スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今発売中の「テレビマガジン」の表紙

DSC_0196.jpg



 「仮面ライダーデーブスペクター」かと思って焦った。



↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 仮面ライダーゴースト
ジャンル : サブカル

似てない?

 

 「仮面ライダーゴースト」と「生物彗星WoO」のアイ吉。某五輪のエンブレムもビックリの酷似っぷりだと思うが…。



↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : 平成仮面ライダー
ジャンル : サブカル

新ライダー「仮面ライダーゴースト」は




 新ライダー「仮面ライダーゴースト」のビジュアルが出回っているが、俺には「パンツを被った変態仮面ライダー」にしか見えん!




↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : 平成仮面ライダー
ジャンル : サブカル

ヒーローたんじょうのひみつ!

 かのウルトラマンが地球に留まった理由は、怪獣ベムラーの追跡中に誤って死なせてしまったハヤタと一心同体になったためでした。また、ショッカーに改造された後脱走した本郷猛は仮面ライダーと名乗り、ショッカーとの戦いに身を投じました。

 このように、特撮ヒーローには各々、そのヒーローならではの誕生にまつわる様々なエピソードが存在するものです。

 しかし、ヒーローの中には「え、何それ?どーいう事?」と思わずツッコみたくなる様な、妙な誕生エピソードを持つ者も存在します。今回は、そんな一風変わったヒーロー達を紹介したいと思います。

◆鉄人タイガーセブン(昭和48年・ピー・プロダクション)
:人類滅亡を目論むムー帝国によって殺害され人工心臓SPによって蘇生した滝川剛が、虎の頭部を持つ戦士・タイガーセブンに変身、帝国の送り込むムー原人達に戦いを挑む。

鉄人タイガーセブン DVD-BOX DIGITAL NEWMASTER EDITION鉄人タイガーセブン DVD-BOX DIGITAL NEWMASTER EDITION
(2002/02/22)
特撮(映像)

商品詳細を見る

 ホラータッチの演出や終盤のハードな展開から、一部で根強いファンを持つ「タイガーセブン」ですが、宿敵ムー帝国の存在が世間に認知されていないが故の、主人公達の社会的な立場の弱さがまず印象的です(町をバイクでパトロール中、騒音で通報された挙句、お巡りさんに締め上げられる主人公って…)。

 また、肝心のタイガーセブンのビジュアルも、虎の頭とピッチリ全身に張り付いた青いタイツ状のスーツというスタイルから、何だかヒーローというより、地方自治体のゆるキャラに見えて仕方がないと言うか

 で、タイガーセブン誕生の経緯ですが、これが「砂漠でムー原人に殺害された剛が、ムー帝国を研究していた考古学者の父・滝川博士によって、博士がミイラ蘇生用に用意していた人工心臓SPを移植され、タイガーセブンとして復活した」とゆーもの。

 う~ん、なるほど…と一瞬納得しかけたが、ちょっと待てぃ!「ミイラ蘇生用の人工心臓」だと?それじゃ、もしも当初の予定通り、ミイラに心臓を移植してたら、ミイラがタイガーセブンになって復活していたって事か!?

 いやまあ、一応、博士はムー帝国に殺される際、剛に形見として古代の虎のペンダントを渡していたので、タイガーセブンに変身できるのは形見のペンダントの神秘的なパワーのお陰とも受け取れる(コミカライズ版はそういう解釈だそうです)けど、その辺の説明は本編中一切ナシ!お、親父よ、あんたは一体何をしたかったんだ~!?

◆ザ・カゲスター(昭和51年・東映)
:影から生まれたヒーロー・カゲスターが、相棒の女性ヒーロー・ベルスターとペアを組み、奇怪な犯罪者や悪のサタン帝国の怪人達と戦う。

ザ・カゲスター Vol.1 [DVD]ザ・カゲスター Vol.1 [DVD]
(2008/06/21)
特撮(映像)、立花直樹 他

商品詳細を見る

 元々アニメとして企画された(ウィキペディア情報)ためか、カゲ・ベルコンビの独特なデザインや、カゲスターを生み出す主人公・姿影夫がサラリーマンで、相棒・ベルスターの本体である風村鈴子に頭が上がらない(影夫は社長令嬢の鈴子の秘書なので)等、従来の東映ヒーローとは異なるテイストを持つ「カゲスター」。

 それでは、カゲスター達は如何にして誕生したのでしょうか?実は「主人公達が高圧電流を浴びたショックで、彼らの悪を憎む心が影に宿り実体化、カゲスターとベルスターが誕生した」んだって。

 あ~、確かに高圧電流を浴びると、よくヒーローが生まれるよね… って、そんな訳ねーだろっ!!Why!? Japanese People,Why!?(←厚切りジェイソン風)高圧電流を浴びたら、悪を憎む心が影に宿って実体化って、一体どういう理屈だよ!?

 大体、電気を浴びるとヒーローが生まれるなら、諸星あたる(うる星やつら)の周りはヒーローだらけになるわ!NEXTっ!!

◆恐竜大戦争アイゼンボーグ(昭和52年・円谷プロダクション)
:突如復活し人類を襲い始めた、帝王ウルル率いる恐竜軍団。事故によってサイボーグ化された立花善・愛の兄妹は、D戦隊の一員として、戦闘マシーン・アイゼンボーグ号を駆り、軍団に立ち向かう。

恐竜大戦争アイゼンボーグVOL.1 [DVD]恐竜大戦争アイゼンボーグVOL.1 [DVD]
(2013/06/21)
上恭ノ助、麻上洋子 他

商品詳細を見る

 特撮の老舗・円谷プロ制作の「アイゼンボーグ」は、キャラクターをアニメ、戦闘シーンを実写特撮で表現したり、敵の恐竜と戦うのが巨大ヒーローではなくマシーンである等、これまた異色作として知られています。

 当初の設定は、恐竜との戦闘時に善と愛が合体、アイゼンボーグマンに変身(と言っても等身大で、顔も人格も善そのまんまなので、あんま変身感なし。ちなみにその間、愛の意識はアイゼンボーグ号のコンピューターに宿る)、アイゼンボーグ号を操るというものでした。

 しかし、マシーンそのものを敵と戦う主役のヒーローとして描くのはやはり無理があったらしく、視聴率不振によるテコ入れの結果、円谷お得意の巨大ヒーロー・アイゼンボーが(唐突に)後半登場します。

 それでは、アイゼンボー誕生の秘密とは?それは敵の猛攻に死を覚悟したアイゼンボーグマンが「死ぬ時は妹と一緒だ!」と愛の宿ったコンピューターに体ごと飛び込んだ直後、いきなりアイゼンボーが現れる―というものでした。って、えぇ~っ!?

 何でも、このエピソードの前に重傷を負った愛が手術で高圧電流(←またかよ!)を受けた事によって、アイゼンボーへの巨大化変身能力を得たんだそうですが…ぜ、全然説明になっていない…。って言うか、万能過ぎて凄ぇな、高圧電流

 でも、ピンチになったからって、いきなり戦闘中に兄妹揃って心中しようとするのも、ヒーローとしてどうかと思うんですが。

 ―え~、いかがだったでしょうか?今回紹介した3作品は、いずれも特撮ヒーロー作品が乱立した70年代に制作されています。

 これら風変わりな、しかし愛すべきヒーロー達が生まれたのも、数多のライバル作品との激しい競争を生き残るために、制作会社のスタッフさんが知恵を絞った結果なのかも知れませんね…逆に何も考えてないようにも見えるけどなっ!

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : 特撮
ジャンル : サブカル

怒ってるの?

 昨日放送の「手裏剣戦隊ニンニンジャー」第8話より。
DCIM5520.jpg

 ニンニンジャーの皆さん、こめかみに血管を浮き上がらせて、何をそんなに怒っているのかと思ったら、手裏剣のマークだったんスね。失礼しましたm(_ _)m



↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : 手裏剣戦隊ニンニンジャー
ジャンル : サブカル

「手裏剣戦隊ニンニンジャー」の主人公は





 V6の坂本昌行さんに似てる…様な気がしたけど、写真を見比べてみたら、そんなでもなかった。




↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : 手裏剣戦隊ニンニンジャー
ジャンル : サブカル

映画「仮面ライダー3号」に巨大ライダーロボが出るそうです。




 この前、こんな記事を書いたばっかなんだが…。所詮、俺が考えつくようなアイディアは、東映のスタッフがとっくの昔に思いついているって事か…。




↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : 仮面ライダードライブ
ジャンル : サブカル

「仮面ライダー4号」は飛行機に乗るそうです。



 “仮面ライダー4号”が登場 史上初の“飛行機ライダー”



 ドライブが車、4号が飛行機…これはアレだな。来年は絶対「仮面ライダーロボ」が出るな。



↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : 仮面ライダードライブ
ジャンル : サブカル

何でこんな残酷なの?ε=(・д・`*)「小説 仮面ライダー龍騎」


小説 仮面ライダー龍騎 (講談社キャラクター文庫)小説 仮面ライダー龍騎 (講談社キャラクター文庫)
(2013/09/20)
井上敏樹、石ノ森章太郎 他

商品詳細を見る


 平成14年に放送され、「13人の仮面ライダーが殺し合う」という衝撃的な展開で話題となった平成仮面ライダーシリーズ第3作「仮面ライダー龍騎」を、小林靖子さんと共に同作のライターを務めた井上敏樹先生が小説化。

 大雑把な設定はTV・劇場版とほぼ同じですが、メインキャラとなるライダーは、真司(龍騎)・蓮(ナイト)・北岡(ゾルダ)・浅倉(王蛇)・美穂(ファム)の5人に絞られ、他のライダーは出てきてもあっさり死ぬか、そもそも登場しません(ライダーは全部で何人いるのかすら定かではない)。

 また、天下の井上先生が手掛けただけあって、次々に登場するキャラ達も、いかにも井上先生らしい(?)奔放なアレンジが施されており、過去の映像の「龍騎」しか知らないファン(=俺だ、俺!)なら唖然とする事必至でありますΣ(゚д゚lll)

 「過去の事故がトラウマになってる真司」、「瀕死の恋人・恵里との無理心中を考えていた蓮(でも直後にライダーになったので一安心)」、「とことん嫌な奴の北岡」等、一癖も二癖もある人物が目白押しの本作ですが、特に強烈なのが、TV版では脱獄囚にして仮面ライダーという異色のキャラで人気を博した浅倉威(たけし)。

 本作では、何と汲み取り便所に私生児として産み落とされながら、生後7日で糞尿まみれで這い上がり、部屋に居た母親の口から体内に潜り込み、内蔵を引き裂いて殺害(えぇっ!?)したという設定。何と0歳にして堂々の殺人デビューだ!(何かスラムキングかジャパッシュみたいね

 更に、児童養護施設やホームレスの溜まり場でも無差別に殺人を繰り返し(えぇ~っ!?)ながら山中に潜伏、乗り込んできた警官隊に捕らえられるまでに多くの犠牲者を出す等、綾辻行人の殺人鬼もビックリの怪物っぷりを発揮しまくります。…あ、あの井上先生、仮面ライダーってよい子の番組なんスけど…((((;゚Д゚))))

 他にも、蓮の父親(警官)は拳銃の暴発で脳みそ飛び散らかして死んじゃうし、吾郎ちゃんは北岡の病の回復を祈る「沈黙の誓い」のため、口を黄金の糸で縫い合わせていたり…何でこう、残酷かつ猟奇的な描写ばっかりなのかと、思わず井上先生の正気を疑いたくなったのは、私だけではありますまい(笑)。

 こうした強烈にも程のあるキャラ達が死闘を展開する中、最後に残ったのは真司と蓮―。決着をつけるために二人が死闘に臨むというラストは、ちょっと映画版に近い印象でしたね。でも、恵里が目を覚ましたという事は、やっぱし勝ったのは蓮?真司…主役なのに不憫な奴…(T_T)

 ともかく、「仮面ライダー」シリーズの派生作品でありながら、やたらめったら残虐でエグい内容が非常に印象的な本作ですが、そうしたエグさも、おそらくは井上先生の過剰なまでのサービス精神の賜物(…多分)。

 井上先生が、平成仮面ライダーシリーズの過激な仕掛け人として知られる白倉伸一郎プロデューサーと組んでの仕事が多いのも、井上先生の「視聴者が観たがる刺激的なものを見せる事」を第一とする、そのサービス精神が評価されての事なのかなぁと思った次第でありました(´∀`*)

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : 特撮
ジャンル : サブカル

ホラン千秋 女子アナ全局不合格の過去




 ホラン千秋 女子アナ全局不合格の過去(デイリースポーツより)

 まあ、そりゃーそうでしょう。何しろ彼女、過去にホステスどころか、悪の組織の幹部(妖幻密使バンキュリアの分身) をやってたんだから。



↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : 特撮
ジャンル : サブカル

映画「仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ&鎧武」で戦極凌馬が復活!?

 お正月公開の映画「仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ&鎧武 MOVIE大戦フルスロットル」に、「鎧武」本編でバロンにやられて死んじゃった戦極凌馬が再登場するとの事。

 死んだはずなのに何故(?_?)と思っていたら、どうやら「メカ戦極凌馬」とやらになって復活するそうで(それにしてもダサいネーミング…)。

 「敵のマッドサイエンティストが改造されて再登場」って、どっかで聞いた展開だな~と、よく考えてみたら…何だ、それって「Dr.スランプ」のドクターマシリトじゃないですか!

 と言う訳で、きっとこんな感じで登場するのでしょう↓
DCIM4809-1.jpg
 ※ブラック・ジャックの出来損ないではありません。

 メカ凌馬が映画でどれ位活躍するかは分かりませんが、本家マシリトに負けずに、ネジとバネだけになるまで頑張って欲しいものです(´∀`*)



↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : 仮面ライダーガイム 鎧武
ジャンル : サブカル

ウィザード、東十条に来たる!Σ(´∀`;)

 今月12日(日)、地元・東京都北区は東十条商店街にて。
DCIM4787.jpg

 な、何と!仮面ライダーウィザードが13日(月)に商店街をパレードするだとっ!?…って言うか、何故このタイミングでウィザード?現役のドライブは無理にしても、せめて鎧武が来ればいいのに。
DCIM4788.jpg
 13日は小雨がぱらついていたけど、パレードは無事終わったのかしら?ちょっと観たかった気もする…

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : 特撮
ジャンル : サブカル

トライドロン、アキバに出現!ヽ(´Д`;)ノ

 4日(土)、秋葉原駅前を歩いていると、ヨドバシカメラの前に、何やら見覚えのある車が…。
DCIM4742.jpg
 おおっと!これは翌5日の朝から始まる「仮面ライダードライブ」に登場する、主人公ドライブの愛車「トライドロン」ではないか!

 角度を変えて。意外と小さいけど、カッチョいいね~一緒に写真を撮りたかったけど、先を急いでいたので、泣く泣くその場を後にしました(´;ω;`)
DCIM4744.jpg

 「ドライブ」本編ですけど、1話を観た限り、まあ「無難に面白い」って感じですね。しかし、どこからともなく現れるあのミニカーとか、唐突に「原理不明の超オーバーテクノロジー」が現れるあの展開、何とかならないんでしょうか?あれじゃ魔法ものかファンタジーでしょ。

 ライダーは基本、現代を舞台にしたSFなんだから(「ウィザード」を除く)、「このメカはこういう原理で動いている」とか、申し訳程度でもいいから、最低限の説明が欲しいと思う今日この頃。

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : 仮面ライダードライブ
ジャンル : サブカル

素晴らしき70年代特撮。「ロボット刑事」

 最近、70年代の特撮番組「ロボット刑事」をよく観ています。

ロボット刑事 Vol.1 [DVD]ロボット刑事 Vol.1 [DVD]
(2003/11/21)
特撮(映像)、千葉治郎 他

商品詳細を見る

 原作は「仮面ライダー」や「人造人間キカイダー」で知られる石森章太郎先生。ストーリーは「科学者・霧島サオリ(原作では玲子)によって作られた犯罪捜査用ロボット「K」が、警視庁の芝・新條刑事と共に、ロボットによる不可能犯罪を行う謎の組織『バドー』を追跡する」―というもの。

 「主人公のKが人間の姿にならない(=つまり、Kはいわゆる『変身ヒーロー』ではない)」、「バドーの目的は、特殊能力を持つロボットを犯罪者にレンタルし利益を上げる事」である(もっとも後半、真の目的は世界征服とか言い出すけど)等、「ロボット刑事」は従来の変身ヒーローものとは一味違った魅力があります。

 高品格さん演じる機械嫌いのベテラン刑事・芝に「機械人形」「鉄クズ野郎」等と罵られながら、ベレー帽にスーツ姿で健気に頑張るTV版のKの姿も哀愁漂いまくりですが、これに輪をかけて凄まじいのが石森先生の漫画版。こちらでのKの疎外されっぷりと言ったら、もう只事ではありません。  

ロボット刑事 (1) (中公文庫―コミック版)ロボット刑事 (1) (中公文庫―コミック版)
(1995/10)
石ノ森 章太郎

商品詳細を見る

 TV版における新條刑事といった共感者が存在しないのもひどいですが、最終決戦も、Kが葛藤の末に「人間の心の生む悪と戦うため、機械として機械の誇りを持って生きる」事を決心した矢先、Kの目前で生みの親の玲子が、バドーの犯罪の首謀者だった実の弟と共に心中(爆死)するという衝撃的な結末を迎えますΣ(゚д゚lll)

 大爆発の見開きページとKの「マザー!」という絶叫で「ロボット刑事 完」って…確かにバドーは倒されてメデタシな訳だけど、石森先生、どんだけKをいじめれば気が済むんでしょうか(笑)。

 真面目な話、玲子とバドー首領の間の誤解と和解、愛情と憎悪の入り混じったドラマ(気になる人はコチラで概略を読んでね)の前に、Kの玲子(=母親)に対する愛情は何の意味もなさなかった。純真無垢なKを無視し、人間達だけで自分達の物語を勝手に完結させるという、残酷なラストだったんですからね。

 それにしても、せっかくこれから前向きに頑張ろうと決めていたKを思いっきり突き放す、この仕打ち…ホント、漫画版って、もの凄い話だったんだな~と思うのですよ

 こうしたハードなマンガ版に比べると、TV版の内容は結構牧歌的。不可能犯罪に対し「ロボットの仕業では…?」と推理するKに対し、芝刑事ったら「ロボットが犯罪なんて、そんな夢みたいな事があるか!」とか言ってるし…毎週ロボットが犯罪を犯しているし、何よりKが目の前にいるじゃないですか!(゚Д゚)ノ

 そうかと思うと、事件が結局ロボットによるものだと判明、「わしの時代は終わった…」と自宅で落ち込む芝に、Kが「そんな事ないですよぉ~」と内山くんみたいに言ったりして(当然、芝刑事は激怒)、何かK、漫画に比べてかなり呑気かつポジティブな性格です。まあ、健全な子供番組だからね~。

 バドーの送り込むロボットも、輪っかが集まってロボットになる、その名もワッカマン(そのまんまじゃねーか!)、手が長いテナガマン、空を飛ぶヒコーマン等、単なるロボットのイメージを覆す、キュートで個性的すぎる面々ばかり

 下半身から1輪車の様にタイヤが生えてきて、猛スピード(に見えない…)で走り回るテナガマン、暗殺が得意なのにメチャクチャ目立つヒコーマンも強烈ですが、個人的に印象的なのは、椅子に変形するコシカケマン(イスマンじゃないんだ)。

 座った人間を電気椅子の様に感電死させるコシカケマンですが、事件に関係する少年の誘拐にしくじると、突然標的を少年の学校の女教師に変更!車輪付きの椅子に変形、女教師を背後から抱きかかえながら路上を走り去っていくシーンは大爆笑ものでした!これじゃ犯罪ロボットっていうか、単なる痴漢ロボットだよ(笑)。

 70年代前半は実に多くの特撮番組が放送されていた時代なんですが、この「ロボット刑事」も、独特の個性を発揮していたんだなぁと感心してしまった次第です。まだ前半しか観ていないんで、後半が楽しみだわ~o(^o^)o

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : 特撮
ジャンル : サブカル

今週の「仮面ライダー鎧武」を観て思った事。




 要するに湊耀子って、「ジョジョ」第3部におけるエンヤ婆の様なキャラなのだね(でも、DIOと違って、戒斗はカッコつけてるだけの単なるイタイ奴だと思いまちゅ)。



↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : 仮面ライダーガイム 鎧武
ジャンル : サブカル

今度のライダーは…え?ドライバー??その名は「仮面ライダードライブ」!

 8月28日(木)、秋から放送開始する平成仮面ライダーシリーズ・第16作「仮面ライダードライブ」の制作が発表されました!(詳細はコチラ

 まずは、初公開されたライダーのデザインについて。無難にカッコいいデザインと言うか…かつて龍騎やファイズ、ブレイドを初めて見た時程の衝撃はなかったです、ハイ。「メタルヒーローっぽい」という声が多いらしいですけど、個人的には「ゴーバスターズのレッドバスターに似てるねぇ」と思いました

 そんでもって、肝心の内容ですけど、今回のライダーは警視庁に所属する刑事で、史上初、バイクではなく車に乗るライダーとの事―。思わず「車は禁じ手っつっても、RXが車(ライドロン)に乗ってましたけどっ!?」とツッコみたくなったのは、私だけではありますまい。

 要は「バイクに全く乗らないライダー」は初めてって事なんでしょうね。でも、過去のタックルの存在を無視して「初の女性ライダーはファム」とか言ってた事例もある訳で、最近のライダーにおける「史上初」って、実はあんまり当てにならん気がする。ぶつぶつ。

 まあ、確かに刑事と言えば車というイメージがありますし(←そうか?)、ロボット刑事Kだってジョーカーって空飛ぶパトカーに乗ってましたし、バイクに乗ってる刑事と言うと「爆走!ドーベルマン刑事」か「西部警察」の舘ひろし位しか思いつかんよね。

 閑話休題-。今回、刑事が主役という事で「今までにも氷川誠(アギトのG3)とか警察関係者がライダーになる話は過去にあったし、ゆうても題材に新鮮味が足りないんじゃ…」という印象があったんですけど、メインライターを「仮面ライダーW」の三条陸さんが務めるというではないですかっ!

 「W」と言えば、平成ライダーシリーズでも特に傑作との呼び声が高く、私も大好きな作品。車がどうとか題材がどうとか気になる点があっても、三条さんが脚本を書くならノー問題です!何か一気に期待値が高まりましたよ~。こりゃあ、放送開始が待ち遠しいわ(´∀`*)

 「仮面ライダードライブ」は、10月5日(日)朝8時、テレビ朝日系にてスタートです。

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : 仮面ライダードライブ
ジャンル : サブカル

ゴジラと並ぶ日本特撮の雄!「ウルトラマンフェスティバル2014」

 「ゴジラ展」の直後に、私・かなぶんが向かったイベント―。

 それは、同じ池袋サンシャインシティで開催されていた、この「ウルトラマンフェスティバル2014」です!
DCIM4316.jpg

 入場すると…おぉ!ピグモンにブースカ、ダウンタウンの浜ちゃん…じゃなくてM1号らが、ウルトラファミリーの住む光の国にご到着~(ノ゚ο゚)ノSo Cute!
DCIM4319.jpg

 放送中の「ウルトラマンギンガS」に登場する、最新のウルトラマン・ウルトラマンビクトリー。 
DCIM4331.jpg

 ウルトラマングレート・パワードと、二人に羽交い締めにされてくすぐられる(?)パワード版バルタン星人。
DCIM4322.jpg

 コレ誰?と思ったら、悪のウルトラマン・ベリアルが、まだ悪に染まる前の姿だそうです。う~む。
DCIM4327.jpg

 怪獣人形劇「ウルトラP」のキャラクター達。ミクラス、キララ、ヤドカリン…こちらもSo Cute♥
DCIM4324.jpg

 ビーコン、グドン、ドリームギラスにウルトラ怪獣最強説が根強いセブンガー。
DCIM4334.jpg

 コイツは一体何者!?ヽ(´Д`;)ノ何かバルタン星人っぽいけど。
DCIM4335.jpg

 と思ったら、「大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティア」に登場するバルタンバトラー・バレルだそうです(→コチラを参照。ちなみに声は花京院)。いろいろメディア展開してるのね~。もう、オジサンはついていけんよ
DCIM4336.jpg

 今度は「ウルトラハワイ」!?サイトを観たけど、結局一体どーいう企画なのか、さっぱり分からん(?_?)
DCIM4337.jpg

 おなじみウルトラファミリー。馴染みの薄いキャラも多い中、この辺の人達を見ると何かホッとするわ(´∀`*)
DCIM4338.jpg

 グッズ売り場には、何故か学資保険の窓口が。もはや、ウルトラマンと何も関係ない気が(笑)…これも多様なメディア展開の一環なのか!?
DCIM4339.jpg

 面白かったと思いつつ会場を出ると、出口には「マグマ商店」がっ! マグマ星人が商品にサインをしていました。昔はセブンを戦闘不能にしたのに、意外といい人なんだね(・∀・)
DCIM4341.jpg

 会場そばの「ウルトラマンカフェ」では、ウルトラの母がお出迎え ちなみに、こう見えてこの人、14万歳だそうですΣ(゚д゚lll)
DCIM4343.jpg

 と言う訳で、この後、映画「るろうに剣心」を観に行く関係で、あまりじっくりと展示を見られなかったんですけど、会場は(「ゴジラ展」と違って)家族連れを中心にギュウギュウの大混雑で、「ウルトラマンの人気は今だに衰えていないなぁ」と思いましたね~。

 これはやはり、前述の「大怪獣ラッシュ」やら「ウルトラハワイ」やら、様々なメディア展開を行う事で、ウルトラマンというキャラクターの根を絶やさぬ様、関係者の方々が努力しているお陰なんでしょうね。こうした努力がある限り、ウルトラの人気は不滅かも知れませんな


↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : ウルトラマン
ジャンル : サブカル

怪獣王の歴史を体感!「大ゴジラ特撮展」@池袋サンシャインシティ

 池袋サンシャインシティで開催中の「大ゴジラ特撮展」を観に行ってきましたよ!
DCIM4289.jpg
 イベントの概要はコチラをご覧いただくとして、今回の「ゴジラ展」、映画本編に登場したスーツや撮影に使用された貴重なプロップ等が多数展示され、怪獣王ゴジラの歴史を体感できるとの事。

 一体どんな展示に出会えるのかとワクワクしつつ、池袋サンシャインシティの文化会館の中に入ると…おおぅ!ゴジラとモスラのジオラマ!実際に撮影に使われたスーツは大迫力!Σ(´∀`;)
DCIM4295.jpg

 ゴジラもデカいが、
DCIM4297.jpg

 この成虫モスラも大きい!
DCIM4298.jpg

 続いて「ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃」のジオラマ。まずはバラゴン。
DCIM4299.jpg

 正面から見ると、ちょっとパグ犬っぽい(▽・w・▽)
DCIM4300.jpg

 キングギドラ。
DCIM4301.jpg

 ゴジラ。「大怪獣総攻撃」におけるゴジラは戦争で死んだ怨霊の集合体という設定なので、白目を剥いた恐ろしい形相なのだ((((;゚Д゚))))
DCIM4305.jpg

 さらに、「ゴジラ FINAL WARS」のブースへ。まずはガイガン。昔に比べて何かスリムだね~夏バテで激ヤセしたのか!?
DCIM4307.jpg

 ゴジラとヘドラ。後ろのヘドラがヨタっている…。
DCIM4309.jpg

 モンスターX(その正体はカイザーギドラ)。
DCIM4311.jpg

 アンギラス。ちょっとカワイイ
DCIM4312.jpg
 この他、旧「ゴジラ」で芹沢博士が身に付けていた潜水ヘルメットや靴といった貴重な小道具、公開中のハリウッド版ゴジラの展示、そして等身大の円谷英二監督の人形(…何故?)等もありました。

 グッズ売り場。
DCIM4313.jpg

 Tシャツ。右端のジェットジャガーの陰険な笑顔(?)が素敵。
DCIM4314.jpg

 今回の「ゴジラ展」、イベントとしてはそれなりに面白かったんですけど、会場の広さの割にやや展示が寂しい印象を受けました。展示物も(マニア的には)貴重なものが多かった様ですけど、見て楽しいかというと「?」な感じでしたし…。

 と言う訳で、「ゴジラ展」を後にした私・かなぶんは、近くでやっていた別のイベントの会場に向かったのでした。そのイベントとは…(次回に続く)。



↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : 特撮
ジャンル : サブカル

昨日知ってショックだった事Σ(゚д゚lll)







 「ウルトラマン」に登場する科学特捜隊のムラマツキャップが、俺より年下(36歳)だった事。






↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : ウルトラマン
ジャンル : サブカル

今度の「劇場版 仮面ライダー鎧武」の舞台は、「サッカーで勝敗を決する世界」だそうです。





 それを聞いて、「コスモスストライカー」を思い出したのは俺だけ?




↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : 仮面ライダーガイム 鎧武
ジャンル : サブカル

プロフィール

かなぶん

Author:かなぶん
平凡なアラフォー男子・かなぶんが、趣味の漫画、お笑い、B級グルメや特撮について書き散らかし、責任は一切取らないブログ。

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

猫のいる生活まとめ ~旧ちゃい日記~

雑多倉庫

池袋グルメ探検隊

戦士のズル休み

Re:BAD TASTE♥

ユッカリーナのヨガ的雑記帳

ライスクッカー

やみなべ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。