05/28)
三四郎

商品詳細を見る

 「三四郎」はウッチャンナンチャンや出川哲朗さんで知られるマセキ芸能社所属のコンビ。最近は「アメトーーク!」等にツッコミ担当(なのか?)の小宮さんが単独で出演している事が多いですが、本DVDは、コンビによる漫才が10本以上収録され、三四郎本来のネタの魅力を堪能できる内容となっています。

 三四郎の漫才というと、まず思い浮かぶのは、小宮さんのあのキレ気味のツッコミ。本DVDでも「リア充に劇薬ぶっかけたいですね」、「ボケ終われよ!」、「はびこれ~!俺を好きな人!」等、あまりにも独特すぎるツッコミが次々に飛び出し、小宮さんの言語センスを(嫌という程)楽しめます。

 また、ネタを幾つか観ると、むしろボケ担当(なのか?二人のネタは、役割分担が判然としないスタイルなのです)の相田さんの上手さに感心してしまうんですよね~。

 一人で興奮してまくしたてる小宮さんをある時は軽く受け流し、またある時は逆に翻弄しながら、小宮さんから更なるツッコミ台詞を引っ張り出す、そのアドリブとも台本通りともつかない手練手管には並々ならぬ実力を感じます。

 三四郎、都内のお笑いライブでは引っ張りだこの様子ですが、さもありなん、ですね。

 …何て偉そうに書いてますけど、実は私、以前「浅草東洋館」のライブで、生で三四郎のネタを観ているんですよ。でも、正直、その時は「やかましい若手」としか思いませんでした…見る目のない当時の自分の首を絞めてやりたいです、ハイ

 「THE MANZAI 2014」の認定漫才師50組にも選ばれた三四郎、年末の本番に進出し、「アメトーーク!」の小宮さんしか知らない大多数の視聴者の前で、是非あの才気溢れる漫才を披露してほしいですね(´∀`*)


↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : 三四郎
ジャンル : お笑い

芸人ファイター、真夏の大集結!「アメトーーク!格闘技やってる芸人」

 先週放送された「アメトーーク!格闘技やってる芸人」を観ました。

 登場した芸人さんは今田耕司さんに品川庄司・品川祐さん、ドランクドラゴン・鈴木拓さんにレイザーラモンHGさん、東京ダイナマイト・松田さんにFUJIWARA・原西さん、千原ジュニアさんにタカダ・コーポレーション・おやきくんといった面々。

 今田さんが以前から総合格闘技を、鈴木さんがブラジリアン柔術を、品川さんがフィリピン武術・カリやジークンドーを練習しているのは知っていましたが、原西さんがキックボクシングを習っていたのは意外でしたね~。正直、あんま格闘技とかやるタイプの方に見えなかったもので…

 逆にジュニアさんがボクシングを練習しているのは、何か納得というか―。ジュニアさんって、性格がストイックそうですもんね。

 番組では、特に今田さんと品川さんがフィーチャーされていましたが、お二人は現在、松田さんやHGさんと一緒にシュートボクシング(キックボクシングに投げ技・立ち関節技を加えた格闘技)のジムに通っているとの事。

 今田さんは寝技が相当できるらしい(何でも総合格闘技のジムで、プロ志望の若者から三角締めで一本取った事もあるとか?)ですが、打撃系格闘技を習って、組技だけでなく、パンチやキックにも磨きをかけているんですな。凄いやヽ〔゚Д゚〕丿

 齢48歳にして、縄跳びやサンドバッグ、ミット打ち等の基本練習からスパーリングまで、ヘロヘロになりながらもきっちりこなしていく今田さんのバイタリティには、アラフォーの私・かなぶんも「見習わなくては…(-.-;)」と思わされましたよ。

 一方、品川さんですが、サンドバッグ打ちの動きのキレやパンチの回転の速さが凄かった~!正直、ド素人の私の目からは相当上手く見えたんですけどΣ(゚д゚lll)あれだけ上手かったら、練習後に思わずドヤ顔になってしまう(今田さんに「腹が立つ」と言われてた)のも無理ない気がしますけどね(笑)。

 それ以外に印象的だったのは、何と言っても、プロ格闘技の興行にも参戦しているというおやきくんの試合映像。倒れた相手選手にパンチを雨あられと落としまくり、秒殺KOを奪うシーンはまさに圧巻、鳥肌モノでしたよ((((;゚Д゚))))

 それにしても、芸人さんは意外と体力があるし、格闘技や武道の経験者が多いとは聞いていましたけど…本当に芸能界って多才な人が多いんだな~と思いました。

 今回の「格闘技やってる芸人」、もし第2弾があったら、K-1参戦経験もあるオードリー春日さんや寝技限定でプロ興行にも出場したラバーガール飛永さん、ついでに、今田さん達と同様、シュートボクシングを練習しているという冨永シレーヌ愛さんにも出演してほしいなぁ。…シレーヌさんは芸人じゃないけど。

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : アメトーーク
ジャンル : お笑い

月曜日の「エンタの神様」SPを観たけど…

 今月28日(月)に日本テレビで放送された「エンタの神様 大爆笑の最強ネタ大大連発SP」を観ました。

 「オンバト+」が終了し、芸人さんによるネタ番組が全滅して久しい昨今、不定期に放送される「エンタ」SPは、おなじみの芸人さんのネタを2時間たっぷり楽しめる、私にとって非常に貴重な番組。ワクワクしながら観たんですが、内容的には…う~ん、イマイチ…。

 と、言うのも…登場するメンツこそ、サンドウィッチマンにタカアンドトシ、NON STYLEと言った、知名度と実力を兼ね備えた芸人さんばかりだったけど、ネタそのものは以前放送されたものの再放送だったり、過去のネタの焼き直しだったりで、新ネタが非常に少なかったんです。

 私、「何だよ!?観た事あるネタばっかじゃん!!(゚Д゚)ノ」って思っちゃいましたよ。

 勿論、ネタ系の番組が存在しない現在、こうしたスペシャルを放送してもらう事自体が大変ありがたいんですけど、「エンタ」のレギュラー放送時代なんか、サンドウィッチマンもタカアンドトシも、登場する度に新ネタを披露していましたからね。

 今や彼らも超売れっ子ですから、ネタ作りに割く時間なんかないのかも知れないし、多分に番組のスタッフの意向が働いている可能性も否定できないですけど、何にせよちょっと寂しいな~

 パンクブーブーなんか、タレント的な華の部分では前述の芸人さん達に劣る分(スイマセン)、完成度の高い多彩なネタが売りだったというのに、毎回過去のネタを演じているのを観ると、昔からのファンとしていたたまれない気分になりますよ…(それとも、ひょっとしてアレ、再放送!?)。

 逆にナイツなんか、今や超人気芸人に成り上がったにもかかわらず、SP放送の度に新ネタを披露していますからね。凄いやヽ〔゚Д゚〕丿

 何にせよ、「もっと芸人さんの新ネタが観たい!」というのが、私・かなぶんの贅沢な悩みなのです。「M-1グランプリ」も復活するらしいし、また新しいネタ番組のレギュラー放送が始まってくれないかな~っ!?

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : お笑い番組
ジャンル : お笑い

よしもと芸人、柔道を大いに語る。「第三回よしもと柔道クリエイティ部」

 「ソンクランフェス」&「OKINAWAまつり」を後にし、かなぶん御一行様が徒歩で向かった先は渋谷センター街-。「ヨシモト∞ホール」で開催された「第三回よしもと柔道クリエイティ部~来たときよりもたくましく~」を観に行ってきました。

 「よしもと柔道クリエイティ部」は柔道経験者の若手よしもと芸人が集合し、企画コーナーや豪華ゲストとのトーク(ちなみに、前回はシドニー五輪金メダリストにして元・総合格闘家の瀧本誠さんが登場)等を通し、柔道の魅力を知ってもらおうというコンセプトのライブです。
DCIM3794.jpg

 メインMCはジャングルポケット・太田さんに女性ピン芸人のあいすけさん(この二人は「アメトーーク!」柔道部芸人の回にも出演してました)、ガリットチュウ・福島さん、プラス柔道を知らない人代表のブロードキャスト!!・房野さんといった面々。

 開演直前の舞台の様子。畳が敷かれています↓
DCIM3793.jpg

 さて、午後2時半にライブがスタートすると、まずはMCの芸人さんがそれぞれの柔道歴を紹介。

 高校時代に愛知県大会で優勝したジャンポケ太田さんもさすがですが、紅一点のあいすけさんは、かつて強化選手として北京五輪を目指し、あのロンドン五輪金メダリストの松本薫選手とも練習していた過去を持つ、バリバリのスーパーアスリートだったのです!す、凄えぇ!ヽ〔゚Д゚〕丿

 しかも、中学1年で柔道を始めて、2年後の3年生時には全国大会3位だったというから、まさに驚くべき才能。あいすけ…おそろしい子!(月影先生調)っつーか、そんな人が何故芸人に転向したのか…謎だ(?_?)

 もっとも、肝心の芸能活動はからっきしだよ三級品(©一休さん)らしく、デビュー5年目にして「∞ホール」ランキングは、今だに下から2番目でくすぶっているとの事…ε=(・д・`*)太田さん達からは「完全に進む道を間違えた」「お前、お笑い芸人って言うより『よく喋る柔道家』って感じだもんな」と散々な言われ様でした

 あいすけさんは雑誌「近代柔道」で連載を持っている事もあり、「渋谷では顔をさされる(=道で一般人に「あ、○○さんだ!」と気づかれる事)事が全然ないけど、(日本武道館のある)九段下ではよく顔さされるんですよ~」と語っていましたが…九段下オンリーで顔バレしてもしょうがないでしょ

 続いて、柔道経験者の芸人達による寝技選手権(一部、全然関係ない壇蜜そっくり芸人も混じってましたが)といったコーナーの後、ゲストとして登場したのは、な、何と!アテネ五輪金メダリストにして現在は国士舘大学柔道部監督を務める鈴木桂治さん!Σ(´∀`;)184㎝・100㎏の巨体は客席から見ても分かるド迫力…!

 芸人さん達の「今まで一番強かった相手は?」「家では亭主関白ですか?」といった質問に対し「皆強かったけど、試合して怖いと思ったのはやっぱり井上(康生)先輩」、「亭主関白ではないですけど、家でゴミ扱いもされてません(笑)」と、一つ一つ真摯に答える鈴木さん。う~ん、やはり真面目な方だ…。

 また、昨今の柔道界の不祥事のため「厳しい事を言いたくても、生徒に対し思い切った注意がしづらくなっている。迂闊にバカ野郎とか言えないんですよ…」と、指導者の立場故の悩みを吐露されていました。

 「でも、強くなるためには厳しさも必要だと思うし、バカ野郎とか言いたい時もあるんじゃ…」と言う太田さんに対し、鈴木さん答えて曰く「そうですね…だからバカ野郎と言う代わりに『てめぇ、この野郎!』とか言っちゃうんですよ」。当然、次の瞬間、すかさず皆から「一緒じゃないですか!」と突っ込まれていたのでした

 この後、五輪を制した鈴木さんの技の数々を芸人さんが実際に体験し、ライブは午後4時に終了。いや~柔道は詳しくないけど、そんなのは関係なく面白いライブだった~!それにしても、よしもとのライブで日本の教育の在り方について考える事になろうとは思いもしなかったわ。

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : 芸人ライブ
ジャンル : お笑い

「ユニクロ御徒町店」によしもと芸人達がやってきた!の巻。

 先月オープンした「ユニクロ御徒町店」に、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の若手芸人さん達がやってくるとの噂を聞き、「シンコ・デ・マヨ・フェス」の後に御徒町を訪れました。
DCIM3742.jpg

 これは、公式サイトによると「若手ユニクロ大好き芸人が、なんと御徒町店のスタッフとして各フロアに登場!各フロアの売り込みなどをお手伝い」するという企画。肝心の面子はと言うと、今や超売れっ子の平成ノブシコブシ以外は、世間的には知名度はそんなんでもない(ファンの方スイマセンm(_ _)m)若手の芸人さんが中心でした。

 とは言うものの、認定漫才師の「相席スタート」や、以前渋谷の「ヨシモト∞ホール」でネタを観て以来ファンだった「ベイビーギャング」も登場という事で、個人的には結構楽しみにしていたんですよね~。

 午後1時半頃に御徒町駅前のユニクロに着くと…おお!ちょうど「相席スタート」のお二人さんが接客中じゃありませんか!Σ(´∀`;)でも、何か普通の店員さんみたいに完全にお店に溶け込んでいるし、お客さんも二人がタレントと全く気づいていない様な…二人ともまだタレントオーラが足りな…い、いえ、何でもありません

 接客のお仕事が終わると、続いてお二人のミニトークショーが1F特設ステージでスタート!「相席スタート」の漫才は、ちょいブ○の山崎ケイさんが披露する身分不相応な恋愛ウンチクに相方の山添さんが突っ込むというスタイルなのですが、いざトークが始まると、むしろ山添さんの暴走恋愛夢芝居トークが印象に残る結果に―。

 「男の憧れは女性のミニスカート、ノースリーブ、そしてワンサイズ上のワイシャツ!」と熱弁を振るう山添さんに、普段ボケ役のケイさんも若干引き気味のご様子でした大体、「ワンサイズ上のワイシャツを着た女」って…一昔前のラブコメじゃねーんだから(笑)。

 さて、相席スタート退場後、続いて「ベイビーギャング」がステージに登場!自称「幼稚園からモテ期が止まらない」男・北見さんがカッコいい~(≧∇≦*)何しろ相方のりんたろーさんが働く老人ホームに遊びに行くと、お婆ちゃん達が色めき立ち大騒ぎになると言うから、これはまさに「アイツの噂でチャンバも走る」、リアル「燃えてヒーロー」状態(←何それ?)。

 他にも、りんたろーさんの影響でお年寄りの言動がチャラくなった(「ガチ膝痛ぇ」とか言うそうです)等の爆笑トークを終えると、早速接客の仕事に入るため去っていったお二人さんでした(当然、北見さんの後ろには、ファンの女の子達が多数群がっていた事は言うまでもない)。

 それにしても、「相席スタート」にしろ「ベイビーギャング」にしろ、世間的にあまり名の通っていない若手にもかかわらず、ネタだけでなくトークのスキルも高いですね!さすがはよしもと所属と言うべきか…。二組とも、タレントとしてこれだけ高いスキルを持っているんだから、将来的にもっと売れてほしいな~( ´∀`)

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : お笑い芸人
ジャンル : お笑い

好きな芸人さんの活動休止はとても悲しいものです…(´;ω;`)

 マニアックなお笑いの話題で恐縮ですが、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の女性お笑いコンビ「少年少女」が、今月で活動を休止する事が発表されました(詳細はコチラ)。

 私、以前フジテレビ系で放送されていた「爆笑レッドカーペット」で例の「OLコント」を観て以来、彼女達のファンだったんですが、今回の突然の活動休止は寝耳に水で、正直、結構ショックでしたね…。

 何でもお二人の内、坂口さんはピン芸人に転向し、相方の阿部さんは今月末に開催されるライブを以て、芸人を引退するとの事(清掃員に転向…じゃなくて転職するってホント?)。

 ネタ番組が減少し、お笑い芸人さんにとって冬の時代が続いているとは言え、何故にこのタイミングで?…と不審に思ったんですが、ニュースサイト「お笑いナタリー」のインタビュー記事(→コチラ)を読んで、驚くと同時に納得しましたよ。

 阿部さん、3年も前から、解散を考えていたんですね~。

 でも、阿部さんが仕事に対する後ろ向きな気持ちを抱えつつも、これまで少年少女のお二人は芸能活動を続けて、面白いネタを披露してきた訳ですから、それはつまり、お二人に芸人としての能力とか才能があったという証しだと思うんですよね、私。

 何にせよ、少年少女のお二人、今までお疲れ様でした!

 …それにしても、同じよしもと所属のコンビ「アームストロング」も先日解散しましたし、最近のお笑い業界は、実力のある人がいきなり解散したりとか、ホント油断できませんな…。 

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : 芸人ニュース
ジャンル : お笑い

面白うて、やがて哀しき女芸人…゚(゚´Д`゚)゚新宿角座「女子会ライブ」

 3月28日(金)、「新宿角座」で行われた「女子会ライブ」を観てきました。

 出演者は松竹芸能所属のチキチキジョニー梅小鉢、マセキ芸能社所属のニッチェ、アッシュ・アンド・ディ・コーポレーション所属の阿佐ヶ谷姉妹と、ライブのタイトル通り、女性コンビが4組。

 まずは、それぞれのネタ披露の後、女子会だけあって、最近の各々の恋愛事情を報告。彼氏のいるニッチェ・江上さん以外、そっち方面は全員不調…と思いきゃ、実は梅小鉢・小森さんが婚活を順調に進めており、相方の高田さんも、たまたま郷里で再会した子供時代のクラスメートと交際中なのだとか!おぉ~(ノ゚ο゚)ノ

 まるでドラマの様な高田さんのシチュエーションを羨む他メンバーでしたが、当のご本人は意味不明な妄想を理由に「どんどん彼氏の事が嫌いになっていくんです…」と驚愕の告白!曰く、「彼氏が革手袋を口で咥えて外していたらと思うと嫌」「彼氏と食べていたシラスの汁が体中に飛び散ったらと想像すると嫌いになる」等…。

 不気味な妄想を平然と語る高田さんに、他のメンバーは「ヤバい…」、「恋愛話なのに『あるある』が1個もない」、「アンタが彼氏の事を嫌いになる話をする度に、お客さんがアンタの事を嫌いになっていく」とドン引き状態なのでした

 続いては、阿佐ヶ谷姉妹・ニッチェ・梅小鉢と、後輩芸人が呼び寄せた男性6人による合コンの模様をVTR上映。これは、人生で一度も合コンの経験がない阿佐ヶ谷姉妹に、大いに楽しんでもらおうというコンセプトで始まった…はずが、イケメン・高収入・安定した職業と3拍子揃った男性陣の登場に、思わず本気になってしまった女芸人達の華麗なる戦いが勃発!

 哀れ、個室の隅っこに追いやられた阿佐ヶ谷姉妹を尻目に、ニッチェ・近藤さんは王様ゲームにかこつけてイケメンとしっかりハグしまくり、梅小鉢・高田さんは何とKiss(未遂?)までする始末…って、おいおいヾ(゚Д゚ )

 でも、最終的には阿佐ヶ谷姉妹(妹)・美穂さんと男性参加者のカップリングが成立していた(!)から、まあ、結果オーライでよかったんでしょうか

 さて、カップリングから漏れてしまった阿佐ヶ谷姉妹(姉)・江里子さん。緊張の余りに素で爆笑発言を連発していた事をツッコまれ、「芸人だからつい面白い事を言ってしまう…」とポツリ。

 これに対し、チキチキジョニー・石原さんが「そうそう!私達ブスで他にできる事がないから、それしか取り柄がないから…」と言ったかと思うと、何といきなり号泣!突然の石原さんのマジ涙に、会場は唖然騒然、江里子さんもつられて思わず涙したのでした(´;ω;`)

 これを受けて、ラストの「イケメンとの夢を叶えまSHOW」コーナーでは、石原さんと江里子さん、ついでに(実はプライベートは幸薄いという)ニッチェ・近藤さんが、登場したイケメン二人の寸止めKiss攻撃、頭ナデナデ攻撃等を思う存分堪能。石原さんは仰向けにぶっ倒れ、江里子さんは号泣、近藤さんは感極まって膝まづく等、めくるめく至福のひと時を過ごしたお三人でした。

 …もっともお三人さん、この直後に、実は二人のイケメンの正体が後輩芸人とゲイバーのママ(えぇ~っ!)であると聞かされ、衝撃を受けていましたが(笑)。近藤さん曰く「マジで傷ついた」そうです

 ―と言う訳で、笑いだけでなく甘酸っぱい恋バナ、女芸人の哀しい生態等、いろいろな要素が詰まった「女子会ライブ」、2時間強の間ずっと笑いっぱなしの楽しいライブでした。まさか、女芸人さんのマジ涙を目撃する事になろうとは、夢にも思わなかったわΣ(´∀`;)

 今回のライブは、第1回の開催から1年半振りの復活だったそうでしたが、出演者さんは皆「そんなに間を空けずにまたやりたい。半年後位にやりたい」と語っていました。第3回「女子会ライブ」、開催を心から期待しています~(*≧∀≦*)

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : 芸人ライブ
ジャンル : お笑い

最近のヲワライ(後編)

 前編から少し間が空いてしまいましたが、引き続き、最近のお笑いについて。前編で紹介した「流れ星」(「ガキ使」の「ハイテンション・ザ・ベストテン」に登場したのは驚いたわ)の他にも、タイタン所属の女性コンビ「日本エレキテル連合」が元気ですよね~。


 まず、最初に断っておきますけど、ハッキリ言って、私、彼女らのファンでも何でもありません。でも何故か、ここ最近のお笑いライブで出くわす事がやたら多くて…(笑)。

 DVDのトレーラーをご覧になれば分かる通り、日本エレキテル連合のコントは、その独特かつ不気味なセンスが売り。あくまでも己の世界観を貫き通し、観客の共感を一切拒否しているかの様な彼女らのネタを観る度に、私は激しい衝撃を受け、背筋を凍らせていたものですよ

 日本エレキテル連合、「あなたのトラウマになる」が目標らしいですが…まさしく、私、彼女らの存在がトラウマになっています

 そんな日本エレキテル連合ですが、年始に放送された「ガキ使」の「山1グランプリ」で披露した、例の「ダメよ~ダメダメ」ネタで一気に知名度が上がった様ですね。実は私、このネタは新宿角座で観た事があるんですが、今まで観たエレキテルのネタの中で、唯一普通に面白いネタだと思いました(笑)。

 ちなみに、エレキテルに注目している有名人は多く、何とあの志村けんさんもその一人なのだとか!Σ(゚д゚lll)ウーマンラッシュアワーの事は酷評していたのに…。初DVD「シリアル電気」のセールスも千本を突破し、その人気ぶりに同期のウエストランドは焦りを隠せない様子。

 何でもウエストランド、絶賛ブレイク中のエレキテルに対して、今ひとつ人気がパッとしない事から、同じ事務所の先輩の爆笑問題・太田さんに「ウエストランドはもうダメよ~ダメダメ」と言われショックを受けたそうですキッツイな~、太田さん…。

 何だか取りとめのない文章になっちまいましたが、この記事を読んでエレキテルに興味を持ったそこのアナタ!動画投稿サイト「YouTube」にチャンネル「日本エレキテル連合の感電パラレル」が開設中ですので、是非ご覧下さい!そして、震えて眠って下さい。

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : お笑い芸人
ジャンル : お笑い

最近のヲワライ(前編)

 最近、浅井企画所属のお笑いコンビ「流れ星」がブレイク中ですね~。以前から応援していたファンの一人として嬉しい限りですよ。

 やはり、ブレイクのきっかけになったのは、昨年末に敗者復活枠で出場した「THE MANZAI」で演じた「ひじ神様」のネタでしょうね。このネタ自体は過去のライブで既にやっていた(DVDで観た事ある)んですけど、読売新聞のコラムによると、「少しずつ新しくしてきたものをぶつけた」のだとか?

 「THE MANZAI」自体は優勝を逃したものの、ライブ等の場数を踏んで、彼らが少しずつ積み重ねてきたものが、あの日の「ひじ神様」ネタで爆発したというところですかね。笑いの神様ならぬ、ひじ神様が会場に降りてきたとゆーか

 「THE MANZAI」の特番でも、司会のナイナイ岡村さんにさかんにネタ振りされてギャグを連発、爆笑をさらっていましたし、年末に観に行った認定漫才師達が集結したライブでも、登場した瞬間から客席が沸きまくって、彼らに対するウェルカム感がもの凄かったんですよね~。「面白い人達が出てきた!」みたいな…(=^▽^=)

 さてさて、今回の流れ星のブレイクは嬉しい限りなんですが、実は個人的に、ボケ担当のちゅうえいさんの一発ギャグばかりが注目されるのは不本意…と言うか、ちょっと不満に思っています。

 一昨日に開催されたタイタンのライブにゲストとして流れ星が登場していましたが、ネタの大半がちゅうえいさんの一発ギャグ披露になってしまうのは、漫才のネタとしてはちょっと勿体ないのでは…と感じました(あくまで個人的な感想なので悪しからず)。

 世間的に注目されているのはちゅうえいさんのギャグなんでしょうけど、かつての「爆笑オンエアバトル」や「エンタの味方!」で披露していた様な、ストーリーがあってしっかり聞かせる漫才もできるはずですし、どちらかというと、そちらのタイプの漫才を観てみたいというのが、私の贅沢な願いなのです。

 ま、面白ければどっちでもいいんですけど(←だったら書くな!(゚Д゚)ノ)。

 え~と、何か長くなってきたので、続きは次回に…( ´・ω・`)ノ~バイバイ

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : お笑い芸人
ジャンル : お笑い

ショック!「オンバト+」、3月で終了…Σ(゚д゚lll)

 現在放送されているお笑い番組の中でも唯一?の芸人さんによるネタ披露番組「オンバト+」が、遂に3月、最終回を迎えるそうです…(詳細はコチラ)。

 99年3月に「爆笑オンエアバトル」としてスタートして以来、15年もの間放送されてきた「オンバト」ですが、一お笑いファンとして、毎週熱心に番組をチェックしていた私としては「とうとうこの日が来たか…」という感じですね…。

 同様のネタ番組である「爆笑レッドカーペット」や「エンタの神様」が次々と終了していく中、孤軍奮闘してきた「オンバト+」―。

 しかし、思い返してみると、出演者がややマイナーな若手中心で、正直、他の番組に比べると、どうしても内容が地味という印象は否めませんでした。まあ、逆に言うと、ブレイク前夜の芸人をチェックできる貴重な番組でもあった訳ですが…。

 また、観客のジャッジによって、ネタを放送するかどうかを決めるというシビアなシステムが故に、出演するのを拒む芸人さんも多いらしい…という話を聞いた事もあります。

 そういう諸々を考えると、むしろ「他のネタ番組がことごとく討ち死にしていく中、今までよく放送を続けてきた!よく頑張った!」と、スタッフの皆さんの努力を称えるべきなのかも知れませんね~。

 今はただ、スタッフの方の「今後も若手芸人を応援、発掘するネタ番組を企画制作していきます」、「4月からしばらくの間、若手中心のネタ番組はNHKから姿を消しますが、きっと新しい番組で戻ってきます! 少しだけ待っていてください」というメッセージを信じて、新たなるネタ番組の登場を待ちたいと思います。

 …それにしても、「オンバト+」の後番組が、4月からレギュラー化するウッチャンのコント番組「LIFE!~人生に捧げるコント~」の再放送とは…。「オンバト」ってウッチャンの番組の再放送以下の存在だったって事ですかい?(涙)

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : お笑い番組
ジャンル : お笑い

今日知って驚いた事(でも世間的にはどーでもいい事)




 お笑いコンビ「ピース」のボケ担当・又吉は、実はツッコミ担当の綾部より体重が重い。あんな痩せてるのに…。




↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : お笑い
ジャンル : お笑い

プロフィール

かなぶん

Author:かなぶん
平凡なアラフォー男子・かなぶんが、趣味の漫画、お笑い、B級グルメや特撮について書き散らかし、責任は一切取らないブログ。

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

猫のいる生活まとめ ~旧ちゃい日記~

雑多倉庫

池袋グルメ探検隊

戦士のズル休み

Re:BAD TASTE♥

ユッカリーナのヨガ的雑記帳

ライスクッカー

やみなべ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。