スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある日のお弁当(叙々苑)

↓クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

おたく(ヲタク)日記 ブログランキングへ


 職場で、叙々苑の「ビビンバ肉重弁当(1,000円)」を注文。
べんとう (1)

 中身はこんな感じ。
べんとう (2)

 この後、かなぶんがおいしくいただきました
スポンサーサイト

テーマ : B級グルメ
ジャンル : グルメ

悪趣味映画劇場「ビヨンド」

 今回紹介するのは、イタリア・ホラー映画界の巨匠として知られるルチオ・フルチ監督の1,981年の作品「ビヨンド」であります(ビヨンドとは、Beyond=あの世、来世の意)。

 私・かなぶんは、20年程前の高校時代に本作を一度観ているんですが、ストーリーの難解さについていけなかった記憶がありました。で、最近改めて観直したところ、難解なのではなく、単に説明不足で意味不明なだけだと納得した次第です。あのクエンティン・タランティーノ監督も本作の大ファンだそうで、やっぱ分かってるよなぁ、タラ監督は!

<ストーリー(Wikipediaより引用。一部筆者補足)>
 1927年。ルイジアナ州にある「セブン・ドアーズ・ホテル」に滞在していた画家シュワイクが、突然村人の襲撃を受け、凄惨なリンチの後に処刑された。

 それから54年後。叔父の遺産として、閉鎖されていた「セブン・ドアーズ・ホテル」を相続したライザは、営業再開に向けてホテルの改修工事を進めていた。しかし、奇妙な出来事が相次ぎ、工事は思ったように進まない。

 塗装工が原因不明の転落事故を起こし、水浸しの地下室で腐乱死体が発見され、ライザにホテルを去るように警告する盲目の女・エミリーが現れ…。ライザと彼女に協力するマッケイブ医師は謎を探るが、ホテルに関わった人間は、次々とおぞましい最期を遂げていく。

 実は、このホテルにはこの世と地獄を繋ぐ7つの門があり、54年前に村人に殺された画家シュワイクは、門の番人だったのだ…。

 やがて、地獄の門が開き、死者の群れが次々に蘇り人々を襲い始めた。必死に逃れるライザとマッケイブだが、逃亡の果てにいつの間にかたどり着いたのは、全てが始まったあのホテルの地下…。振り返れば、今来た道はどこにも無く、ただ屍の転がる大地が広がるのみ―。二人は地獄の荒野に呆然と立ち尽くすのだった…。

 物語は「地獄の門の開放」というテーマを軸に展開しますが、ヒロインのライザと彼女に協力するマッケイブ医師は、続発する怪奇現象に終始翻弄されるのみ。

 また、資料やネットの情報では、シュワイクは地獄の門の番人との事なんですが、そもそも彼が地獄の門が開かないよう見張っていたのか、それとも逆に門を開けようとしてたのか、本編を観ただけではハッキリ分からない(ちなみに、前述の「地下室の腐乱死体」も彼です。54年も前に死んでるくせに肉付きがいいし、この後、元気に生き返ります)。

 更に、物語の鍵を握るかと思われたエミリーも、結局正体が明らかにならない(ライザを助けようとしているように見える反面、地獄の門を開こうとする魔性の者達と通じているような描写もある)まま、連れていた犬に喉笛を食いちぎられて死にます。

 このように、万事が説明不足で非常に分かりずらい映画なんですが、そこはストーリーの整合性云々より、ショッキングな映像で観客のド肝を抜く事に血道を上げるフルチ監督。その独特過ぎる演出技法は本作品でも冴え渡りまくり、全編犠牲者のありえねー死に様が続出です!

 冒頭からして、シュワイクが村人から壁に両手首を釘づけされた挙句、煮えたぎったセメントを顔面にぶっかけられる(大体、何でセメントをグツグツ煮込む必要があるんだ)、壁からいきなり手が出てきて顔面鷲づかみ&目ン玉くり抜きのコンボ、高い棚の上に置かれた瓶から大量の硫酸がこぼれてきて(そんな凄ぇ不安定なところに普通置かないでしょ)顔面が溶けてイチゴシェイクになる、タランチュラがわさわさ群がって来て顔面を食い荒らす(犠牲者は何故か無抵抗)等…。

 よくもまあ、こんなメチャクチャ且つ不条理な殺し方が思いつくもんだと、フルチ監督の奔放過ぎる想像力にある意味感心させられますが、何しろ地獄の門が開いて、この世とあの世が繋がっちゃったんだから、どんな理不尽な現象も朝飯前なんでしょう、きっと。

 それに内容が支離滅裂で意味不明な一方で、そこかしこに妙に印象的でカッコいい場面があるんですよ。特に、世界が地獄と化す絶望的なラストシーンは、荘厳なBGMと相まって、何か格調高く芸術的な映画を観ているかのような感覚を覚えますが、当然そんなもんは単なる錯覚なのでした。

 “汝は暗き海に向かい とこしえに さまよわん”

↓クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

おたく(ヲタク)日記 ブログランキングへ

テーマ : ホラー
ジャンル : 映画

おとといの「特命戦隊ゴーバスターズ」

 おとといのゴーバスターズ、RH-03ラビットがバスターアニマル形態で、敵メガゾードに後ろ足を向けて、蹴りをブチ込んでましたね。

 私、あの時、「ウサギなんだから、大量のフンをマシンガンみたいに発射するのかな!?」って予想したんですけど…違ってやんの、ちぇっ。

↓クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

おたく(ヲタク)日記 ブログランキングへ

テーマ : 特命戦隊ゴーバスターズ
ジャンル : サブカル

ある日の夕食(西新宿 新高揚)

↓クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

おたく(ヲタク)日記 ブログランキングへ


 今時、あっさりしょう油スープなんて流行らない…

 そんな風に考えていた時期が俺にもありました

 先日、西新宿の「新高揚」で夕飯を食べました。
①みせがまえ

 新高揚は40年以上の歴史を持つ、
 ラーメンとつけ麺の老舗です。

 メニューです。餃子等のおかずも充実していますが、
 やはりこの店の売りは“ぱいくー(豚ロース肉の唐揚げ)”です。
②メニュー (1)

 今回注文したのは、ぱいくーつけめん(1,312円)。
③ぱいくーつけめん

 麺とぱいくーのアップ。
④めんとぱいくー

 麺はもちもちですこれを…
⑤めんを (1)

 あっさりしょう油味のスープにIn!
 食べま~す!美味し!
⑥めんをつける

 ぱいくーはあっさりスープと対照的に、
 単独だと結構油っぽい感じ。
⑦ぱいくー

 ところが、この2つが合わさると、美味いんですよ~。
 あっさりと油の相乗効果!
⑧ぱいくーをつけて

 ぱいくーがスープを!スープがぱいくーをひき立てる!
⑨めんとぱいくーを

 「ハーモニー」っつーんですかあ~
 「味の調和」っつーんですかあ~っ
⑩たべつづける

 普通盛りでも十分なボリューム。
 完食ですご馳走様でした~!
⑪ごちそうさま

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

猫は意外と…

 猫は意外と…



 胴が長い。
neko.jpg



↓クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

おたく(ヲタク)日記 ブログランキングへ

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

R-1ぐらんぷり2012・感想

 20日、R-1ぐらんぷり2012決勝大会が開催され、吉本所属のお笑いコンビ「COWCOW」・多田健二さんの優勝で幕を閉じました。

 毎年思うのは、「ピン芸人日本一を決める大会なのに、何かこじんまりとしてるなあ」って事。歴史が長い割に、優勝後に大ブレイクした人は少ない(いない?)みたいだし…。

 で、今回の感想も…個人的にはちょっと「う~ん」って感じ。

 誰とは言わないけど、「芸は上手いけど面白くはないんじゃないの?」と、いうネタもあったし、「ただ下品で意味不明なだけじゃねーか!」というネタもあったし、「いつもとフォーマットいっしょだね…」いうネタもあったし(あくまでも私の印象なので悪しからず)。

 だが―それでも!やっぱりスギちゃんが大活躍してくれたのは嬉しかった!吉本芸人達を向こうに回して、芸歴18年の意地を見せてくれましたね~。

 ちょっと見覚えのあるネタが多かったし、今一つお客さんの反応が鈍いかな?という場面もありましたけど、あのメンバーで準優勝は凄いっスよ。これを期に、露出が増えてくれるといいですよね(あ、でも同じブロックだったヒューマン中村さんも、初めて観たけど面白かったわ。クララがtap danceって…)。

 多田さんの優勝は、まあ順当でしょうかね(最後の審査、木村さんのアレは一体何だったんでしょうか)。勢いや手数の多さ、キレの良さが評価されたんでしょう。

 私、一応、多田さんの優勝を予想していたんですけど、まさか本当に当たるとは思ってなかったです。

 あ、それと、最後に一言。キャプテン渡辺は残念だったなあ…。

↓クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

おたく(ヲタク)日記 ブログランキングへ

テーマ : お笑い番組
ジャンル : お笑い

ネタ芸人のあしたはどっちだ!?

 数年前の「爆笑レッドカーペット」や「エンタの神様」の終了は、いわゆるネタ芸人さん達に大ダメージを与えていたようです。

 例えば、昨年開催された「THE MANZAI 2011」で決勝進出を果たしたコンビ・磁石(ボケの永沢たかしさん、ツッコミの佐々木優介さんの2人組。かなぶん一押しの実力派です!)は、情報サイト「お笑いナタリー」のインタビューで、次のように話しています。

(以下引用)
永沢「(2011年は)ネタ番組がだいぶ減っちゃったんで、やることがなくなった感はありました。ライブとかで頑張るしかないかなっていう1年だった気がしますね。M-1も終わって、2011年の最初のほうは『何しようか?』っていう感じでした」

(聞き手:やっぱりネタ番組が減った影響は大きかったんですね)
「そうですね。まあ腐らないで毎月ちゃんとネタ作ったり、単独ライブもやったりした結果、そこで作ったネタがTHE MANZAI 2011の予選を通過したんで、結果としては良かったんではないかなと思いますけど。まあ暇でした。けっこう暇だったよね?」

佐々木「まあー、地獄でしたね」

 「地獄」って、アンタ!お二人ともさらっと語ってますけど、現実、社会人にとって、仕事がないっていうのは、死活問題ですよ。

 勿論、トーク番組がバラエティの主流になっている現状を否定する気は毛頭ありませんよ。「アメトーーク」や「内村さまぁ~ず」(あ、トーク番組じゃない?)も毎週見ている位好きですしぃ。

 でも、その一方で、「ネタしかできない」という判断で、実力がある芸人さん達にスポットが当たらなくなるのは、何とも勿体ない話。何とかならないものか、この現状…?

 ところがところが、ここ最近、何故か「爆生レッドカーペット」やTBS系「芸人ベストパフォーマンス」等、ネタ系の特番が立て続けに放送されているじゃあないですか!?

 何か、ネタ番組復活の予感を感じるのは―私だけでしょうか?

 しかも、4月には、あの「エンタの神様」もスペシャルとは言え復活するんだからね!サンドウィッチマンや陣内智則、ナイツの新作ネタ、楽しみだな~!惜しいのは、タカアンドトシとかトータルテンボスがいない事だな…。

 前述の磁石も含めて、ネタ番組を定期的に楽しめるようになったら嬉しいなあ。

↓クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

おたく(ヲタク)日記 ブログランキングへ

テーマ : お笑い番組
ジャンル : お笑い

東京都新宿区西新宿のハンバーグカレー

↓クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

おたく(ヲタク)日記 ブログランキングへ


 カレーにハンバーグが乗っかって出て来た…
 
 あなたならどうする…?最高だった…
  
 先日、またしても「もうやんカレー大忍具」へ。

 お目当ては、この…
メニュー
 「ハンバーグカレー」です!
 ハンバーグとカレーの奇跡のタッグが、今、実現!

 注文して待つことしばし―

ハンバーグカレー
 遂に登場、これがッ!これがッ!
 これがハンバーグカレー(1,450円)だッ!
 カレーの海に浮かぶ、夢のハンバーグ島…

 ちょっと寄って見てみましょう。
ハンバーグ
 ハンバーグ単品でも、立派に商品として通用しそうなクオリティですよ~
 ちなみに、チーズと目玉焼きの、どちらかのトッピングを選べます!

 このハンバーグさんを半分に割ると…。
肉汁ぶわ
 肉汁がぶわわわわ~っとほとばしりました!これはまさに、白鳥ならぬ肉汁の湖…
 とろけるチーズも、たまりませぇ~ん!

 いただきま~す
スプーン

 美味し~いムシャムシャ行っちゃいますよ~。
 肉汁とカレーのミックス、最高!
半分

 完食。お腹一杯、大満足!ご馳走様でした
完食

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

舞城王太郎版「ジョジョ」の行方は?


 昨年、人気作家が「ジョジョの奇妙な冒険」を小説化する「VS JOJO」という企画がスタートし、秋に上遠野浩平さん、年末に西尾維新さんが書いた小説版「ジョジョ」の単行本がそれぞれ発売されました。

 が、ラストを飾るはずの、舞城王太郎さん作「ジョジョ」の情報が一向に入ってきませんね(3月15日現在)…。

 これって、まさかですけど、年末に発売された西尾版の小説「JOJO'S BIZARRE ADVENTURE OVER HEAVEN」の評判がアレなせいですかね?

 来月に、新書で「ジョジョの奇妙な名言集」が発売されるって事は、舞城版が出版されるのは早くて夏位でしょうか。ひょっとして、「名言集」って舞城版執筆のための時間稼ぎじゃねーの?とか、「OVER HEAVEN」の評判ががアレなせいで、集英社が出版に腰がひけてんじゃね?とか、ゲスの勘繰りめいた妄想をしてしまう今日この頃。

 いや、個人的には「OVER HEAVEN」、結構楽しめたんですよ。「母親を軽蔑しつつも、結局は母親を愛さずにいられないディオ」って、面白い解釈だと思いました。

 そもそも、ディオが父・ダリオを殺害したきっかけって、母親のドレスを質に入れるよう言われた事でしょ?この時点で、ディオの中では、母親というのは大きな存在なんだと分かるじゃないスか。

 まあ、気になる点も多々あるんですけどね。部下がジャンジャンやられまくっているのに、妙に淡々と日記を書いているのが変とか、例の棺(シェルター)の謎について一つの回答が提示されているものの、「それじゃあ、エリナは漂流して救出された直後に、ディオを棺ごと海にポイ捨てしちゃった訳?」と、新たな疑問が生じてしまったりとか、「駄目だった。」はないでしょ~とか(っつーか、ポルナレフに対するアレってマジ説得だったんだ)。

 そして、最大のミステイクはやっぱ、エンリコ・プッチ神父について詳細に触れている事でしょうかね。承太郎は第6部スタート時点でプッチの事を知らないはずなのに。これ、編集部の人が「おかしいですよ~」って指摘してあげなきゃダメじゃんね?

 んでもって、舞城版ジョジョの話に戻りますけど、「ウルトラジャンプ」付録の上遠野・西尾対談によると、「凄いところに目をつけてくるなぁ!」という題材を選んでいるのだとか…!?果たして、どの部の誰が主役なのか、大いに気になりますね!

 ネットでは「第6部のエンポリオ」説とかありましたけど、私は「第2部のカーズの過去」なんてどうかな、と思いましたね。石仮面を作るに至った過程を追う!みたいな。…あんま面白くないですね、すいません。ジョジョファンの皆さんは、第何部の誰が題材だと思いますか?

 いずれにせよ、舞城版ジョジョが、こっちの勝手な妄想をブッ飛ばすような、面白い作品になる事を期待しています。だから早く発売してくれ~!

↓クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

おたく(ヲタク)日記 ブログランキングへ

テーマ : ジョジョの奇妙な冒険
ジャンル : アニメ・コミック

東京都台東区上野の油そば(←「孤独のグルメ」風)

 上野のコリアンタウンへキムチを買いに行った帰り、
 「油そば椿」で昼食を取りました。
店構え

 ここは、西新井や池袋に支店を持つ、つけ麺の有名店
 「つけ麺 椿」の系列だそうです。 

 メインは油そばとつけ麺。今回はノーマルな油そばを注文!
 まず、付属の中華スープが出て来ました。
スープ

 注文から5分強位、あまり待たない内に油そば(750円)が登場
 半熟卵や刻みチャーシュー、シナチク等が乗っかって、彩りが美しいですよね。
油そば

 見た目が綺麗なんで勿体ないですが、
 これをよ~く混ぜ合わせます(ちょっと見た目が汚くてすいません)。
混ぜた後

 麺はもっちもち腰がチョ~強い!噛み締めると、かなりの歯応えが…。
麺

 つやつや半熟卵のアップです~。
卵

 濃厚だけどしつこくなく、スルスルと食べられちゃいますよ
 意外とボリュームがあってお腹も大満足!ご馳走様でした~!
食後

↓クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

おたく(ヲタク)日記 ブログランキングへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

ねむる猫

①

②

③

④

↓クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

おたく(ヲタク)日記 ブログランキングへ

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

悪趣味映画劇場「HATCHET/ハチェット」

 今回は、2006年のアメリカのホラー映画「HATCHET/ハチェット」をご紹介しますです。

<ストーリー>
 主人公ベンは失恋の気晴らしに、友人と「深夜の怪奇沼ツアー」に参加するものの、船の座礁により他の乗客らと共に、深い森の中に迷い込む。そこは、かつてビクターという少年が非業の最期を遂げて以来、その怨霊が現れると噂され立ち入り禁止となっていた、呪われた土地であった。そして、助けを求める彼らの前に、正体不明の殺人鬼が姿を現した―!

 地元のTSUTAYAの半額デーに、「内村さまぁ~ず」といっしょにレンタル(こんな映画、正規の料金で借りたくない)。ちなみに、監督のアダム・グリーン氏は、この話を8歳の頃に思いついたそうです。なんちゅー子供じゃっ!
 
 本作は「13日の金曜日」等に代表される、「馬鹿なヤングが田舎とか湖とかに行ったら、何か怖ぇ人が出て来て迷惑かけられた!」系のスプラッター・ホラー映画です。殺人鬼の出自や舞台、ラストが「13日~」にクリソツだったり、唐突なエンディングが「悪魔のいけにえ」に酷似していたりと、あえて“昔こんな映画あったよな~”感を出そうとしている製作者側の洒落っ気を感じますな(その分、登場人物達はシャレにならない目に遭うが)。

 冒頭から町のお祭りで、ギャル達が何故か大量のOppaiを野外露出しつつ大騒ぎの真っ最中(私、あんなに沢山のOppaiを観たのは、大相撲中継以来です)。だが、フラれ気分の主人公・ベン君はギャル達に目もくれず、嫌がる友人と共にどーいう訳か怪しげな怪奇ツアーに参加します。それがまさか、生きていたビクターの待ち受ける地獄行きの旅になろうとは―!

 さて、影の主役・殺人鬼ビクター氏は、生まれながらにして、ケンシロウに経絡秘孔を突かれて爆発寸前のような個性的な顔面を持ち(ジェイソンのように仮面で顔を隠したりするケアはなし)、服装も巨体にホンジャマカ石ちゃんばりのオーバーオールのみを着用という、ワイルドだろぉなルックス。たびたび主人公達に逆襲されて、その都度激痛に悶えたり死んだりするけど、しばらくすると復活して追っかけて来るこの人、果たして怨霊なのかゾンビなのか、はたまたもの凄く体が丈夫な人なのか?一切説明は有りません。

 襲われる人達もビクター氏の顔面に負けじと、個性的な死に様を次々と披露。スコップで首チョンパされる、パロ・スペシャル(プロレス技)で両手が肩から取れる、頭部が怪力で180度回転させられて取れる、斧で右肩→左腰まで切られて取れる、怪力で口を上下に裂かれ、上あごから上の部分が取れる(直後に、残った下あごの中で舌がヒラヒラ蠢く描写あり。文章だと分かりずらいので画像参照の事)等、一度は体験してみたいものばかりです。

 画像(グロ注意)↓
犠牲者

 そんなこんなで、終盤生き残ったベンとヒロイン(父親と兄が行方不明となり、真相を探るためにツアーに参加。当の二人は、既に冒頭でビクターに殺されてる)は何とか必死こいて安全な場所に逃げようとしますが、追って来たビクター氏が墓場の外柵からへし折ってきた細長い鉄柱を槍投げのように投擲すると、ベンの足の甲から地面までブッスリ貫通!ナイスコントロール!

 哀れ、その場に固定されて動けないベンに向かって元気に突進するビクター氏でしたが、ヒロインがとっさに鉄柱をそちらに向けると(当然ベンの足の甲はメリメリ裂ける。ひでー事しやがる)、勢い余ってビクター氏は、そのまま喉から鉄柱に串刺しに!えぇ~これで終わりかよ~、勢い余るにも程があるだろ!と言いたくなりますが、そこはさすが不死身のビクター氏、これでENDな訳もなく…。

 と言う訳で、いかがだったでしょうか、「HATCHET/ハチェット」?拷問・猟奇系ホラー(「ホステル」等)全盛の昨今、珍しい位の正統派殺人鬼系の内容が逆に斬新で受けたのか、既に続編も公開済みで、第3作も製作決定だとか。ちなみに、タイトルの「ハチェット」とは小型の手斧の事ですが、ビクター氏がそれを使う場面はたったの1回だけだったりするのであった。

 …あ、それと最後に一言。いろいろ書いたけど内容スカスカのひっでー映画だから、あんま期待すんなよなっ!!

↓クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

おたく(ヲタク)日記 ブログランキングへ

テーマ : ホラー
ジャンル : 映画

東京都新宿区西新宿のアボカドカレー(←「孤独のグルメ」風)

 先日、またもや「もうやんカレー大忍具」へ。
 今回は前から気になっていたメニューを頼んでみました。それは…。
メニュー

 真ん中のアボカドカレーです!一体どんなカレーなのか、気になりますね。

アボカドカレー
 これが噂のアボカドカレー(1,300円)。カレーソースの上に1個分のアボカドが。カットされたアボカドの中には、卵と和えたタルタルソースが入っています。

 アボカド、濃厚ですね。ちなみに、アボカド以外の具は入っていません。
スプーン

スプーン2
 
 最初はよかったんスけど、皆さんもご想像している通り、非常に濃ゆ~い味わいでして…後半は「肉も食いてぇよ~」となって、正直ちょっとつらかったけど、何とか完食。

 「やっぱ俺には肉が必要だ。よし!次はハンバーグカレーに挑戦しよう!」と決意も新たに、家路に着いた五郎…じゃなかった、かなぶんでした。ご馳走様~。

↓クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

おたく(ヲタク)日記 ブログランキングへ

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

R―1ぐらんぷり決勝にスギちゃんとキャプテン渡辺が…!

 「R-1ぐらんぷり2012」決勝進出者が発表されましたね。

 友近やAMEMIYA、チュートリアル・徳井に野生爆弾・川島(←「サンゲリア」の冒頭に出てくる肥満体のゾンビにそっくり)等、ピン芸の実力派から何をしでかすか分からんダークホースまで、バラエティ豊かな芸人さん達が揃っていますが、個人的にはスギちゃんに注目しています(俺だけじゃないだろうけど)。

 スギちゃんを初めて観たのは、お正月の「レッドカーペット」特番。いわばスギちゃんビギナーなので詳しい事は余り知りませんが、何か、あの人の芸風がクセになっちゃいましてですね。ワイルドを売りにしつつも、小心者で善人っぽいところに好感が持てます。

 それとキャプテン渡辺にも頑張ってほしい!「オンバト+」でよく観ていますが、得意のクズ漫談には、思わずうなずいてしまう事もしばしばです。関係ないけど、この人、かつてUWFインター(高田延彦をトップとするプロレス団体)の練習生だったという噂を聞いたけど、本当なのだろうか。

 二人とも知名度では前述の芸人達に及ばないかも知れませんが、マイナー芸人の意地を見せて、大会をかき回してほしいものですね(と、言いつつ、優勝予想はCOWCOW多田だったりする)。

↓クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

おたく(ヲタク)日記 ブログランキングへ

テーマ : お笑い番組
ジャンル : お笑い

ある日の夕食(王子 みの麺多)※閉店しました

※筆者注:このお店は、平成24年4月に閉店しました。

 この日は北区の王子にまで足を伸ばし、知る人ぞ知るつけ麺の名店・「みの麺多」を訪れました。
みの麺多

 そのベタな店名故に、テレビ番組「ナニコレ珍百景」でも紹介されたとか何とか…。

 お店に入ると、何故か強いお酢の匂いがします。普通のラーメンやつけ麺(酸味強し)もありますが、今回は、夕方の6時半から提供されている「夜だけつけ麺」を注文してみました。
メニュー

 注文から10分弱位で、夜だけつけ麺(900円)が登場!予想外に量が多い!味噌ベースのスープに炒めた野菜と刻んだチャーシューが沢山入っています。に、しても、つけ汁の丼が麺の丼より大きいとは―。
夜だけつけ麺

 こいつに更にプラスして、水餃子(250円)もオーダー!果たして食べ切れるか!?
水餃子

 麺はもっちり、噛んだ時の腰の強さや歯応えがナイスです。
麺

 ピリ辛の味噌味スープにつけていっただきま~す。美味しいわ~
麺とつけ汁

 スープの底にはキャベツやもやし、きくらげと言った野菜の他、四角いチャーシューがゴロゴロしており、ボリュームも満点!。
チャーシュー

 水餃子も美味ナリ。お肉、詰まってます!
水餃子・断面

 麺をすする、すする!食が進む、進む!
つるつる

 少しお腹が苦しくなったけど、最後まで平らげました。さすが店名で、「麺」が「多」いと言ってるだけの事はある。ご馳走様でした!
食後

↓クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

おたく(ヲタク)日記 ブログランキングへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

『ワラネタ90分LIVE』で大爆笑!

 2月25日の土曜日、新宿Fu-で行われた『ワラネタ90分LIVE』を観に行きました。
2012022517580000.jpg

 出演者は「爆笑レッドカーペット」の常連だった漫才コンビの流れ星に三拍子、「オンバト+」でもおなじみの実力派トリオのザ・ゴールデンゴールデン等。デビューしたての若手も含めて、総勢15組のネタが披露されました。

 こういう小さなライブだと、芸人さん達のネタがお安い値段で楽しめて(今回は前売りでたったの1,200円!)、私みたいなネタ大好きっ子には嬉しい限りです。

 で、内容ですが…三拍子、ザ・ゴールデン~は凄く面白かった(三拍子は文字通りの「カルト」なネタだった。テレビじゃ無理だね)んですが、一番期待していた流れ星は…う~ん、イマイチ…。「人間とジャンボジェットの夫婦」のコント(意味不明だけど本当にそんなネタだった)は、個人的にはちょっとピンと来なかった。

 さてさて、ネタ終了後は出演者全員による告知&トーク。流れ星のボケ担当(ちゅうえいって人です)が、お題をもらえれば即座に一発ギャグを作れるとの事で、早速最前列のお客さんから「帽子」というお題が与えられました。

 ところが、ちゅうえいさんがその場で考えたギャグを披露しようとした瞬間に、ハプニング発生!な、何と最前列の端っこにいた私が思いっきりクシャミをしてしまい、余りのタイミングの良さ(悪さ?)に芸人さん達が大爆笑…。ちゅうえいさんには「これからは毎回そこに座ってクシャミしてよ!」と笑われるし、同じくツッコミの瀧上さんには「ありがとうね!」と言われるしで、いやもう、小っ恥ずかしいやら何やら…。

 しかし、芸人さんの、ハプニングをすぐさまネタに変える「笑いの瞬発力」は凄まじいね。まさか自分がネタに参加(?)する事になろうとは思わなかったぜ。

 小規模なお笑いライブは、探してみると毎日のように都内のどこかでやっていますし、意外な有名お笑い芸人が出演していることも多いです。興味のある方は一度観に行ってはいかがでしょうか?テレビとは一味違う、生のライブの魅力にハマっちゃうかも知れませんよ

↓クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

おたく(ヲタク)日記 ブログランキングへ

テーマ : 芸人ライブ
ジャンル : お笑い

27日の夕食(西新宿 もうやんカレー大忍具)

 月曜日は新宿まで足を伸ばして、青梅街道沿いにある「もうやんカレー大忍具」へ。
2012022718220000.jpg

 「もうやんカレー」は、カレー通の芸能人の間でも人気No.1の有名店。西新宿の他、池袋や渋谷にも支店があります。

 今回頼んだのは、この「全部カレー(1,550円)」。ビーフ、ポークに加え、チキン、エビ、チーズ等、主だった具材が全て乗っかった、このビジュアルに酔いしれましょう
2012022718070000.jpg

 エビもプリプリですよ~
2012022718070001.jpg

 ビーフのアップ。
2012022718090001.jpg

 具のボリュームもさることながら、野菜や果物を2週間も煮込んだという、濃厚でスパイシーなカレーそのものの美味しさが光ります

 カレーライスだけでなく、アルコールやおかず類も充実してますので、居酒屋としても利用できますよ。ご馳走様でした!

↓クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

おたく(ヲタク)日記 ブログランキングへ

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

プロフィール

かなぶん

Author:かなぶん
平凡なアラフォー男子・かなぶんが、趣味の漫画、お笑い、B級グルメや特撮について書き散らかし、責任は一切取らないブログ。

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

猫のいる生活まとめ ~旧ちゃい日記~

雑多倉庫

池袋グルメ探検隊

戦士のズル休み

Re:BAD TASTE♥

ユッカリーナのヨガ的雑記帳

ライスクッカー

やみなべ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。