スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カレーとざるそば、奇跡の邂逅!池袋「壬生」

 先日、池袋にある日本そばのお店「壬生」を訪れました。

 「壬生」はラー油を使ったざるそば等、一風変わった、いわば「創作そば」が食べられるお店との事。池袋駅から10分程歩いたところにあります。  
かんばん①

 看板には「なぜ蕎麦にラー油を入れるのか」との文句が…。
 …何故なんでしょうね(笑)
かんばん②

 ラー油入りざるそばも興味があるんですが、今回の初訪問に至ったのは、ネットであるメニューの噂を聞きつけ、「是非食べてみたい!」と思ったからでした。

 果たしてそのメニューとは何か?それは…

 この黒カレー肉そば・小(990円)です~!! 
黒カレー肉そば
 「小(そば220g)」と言いつつ、結構なボリューム…。
 まずは、この圧倒的なビジュアルをご堪能ください(笑) 
 
 そばのアップ。腰の強い日本そばの上に、沢山の海苔、ネギ、
 揚げ玉に半熟卵等が「これでもか!」と乗っかっています。
そば

 つけ汁は、いかにもそば屋らしい甘口のカレー。そこに、
 クリームやチーズ等の洋風の素材が加わり、奥の深いお味に
カレー

 具が多くて、そばを取り出すのに苦労する…
そばアップ

 カレーの底には、このように大量の
 お宝(豚肉)が隠されています~
カレー肉

 このように、カレーをからめて食べます!ご飯にも充分合いそうな
 カレーで、そばを食べるなんて贅沢ですよね~ヾ(@^▽^@)ノ 
食べる①

 どんどん食が進みますよ~!!美味しいね~ 
食べる②

 お肉もいっしょに食べれば、美味さが更に倍増~!!
 (ちょっと見た目がアレでスイマセン…)
食べる③

 夢中で食べて、あっという間に完食です!カレーと日本そばの
 奇跡の邂逅に感動する事しきりのかなぶんでした。ご馳走様~!!
完食

 お店の詳細はコチラです↓


関連ランキング:そば(蕎麦) | 池袋駅北池袋駅



↓クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

おたく(ヲタク)日記 ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : うどん・そば
ジャンル : グルメ

今度のライダーは魔法使い!「仮面ライダーウィザード」

 劇場版「仮面ライダーフォーゼ」も公開が近い事だし、そろそろかな?と思っていたら、遂に製作発表されましたね、ライダーシリーズの新作が!

 その名は「仮面ライダーウィザード」…。

 今回は「魔法」がテーマとの事で、主人公は魔法使いから受け取った神秘の指輪とベルトを使いライダーに変身!更に火・水・風・土の4つのエレメントの力を駆使し、それぞれのスタイルに姿を変えるんだとか?敵は日食の日の儀式によって生まれた魔物、そして主人公は儀式の生き残りだったりと、何気にハードな設定みたい。

 魔法、エレメントとか聞くと、どうしても過去の「魔法戦隊マジレンジャー」を連想するし、正直、題材に新鮮さは感じられないですね。「聖闘士星矢Ω」にも属性とか出てくるし、最近流行ってるんかね、こういうの。 

 件のウィザードのデザインは、ファイズと響鬼をMIXしたような無表情タイプ。コートを着ているのが面白いですね。製作発表の前にネットに出回ってたデザインは、ライダーにありがちな複眼に、プラス体中がトゲトゲしてて、何かササヒラー(©帰ってきたウルトラマン)みたいな印象だったんで、違うデザインになって一安心です。響鬼と言えば、ウィザードの脚本は響鬼の前半を担当したきだつよしさんなんですね…。

 現在放送中のフォーゼの方は最終回に向けて、友子がダークネビュラに飛ばされてしまったり、ライダー部が存亡の危機に立ったりと、物語が大きく動いていますね。いい感じで終わって、ウィザードに繋いでほしいな~。

 平成ライダーシリーズ・第14作「仮面ライダーウィザード」は、2012年9月2日(日)スタートです。 

↓クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

おたく(ヲタク)日記 ブログランキングへ

テーマ : 仮面ライダーウィザード
ジャンル : サブカル

駐車場の猫ふたたび

 外出したところ、以前猫さんに出会った駐車場を通りがかった。

 今日もいるのかな、と覗いてみたら

 いたよ。
①

 大都会・東京のド真ん中で、
 このリラックスぶり…
②

 とりあえず撫でさせてもらいましょう
 うりゃうりゃ!
③

 背中もタッチそれそれ!!
④

↓クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

おたく(ヲタク)日記 ブログランキングへ


テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

今週も「聖闘士星矢Ω」ですよっ!

 え~、24日放送の「聖闘士星矢Ω」第13話「星矢のメッセージ!お前たちに、アテナを託す!」ですがね…。

 エ、エデン~!!お前、マルスの息子だったんかよ~!?

 しかし、そもそもマルスって何者なんすかね?女神こと城戸沙織のように、神秘的な存在が人間の姿を借りているのか、それとも全く別の魔性の者か、はたまた神様なのか?エデンもまた人間ではないのか?う~ん、気になるわ~。

 そして、マルスの息子なのに、そ知らぬ顔してパライストラに通っていたとは、なかなかにイケズなヤツなんすね、エデンって…。アリアに対して何か執着している様子だけど、ひょっとして、アリアはエデンの①妹②婚約者③その他―さて、どれでしょう?

 一方、風の遺跡では、蒼摩とアリアを残し、決死の覚悟で嵐をくぐり抜けたユナと光牙でしたが、いきなり登場した栄斗が相変わらず属性お構いなしの万能ぶりを発揮し、あっさりと内部に侵入!聖闘士の技よりも、栄斗の忍法の方が役に立つって一体…。

 ちなみに、今回、登場した白銀聖闘士・ムスカのフライは、その体型と声(塩屋浩三)から、「SLAM DUNK」の高宮が思い出されたのでした。…単なる個人的な話です。スマン。結果的に、今回の戦いを通して、ユナは新たな風属性の力を手に入れたっぽいけど、ひょっとして、前作にもあった聖衣のパワーアップとかもあるんかね?

 次週はそんなユナのお師匠さん登場ですが、仮面の掟を巡る師弟の争いになるみたい。でも、ユナが仮面を脱いでいる事について、本人の葛藤とか周囲との軋轢とか何の描写もないのに、いきなり思い出したように掟の話をされても、観ているこっちは戸惑うばかりなんだが…。

 作画レベルが昔よりも向上しているんだから、その辺のドラマ部分も、も少し丁寧に描いてほしいですわ。かなぶんのお願い

↓クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

おたく(ヲタク)日記 ブログランキングへ

テーマ : 聖闘士星矢Ω
ジャンル : アニメ・コミック

躍進!「ずん」飯尾和樹

 ここ最近、お笑いコンビ「ずん」の飯尾和樹さんが大活躍ですね~。

 春の「IPPONグランプリ」に登場し、大会を引っ掻き回したかと思えば、5月に放送された特番「レッドカーペット」では、COWCOW多田さんやFUJIWARA原西さんとコラボしたり…。多田さんや原西さんもいるとは言え、「レッドカーペット」に登場した際の、会場からのウェルカム感とかビックリする位でしたよ。

 相変わらずの脱力シュール芸も受けてましたしね。「現実逃避シリーズ!あ~あ、親父がトム・クルーズだったらな~」とか…トム・クルーズだったら何だっていうんだ!!(笑)

 飯尾さんは90年代頃に「La.おかき」というコンビで活動しており、TBSラジオで放送されていた小堺一機さん・関根勤さん司会の「コサキン」にレギュラー出演していました(この時は飯尾さんはツッコミ)。しかし、独りよがりでグダグダな芸や地味なだけのキャラクターが災いしたのか、今一つ人気を勝ち取る事ができなかったのです。

 以前、「コサキン」の公開収録を観に行った事があったんですが、アドリブを振られた時も、飯尾さんったら散々困った挙句に「ノーサンキュー!」って、突っぱねてましたからね~。芸人なら目立つチャンスと思うでしょ、普通…

 その後、リスナー投票により番組降板が決まり(一説には、飯尾さんの遅刻癖がひどすぎる罰として降板との噂もアリ)、程なくして「La.おかき」も解散してしまい、当時は「このまま泣かず飛ばずで終わるんだろうなぁ」と思ったものでしたが…。

 おそらく、今の活躍に至るまでに、飯尾さんはコツコツと芸を磨いていたんでしょうね。クオリティが上がっているというか、いいタイミングでギャグを繰り出す瞬発力が、以前と全く違う印象を受けますね~。やっている芸そのものは、正直昔と大きく変わってはいないんですが、芸の方向性を変えずに、質の向上によって現在のブレイクに至っているのはスゴイと思います。

 昔を知っている者としては、何か感慨深いものがありますな。

↓クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

おたく(ヲタク)日記 ブログランキングへ

テーマ : お笑い芸人
ジャンル : お笑い

ケンシロウとシンの関係って…

 最近、「北斗の拳」の単行本を読み直しているんですが、主人公のケンシロウと、序盤に登場する強敵・シンの関係って何か不可解ですよね。

 ご存知でない方に説明しますと、ケンシロウは婚約者のユリアを、彼女に横恋慕するシンに強奪され、その際に、胸に北斗七星の形の傷を刻まれます。以来、ユリア奪還のために戦い続けたケンシロウは、遂にシンの居城に乗り込み彼を倒すものの、シンの口からユリアの自死を伝えられ、シンもまた、ユリアの後を追うように城から身を投げるのです(この後、ユリアが実は生きていたと知った時には、私も死ぬほど驚いたよ…)。

 ウィキペディアだと、「元々シンはケンシロウの良き友人だった」との情報もありますが、特に原作内にそういった描写もないし(それとも、どっかでそういう公式発表があったワケ?)、ユリアがシンに対し「あなたに想われていると知っただけで死にたくなる」とか、尋常でない嫌悪感を露にする場面もあることから、「根っからのワルであるシンが、ケンシロウと友達な訳ないっしょ~」と思っていました。

 ただ、改めて原作を読み直すと、ケンシロウって、何かシンに対する対応が甘いですよね?

 例えば、ユリアを奪われた時も、シンが自分に敵意を向けてくる事にひどく驚いているように見えるし、シンとの再戦でも、立ちふさがる悪党には限りなく残虐・冷酷なケンシロウなのに、あくまでもユリアを取り返す事のみを考えて、戦いを止めるよう忠告したり、攻撃しても秘孔は外していたりと、なるべくシンと事を荒立てないようにしている様子が伺えます。この直前には、初対面のハート様を思いっきり「ひでぶ!」にしているというのに…。

 してみると、「シン友人説」も、あながち外れではないのかも知れないですね。お人よしのケンに対して性格の悪い友達のシン、彼氏の友達・シンの性格の悪さに内心ウンザリしつつも、ケンが強く出ないもんだから、渋々シンとの友達付き合いを続けざるを得ないユリア…。何だか、これはこれで一つのドラマが隠されているようで、いろいろ妄想してしまう今日この頃のかなぶんです。

↓クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

おたく(ヲタク)日記 ブログランキングへ

テーマ : ヲタク人日記
ジャンル : アニメ・コミック

新宿中華No.1!?歌舞伎町「川香苑」

 先日、歌舞伎町にある四川中華の有名店
 「川香苑(せんこうえん)」を訪問しました。
2012051117490000.jpg
 お店は、靖国通りから歌舞伎町さくら通りに
 入って、すぐ左手にあります。に、しても、看板がド派手ですね~!

 「川香苑」は、様々な中華料理店が軒を連ねる新宿で1、2を争う人気店。グルメサイト「食べログ」でも、新宿の中華料理ランキングの堂々トップに輝いており、私・かなぶんも職場が近いので、ちょくちょく食事に訪れています。

 メニューは、定番の海老チリや回鍋肉(ホイコーロー)、麻婆豆腐や炒飯等の他、本場中国でないとなかなか食べられないような珍しいメニューも揃っているとの事。

 さてさて、今回注文したのは…
 
 まずは、四川本場タンタン麺(880円)~!
 スープがない!?Σ(・ω・ノ)ノ!実は、本場の坦々麺は汁なしが基本だとか…。
2012051117570000.jpg

 横から見たところ。
2012051117570001.jpg

 よ~くかき混ぜて食べます♪
 混ぜれば混ぜる程、担々麺は美味しくなるのだよ。
2012051118000000.jpg

 麺はきし麺のように平べったくもっちもち、
 味は酢と山椒がきいてスッパ辛い中に、青菜のシャキシャキ感や
 ナッツの香ばしさも混じった複雑な美味しさですよ~
2012051118000002.jpg

 ここで、更に焼き餃子(780円)を追加~(=´▽`=)
2012051118100000.jpg

 餃子のアップです!
2012051118100001.jpg

 早速食べるぜぇ~。
2012051118110000.jpg

 おしょう油につけて、
 いただきま~す
2012051118110001.jpg

 肉と野菜のオーソドックスな餃子ヾ(@^▽^@)ノ
 表面はパリパリ、中から肉汁がジュワワッと溢れてきて、
 オーソドックスならではの美味しさ 
2012051118120001.jpg

 と言う訳で、本場四川の中華を歌舞伎町で堪能しました!ちなみに、物価高騰のため、お料理の定価プラス10%の料金が発生するとの事です。ご馳走様でした~!!

 お店の詳細はコチラです↓


関連ランキング:四川料理 | 新宿西口駅西武新宿駅新宿三丁目駅



↓クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

おたく(ヲタク)日記 ブログランキングへ

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

かなぶん風邪をひく

 日曜日に風邪をこじらせてしまいました。

 突如として、38度3分の高熱と頭痛が発症し、一日中眠っていたのです。

 かなぶん睡眠の図↓
寝姿

 どうやら、日頃のB級グルメ三昧が原因で、栄養のバランスが片寄っていたようです。反省…。

 何しろ日曜日で病院も閉まっており、翌日月曜日には絶対に休めない仕事も控えていたので、「何とか今日中に体調を回復させねば…」と考え、コンビニで栄養剤を購入して飲んでから、早めに就寝することにしました。

 明けて月曜日、本調子ではないものの、熱も下がり、何とか1日の仕事をこなしてから、地元の病院で治療を受け、薬をもらう事もできました。

 お陰様で、今ではこんなに元気です↓
元気

 皆様も、自分の体力を過信せず、健康にはお気をつけ下さい。

↓クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

おたく(ヲタク)日記 ブログランキングへ

テーマ : 日記というか、雑記というか…
ジャンル : 日記

遂にアンドロメダ瞬が…!!

 本日放送の「聖闘士星矢Ω」第12話「受け継がれる小宇宙!伝説の聖闘士、瞬!」で、遂に前作のメインキャラの1人、アンドロメダ瞬が再登場しました!拍手~!

 ここ最近の回では、「ちょっと昔の星矢とイメージが違うような…」と思う事が多かったんですが、ここで前作の人気キャラの瞬が再登場するっていうのは、何か、昔仲が良かった友達と、思いがけず再会したような嬉しさ、懐かしさを感じましたね~。

 白銀聖闘士・ミゲル(コイツも憎々しくて、いい悪役キャラでしたね)との戦闘でも、マルスによる魔傷を負い、最早聖衣を装着できない体でありながら、命を懸けてネビュラチェーンを振るい戦うっていうのがね…瞬の優しさは昔と変わらないな~って、グッと来たですよ「星矢が守った命、紫龍が育んだ命…君達は僕の、僕達の希望なんだ」なんて台詞、瞬じゃなきゃ言えないです…。

 今回は、瞬の口から、過去のマルスと星矢達の戦いについて語られていましたが、突如飛来した謎の隕石なるものに、星矢達ともマルスとも異なる、第三勢力の存在を感じたのは私だけですかね?その辺も、いずれは物語で語られるんでしょうけど…。

 次回は、また「Ω」キャラのミケーネ(コヤツが獅子座の黄金聖闘士だという事に、いまだに違和感を感じるわ)、ソニア、そして、お久しぶりのエデンが登場するみたいですね。でも、個人的には、前作(のキャラ)があってこその「Ω」だと思っているので、今回の瞬の再登場みたいな、前作ファンへの嬉しいサービスは、これからもやってほしいなぁ。一つ頼みますよ、スタッフさん!

↓クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

おたく(ヲタク)日記 ブログランキングへ

テーマ : 聖闘士星矢Ω
ジャンル : アニメ・コミック

日本の夏、お笑いライブの夏

 夏と言えば、海に行ったり山に行ったりのレジャーを楽しむ季節ですが、私・かなぶんにとって、今年の夏はお笑いライブの季節であります(いやまあ、春夏秋冬、ライブは観に行ってるけどさ)。

 8月11日と12日には、私が以前から応援している、ホリプロのお笑いコンビ「磁石」の単独ライブ「レインボー」が、新宿で行われます。

 磁石は、ボケの永沢たかしさん、ツッコミの佐々木優介さんの2人組で、昨年開催された「THE MANZAI 2011」でも決勝進出を果たした実力派コンビ。生単独ライブは、昨年開催の「プレミア」を観に行ったのが初体験でしたが、漫才にコント、企画VTRと、手を変え品を変え、いろいろと新しい事にチャレンジしている人達だなぁと感じたものです(個人的には、コントより漫才の方が上手いと思ったけど)。

 そして、もう一組、楽しみなのが「流れ星」の単独ライブ。こちらは、ボケのちゅうえいさんとツッコミの瀧上伸一郎さんのコンビで、欽ちゃんこと萩本欽一さんや小堺一機さん、関根勤さんが有名な浅井企画に所属し、都内のお笑いライブで大活躍中です。

 昨年の9月頃に初めて単独を劇場で観たんですが、ちゅうえいさんの特徴的な動きを生かしたボケとイケメンの瀧上さんの鋭いツッコミの応酬に、コント要素の強い漫才が非常に面白く、また次の年も観たいと思っていました(その後、別のライブで1度観たんですが…その時の感想はコチラ)。

 で、こちらのライブの開催日が…は、8月の10日と11日ぃッ!?

 ひ、日にち、ほぼ重なってるじゃぁぁん!!これはどうするか…!?11日の昼間に流れ星を観て、夜に磁石を観るとか?でも、満腹すぎてお腹を壊しそうだから、やっぱり1日ずらして観ようっと!まあ、上手く前売りが手に入るとは限らないけど、しかし、2日連続でライブを楽しめるとしたら、何という贅沢な夏でしょうか…。

 ちなみに磁石の永沢さんと、流れ星のちゅうえいさんはボケ同士仲良しで、プライベートでもよく行動を共にしているそうです。でも、永沢さんのブログによると、この前、ちゅうえいさんが死んじゃったらしいので、ライブがどうなるのか少し心配です。

↓クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

おたく(ヲタク)日記 ブログランキングへ

テーマ : 芸人ライブ
ジャンル : お笑い

アナログテレビ死す

 この度、私・かなぶん宅で10年以上も使われていたアナログテレビが、その一生を終えました。

 問題のアナログテレビ↓
アナログ
 ※ちなみに、デジタル放送は、ブルーレイレコーダーを通して観てた。

 先日、かなぶんは部屋でテレビを観ながら、運動不足解消にと、軽く体を動かしていました。ところが、その際、テレビにほんの少しだけぶつかった瞬間、「ブツッ」という異音と共に、突如画面が真っ暗になり、ウンともスンとも言わなくなってしまったのです。

 一瞬、途方に暮れたものの、昭和生まれの男・かなぶんは「故障した家電は叩いて直す!」という昭和の原則に従い、早速テレビの修理に取りかかりました。

 修理の様子↓
①

②

③

④

⑤
 (注:画像は全てイメージです) 

 これらの懸命な治療の結果、テレビは一時的に復活したものの、数分後に再び沈黙。遂に物言わぬ鉄の塊と化してしまいました。おかげで、途中まで観ていた「LUPIN the Third -峰不二子という女-」第10話もお預けに…。

 「これがゆとり教育の弊害か!!」と、思わず世相をぶった斬ったかなぶんは、すぐさま愛車のサイクロン号(ママチャリ)に跨るや、都内某所の電気店を急襲、死闘の末に、遂にプラズマテレビをGETしたのでした。

 件のプラズマテレビの勇姿↓
デジタル

 これでルパンの続きも、「疑探偵TRAP」の終了が決まりガッカリする亜城木コンビの顔も、バッチリクッキリ楽しめます。

 最新家電を導入し、ますます絶好調のかなぶん先生に、励ましのお便りを送りましょう。

↓クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

おたく(ヲタク)日記 ブログランキングへ

テーマ : どうでもいい報告
ジャンル : 日記

住宅街の隠れた名店…東十条「麺屋 力」

 先日、JR京浜東北線・東十条駅の程近くにできた
 「麺屋 力」(めんやりき)に、ランチを食べに行って来ました♪
みせがまえ

 お店は東十条駅から歩いて
 数分、住宅街の一角にあります。

 入口前の立て看板。
 ラーメンとつけ麺の2本柱です。
店の前

 店内はこんな感じです。最初は私一人でしたが、
 この後、お客さんがひっきりなしに入って来ました。
 どうやら、なかなかの人気店のよう。期待できるかも…?
店内

 メニューはつけ麺にラーメン、ミニ丼といろいろ…。
 どれにするか迷いますね~。そして、今回選んだのは…
メニュー

 「特製力つけ麺(1,080円)」!ヾ(@^▽^@)ノ
 チャーシューや半熟卵等、全てのトッピングが乗っかった
 豪華にも程がある一品です~!!
特製つけ麺

 麺のアップ。と言うか、具がこれでもかと
 乗っかって、下の麺がよく見えない…
麺

 つけ汁は、濃厚こってりな魚介豚骨スープ。
 中にはチャーシューとメンマがゴロゴロ♪
つけ汁

 歯応えのある、もちもち太麺~
麺UP

 柔らかチャーシューのアップです
チャーシュー

 つけ汁につけていただきま~すヾ(=^▽^=)ノ
 もっちり麺に、とろ味のあるスープがからみつく!美味しい~
麺In

 半熟卵もつやつやですよ~。
半熟卵

 ちなみに、つけ麺は中盛(麺300g)がデフォルトで、特に注文がない場合は中盛が出てくるとの事。結構量が多くて、私も後半、少し手こずりましたので(笑)少食の方は並(200g)で注文するのがベターですよ。
 店主のご夫婦の接客も感じがいいし、「また食べに来たい」と思えるお店でした。ご馳走様でした~!

 お店の詳細はコチラです↓


関連ランキング:ラーメン | 東十条駅十条駅王子神谷駅



↓クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

おたく(ヲタク)日記 ブログランキングへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

一心不乱な猫

 一心不乱に毛づくろいをする
 ウチの飼い猫。
①

②

③

④

⑤

 肉球もピカピカに(*´∇`*)
⑥

↓クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

おたく(ヲタク)日記 ブログランキングへ

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

映画「アジョシ」の説得力あるアクションに唸った!!

 男の名はチャ・テシク。他人との交流を拒み、ビルの一室で細々と質屋を営む無口な青年。

 少女の名はソミ。父親はおらず、クラブダンサーの母親に疎まれながら暮らす小学生―。

 都会の片隅で出会い、不器用に心を通わせる孤独な二人だったが、母親が闇の臓器売買組織から麻薬を盗んだ事から、ソミは母親と共に組織に誘拐されてしまう。ソミを救うため一人奔走するテシク。組織のメンバーや警官をも圧倒する、恐るべき力を持つテシクを追跡する警察は、調査の末に彼の驚くべき過去に辿り着く。

 何とテシクは、戦闘と暗殺を任務とする情報特殊部隊の元隊員だったのだ―!

 韓国の有名人と言えばチェ・ホンマンしか知らない私・かなぶんですが、「アクションシーンが凄い!と言うかムゴい!」との噂を聞きつけ、ウォンビン主演の韓国のアクション映画「アジョシ」を、先日DVDレンタルで鑑賞しました。ちなみに、「アジョシ」とは「おじさん」という意味です(「あべし」ではない)。

 注目のアクションシーンには、フィリピンの「カリ」やインドネシアの「シラット(「史上最強の弟子 ケンイチ」にも出てきますな)」といった、東南アジアの武術が取り入れられているとの事。これらの武術は、ナイフや棒等の武器術と素手の体術が一体となった技術体系を持ち、実戦性の高さから軍隊等でも採用され、映画「ボーン・アイデンティティー」シリーズやV6・岡田准一主演のドラマ「SP」における主人公達の格闘技術のベースにもなっているそうです(「特命戦隊ゴーバスターズ」にも入っているような…)。

 現代武道や競技格闘技のダイナミックさはありませんが、確実に敵を仕留める事を目的とするこれらの武術をベースにしているだけに、噂のアクションシーンも、地味ながらケレン味のない、洗練されたド迫力の戦闘技術の凄まじさをまざまざと見せつけてくれます。

 トイレや店の中等の狭い場所の戦いでも、攻撃を封じながら相手に接近し、ナイフで手首やら脇の下やらアキレス腱やら、「そこは斬っちゃ駄目でしょ~」と言いたくなる急所を華麗にサクサクとカットしていくテシク!如何にも現代風の都市戦闘向けの技術だと唸らされると共に、情け無用のシャレにならない殺人技の連続に、観ててちょっとヒキましたわ

 ちなみに、テシクの敵となる犯罪組織のメンバーは、ボスの兄弟(ホントにムカつくんだ、コイツら)を筆頭に、子供達まで食い物にする同情の余地が1ヘクトパスカルもない極悪非道の輩なので、テシクにヤラれてもザマーミロとしか思えません。

 ラストは、カランビットという特殊な形状のナイフを使う、組織側の用心棒との一騎打ち。外道揃いの組織の中で、唯一良心が残っている用心棒に対し、テシクもまた銃を捨て、ナイフでの勝負を挑む―!観ているこっちの目が追っつかない程の超スピードで展開されるナイフVSナイフの攻防に、「あかん…俳優と言えど、こんなヤツら、勝てる気がせえへん(何故か関西弁)…」とビビるかなぶんでした。ホント、俳優さんて身体スキルが高いですよね~!

 また、残酷な戦闘シーンと裏腹な、テシクとソミの交流も印象的でした。かつて妻と生まれてくるはずの子供を失った過去を持つテシクは、ソミのために命を懸けて戦う事で、過去を克服し、ソミだけでなく、自分の未来をも取り戻した―いわば彼女を救う事で、自分自身を救うことができたのだ、と感じました。ラスト、テシクの頬を伝う涙には、あまり感動しない性質の私も、珍しく胸を打たれたとですアクションと感動、1粒で2度美味しい、なかなかの作品でありました。

↓クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

おたく(ヲタク)日記 ブログランキングへ

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

辛い!…でも、それだけじゃない!!「大沢食堂」

 かつて、大沢昇さんという格闘家がいました。

 大沢昇さんは昭和17年生まれ、本名は藤平昭雄(ふじひら あきお)。160cmに満たない小兵ながら、空手団体・極真会館(当時は大山道場)に入門、持ち前のド根性と常識を外れた猛稽古によって、極真会館の黎明期にあって屈指の強豪と呼ばれた方です。

 極真空手時代にはタイに渡り、空手代表として、当時は未知の格闘技だったムエタイ(タイ式キックボクシング)と激闘を繰り広げ、昭和40年代にキックボクシングに転向すると、全日本バンタム級チャンピオンにまで登りつめ、王座を保持したまま昭和48年に引退。その後は格闘技界から距離を置いて暮らしているそうです。

 「何で急に格闘技の話?」と思うかも知れませんが、実はこの大沢(藤平)氏、引退後に「大沢食堂」というお店を開業し、「極辛カレー」なる、超激辛のカレーを提供しているのです。

 この極辛カレーの辛さたるや、「辛いと言うより痛い」、「東京で1番辛い」、「食べている最中に気絶した人がいる」等と噂されていますが、さすがは極真空手出身の偉大な武道家だけあって、空手やキックのみならず、食の分野においても限界に挑み、「真」を「極」めようという事でしょうか。

 ただ、こんだけいろいろ書いといて何ですが、私・かなぶんは、辛いものは嫌いではないものの、美味しいものを美味しく食べたいだけというスタンスでして、「激辛にチャレンジ!」とか「自分の限界に挑戦!」とかには、正直全く興味ありません。

 なので、「『極辛カレー』とか言っても、俺には関係ないなあ」と思い、今まで一度もお店に食べに行った事はありませんでした。

 ところがどっこい、ネットで調べてみたところ、通常のカレーの他に、「一口極辛」なるメニューがあるというではありませんか?極辛カレーのルーのみが小皿に乗って出てくるこのメニュー、要は、いきなり「極辛カレー」を一皿平らげるのは、ハードルが高すぎて非常に危険なため、チャレンジ前のお試し用に提供しているらしいのです。

 「これなら食べられるかも!?それに辛すぎて食べられなくても、それはそれでブログのネタになるし…」と、私の中で、持ち前の好奇心と芸人根性がムクムクと頭をもたげました。

 前置きが長くなりましたが、そんな次第で、都営三田線・千石駅の程近くにある、
 「激辛の殿堂」こと「大沢食堂」を初めて訪れました!
店構え

 お店の中は、いわゆる一般的な定食屋さんの雰囲気。
 厨房では、あの大沢(藤平)氏が、今まさに調理の真っ最中!!

 店内には、大沢氏の現役時代の
 大きなパネルが飾られていました。
大沢昇

 メニューは名物のカレーの他、ラーメンや餃子等の中華系の料理や
 定食類がメイン。そう言えば、カレーラーメンも美味いらしいよ…。

 今回は、カレー並辛の半分盛りにおかずの餃子、
 そして噂の「一口極辛」を注文。そして、待つ事しばし―。

 キタ━(゚∀゚)━!(←古い?)
 これが、カレーライス並辛・半分盛り(650円、通常盛りは700円)
 +一口極辛(100円)です!!
カレー並辛+一口極辛

 一口極辛のアップ。唐辛子粉が大量に入っているのか、
 不吉に赤い―!匂いだけでも、鼻の粘膜を紙やすりで
 こすられるような、ザラリとした感覚を覚えます。
一口極辛①

 それでは、スプーンにとって食べてみましょう(恐怖のせいか、
 手が震え、写真がブレている)…。その極辛ぶりは如何ばかりか―!?
一口極辛②



 恐る恐る、口に含んでみると…



 …!



 かっ!
①

 かかっ!!
②

 かかかっ辛い~!!!
2012060521360000.jpg
 
 が、しかし…!!

2012060521370000.jpg
 ウンまああ~いっ!!! 
 (注:画像は全てイメージです)

 意外! これは美味しいッ!確かに口の中が痛い程の極辛だけど、
 それ以前に「ちゃんと美味しい」カレー!!
 汗を吹き出しながらも、その美味しさにカレーを食べる手が止まらないッ!!

 そしてその勢いのまま、カレー並辛(と言いつつ、コレも結構辛い)に挑む!
 見た目は平凡だけど、大きなお肉も入っていて、こちらもしっかり美味しい~!!
カレー並辛

 カレー完食~!しかし、カレーで火がついたかなぶんの食欲は
 留まるところを知らない!!次に出て来たのは…
カレー完食

 餃子(450円)!!具がぎゅぎゅ~っと詰まって、
 今にも皮が、中からはち切れそう
餃子6個

 早速食べるぜ~。 
餃子①

 しょう油とラー油、お酢のMixにまみれ、
 神々しく輝く餃子大明神の図。
餃子②

 中身は肉と野菜がギッチギチ、
 凄い歯応え、食べ応え!
餃子中身

 こちらも完食!いや~満足なり。
 ご馳走様でした~!!
餃子完食

 と言う訳で、初訪問だった大沢食堂ですが、激辛カレーが有名なものの、それ以外の普通のカレーや餃子等の料理がきちんと美味しいというのが、非常に印象に残りました。

 また、店主の大沢氏が非常に人柄がよく、厨房でエネルギッシュに鍋を振るいつつも、接客では常に笑顔を絶やさず、ファンだという方と気さくに記念写真を撮ったりして、本当に優しい方だなあ、と思いました。見た目はもの凄く若いけど、御年70才だそうです…凄い!!

 やはり、「強いやつほど 笑顔はやさしい(©宇宙刑事シャリバン)」という事でしょうか?また近い内に来ます!次はカレーラーメンが食べた~い(o´∀`o)

 お店の詳細はコチラです↓


関連ランキング:カレー | 千石駅本駒込駅白山駅



↓クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

おたく(ヲタク)日記 ブログランキングへ

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

「るろうに剣心―キネマ版―」第二幕を読んだよ

 先月から「ジャンプスクエア」誌にて始まった「るろうに剣心―キネマ版―」の第二幕を読みました(第一幕の感想はコチラ)。

 今回は、喧嘩屋・相楽左之助の登場回。左之助、いきなり二重の極みを使ってます!でも、代わりに斬馬刀は出てこないのね~。それと、戌亥番神…くじ引きでビリッケツとは、相変わらずイマイチ報われないヤツ…。もういいから、このまま戦わないで、剣心達の仲間になっちゃいなさいよ、君。六人の同志の中で、君だけは剣心組とうまくやっていける気がするよ…。

 で、感想なんですが―先月と同様、「確かに面白いんだけど、何かあっさりし過ぎているような…」と感じました。

 これは、今回の内容が、「刺客として送り込まれた左之助と剣心との死闘→剣心勝利、左之助は仲間に…」と、前作とほぼ同じ展開だったものの、前作の重要なファクターだった、左之助の悲しい過去が、匂わす程度でほぼカットされていた為だと思います。

 自分の師である相楽総三を策略で失った事から、明治政府と維新志士を激しく憎悪するようになり、無頼の喧嘩屋稼業に明け暮れていた左之助が、幕末最強の剣客と言われた剣心との戦いを通して改心、やがて剣心達の頼れる仲間になる…というのが、前作における左之助登場回のあらすじでした。

 剣心と左之助が、戦いの中でお互いの気持ちをぶつけ合ったからこそ、2人は信頼し合い、対等の親友になれた訳でして、この辺りを省略してしまうのは、個人的には勿体ない気がしましたね~。「過去の行いに対して落とし前をどうつけるか?」というのは、「るろ剣」全体を貫く一大テーマだと思うんですが…。

 まあ、「キネマ版」はセルフリメイクであると同時に、夏の実写映画のコミカライズでもある(多分)ので、細かい点が省略されるのも致し方ない…って、細かい点か、これ!?

 勿論、今回の話がつまらないという気はないんですが、「キネマ版」で剣心を知った方には、是非、前作の剣心と左之助の戦いも読んでほしいなぁ、と思った次第であります。

 さてさて、次回はいよいよ斎藤一が出てくるみたい。う~ん楽しみだなぁ~…と思ったら、え、来月は休載!?2か月も待つのかよ!?長いよ~!!  

↓クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

おたく(ヲタク)日記 ブログランキングへ

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

何故だ!?


 1,982年に公開された劇場版「戦国魔神ゴーショーグン」、


 その同時上映は、アニメ映画「浮浪雲」…。


 客層がカブっているはずないのに…何故だ!?


↓クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

おたく(ヲタク)日記 ブログランキングへ

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

今度は獅子座かよっ!!~今週の「聖闘士星矢Ω」~

 今週の第10話「決死の奪還!もう一人の黄金聖闘士!」、2人しかいない黄金聖闘士の、残りの1人が出るって聞いていたから…。

 前に出たのは、イオニアとかゆー訳分かんねーじいさんだったけど、今度こそ知ってるキャラが出るかも、と期待していたら…。

 そうしたら…だ、誰なんだよ、獅子座のミケーネって…獅子座はアイオリアじゃねーのかよ…ガクッ(死亡)。

 正直言いますと、実はかなぶん、原作もアニメも、終わりの方はあまり真面目に観てなくって(すいません…)、ラスト時点で黄金聖闘士の誰が生き残っていたのか、よく知らないんです。

 だから、「アイオリアは?ムウは?シャカは?」とか期待しても、真面目なファンの方からすれば「え?その人、もう死んでるよ。そんな事も知らんの?」とか言われちゃうのかも知れないですけど…。

 でも、遂に黄金聖闘士登場!とか煽られたら、昔のキャラクターが出てくるのかな?って、期待するのが旧作ファンの自然な心理ですよねぇ!?いきなりよく知らないおじいちゃんに「黄金聖闘士で~す!強いでしょ~?」って言われても、困るでござるよ薫殿(何故に剣心?)。光牙達ゆとり世代の聖闘士を、ちょっと圧倒した位で威張るなっちゅー話です。

 つまり、「Ω」世界においては、公式に存在する聖闘士達は、ほとんどマルスの息がかかった連中で占められているという訳なんですね~。今後は、「遂に○○が登場!」とか言われても、過大な期待は抱かずに「ああ、ハイハイ」って流しといた方がいいですな。1つ大人になりましたわ…(´Д`) =3

 最後に、次回予告で出てた「聖闘士が熱狂!マルスの大演説!!」ってのが気になります…。

↓クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

おたく(ヲタク)日記 ブログランキングへ

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

池袋西口「ピラブカウ」でスパイシーな夜を…!

 先日、知人と2人で、池袋西口側にある「ピラブカウ」に、
 タイ料理を食べに行きました。
店構え

 暗くて分かりずらいですが、
 相変わらず個性的な外観のお店だ…。
 
 以前ランチに訪れた事はありますが、
 夕食で来るのは初めて。
 まずは、タイダックチャーシューかけ御飯(990円)を注文♪ 
アヒルライス

 甘辛いタレをかけていただくよ~。
 お肉に歯応えがあります♪
アヒルライス(たれかけ)

 アヒル肉は珍しいですが、鶏肉が平気なら
 抵抗なく食べられると思います…多分

 そして、楽しみにしていたのがコレ!
 プーパッポンカリー(ソフト蟹のカレー炒め、1,580円)!!
ソフトクラブのカレー

 殻の柔らかい蟹(脱皮したて?)を、野菜等と一緒にカレー味に炒めたもの。
 殻を気にせず、丸ごとバリバリ食べられますよ~口の中でじゅわっと蟹の汁と
 油が溢れ出して、もう最高!野菜も歯触りシャキシャキです!!

 同行した知人も「美味い!」と大絶賛

 アヒルライスとカニカレー、
 一緒にいただいちゃうんだからねっ!!
アヒルライス+カニカレー

 牛肉のサラダ(980円)も追加するのじゃい
 キャベツのザク切りがいい味出してます(笑) 
牛肉サラダ
 サラダと言いつつ食べ応え十分!ピリ辛スパイシー!!

 まとめて食べると、更にうまうま~!! 
アヒルライス+カニカレー+牛肉サラダ

 品数は沢山あるので、何人かで行って、
 いろいろ頼むのがベターだと思います。ご馳走様でした~!

 お店の詳細はコチラです↓


関連ランキング:タイ料理 | 池袋駅北池袋駅東池袋駅



↓クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

おたく(ヲタク)日記 ブログランキングへ

テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

東京MXテレビで「北斗の拳」がっ!!

 YouはShock あいでっそらがっおっちってっくっるぅ~♪

 東京ローカルの放送局「TOKYO MX」で、いつの間にかアニメ「北斗の拳」の再放送が始まっていまして、毎週観ています。いやぁ、懐かしい~!!

 核戦争後の暴力が支配する世界で、最強の暗殺拳・北斗神拳の伝承者・ケンシロウが、悪党達に正義の拳を振るう(説明するまでもない?)というこの作品、「キン肉マン」や「ブラック・エンジェルズ」、「キャッツ・アイ」等と並び、80年代前期~中期の「週刊少年ジャンプ」誌の黄金時代を支えた大傑作漫画でした。

 圧倒的な絵の迫力、重厚でダイナミック(かつ行き当たりばったり)なストーリー、ケンシロウを始めとする個性的(かつ性格が物凄く極端)なキャラクター達の他、ケンシロウと個性豊かな悪党達とのド突き漫才のような過激なやり取り、ケンシロウに倒された悪党達の珍妙な断末魔(「あべし!」「ひでぶ!」「ぱっびっぶっぺっぽぉっ」etc.)及び死に様等が話題となり、私・かなぶんの小学生時代は、一大「北斗」ブームが巻き起こりました。連載終了数十年経った現在も尚、絶大な人気を保っているんだから凄い話です。

 当然、連載当時は私の周囲にもファンが多く、「お前はもう死んでいる」、「一子相伝」、「我が生涯に一片の悔いなし!」といった、北斗独特の単語や名台詞が飛び交ったものでした(バカな小学生だ…)。

 テレビアニメの方は、正直、作画に大分難があるし、展開の都合上、世界観にそぐわないアニメオリジナルのキャラクター(主に敵役)が多数登場したりして、今観るとちょっと苦笑いを禁じ得ませんが…。

 また、原作の売りである残酷な(でも何故か余り不快にならない)悪党の死亡シーンも、放送コード等を考慮し、シルエットや透過光等の演出で上手く処理しています。これに対し、「え~人体爆裂シーンが観たいのに~」という声があったのか、1,986年に公開された劇場版や2,003年に発売された、原作のその後を描くOVAでは、そのものズバリの出血大サービスシーンがリアルに描かれました。

 ただ、原作を忠実に映像化すれば、必然的に残酷な内容になるのも分るんですが、余りにリアルな人体破壊描写は、グロテスク過ぎてどうにも気持ちが悪かったですね~。ストーリー担当の武論尊先生は、86年映画版のリアルな残虐シーンを不愉快に思っていたらしいですし、作画担当の原哲夫先生も、読者が不快にならないように、悪党達の死に様を意識的にギャグっぽく描いていたそうです。

 こうした意向を受けてか、数年前に公開された新作映画では、作画レベルが大幅に向上した一方、人体破壊描写は控えめになっていました。意見はいろいろあると思いますが、個人的には賢明な判断だったと思います。暴力的で残酷な内容でも、原作者側がいろいろと創意工夫していたからこそ、あれ程の大ヒット作が生まれたんでしょうね。やっぱり少年向け漫画だしね~。

 「北斗」を語り出すと止まらなくなりますが、とりあえず今回はこの辺で…。かなぶんも思わず昔を懐かしむアニメ「北斗の拳」は、MXテレビで毎週月曜の夜7時半から放送中です。

↓クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

おたく(ヲタク)日記 ブログランキングへ

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

かなぶん

Author:かなぶん
平凡なアラフォー男子・かなぶんが、趣味の漫画、お笑い、B級グルメや特撮について書き散らかし、責任は一切取らないブログ。

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

猫のいる生活まとめ ~旧ちゃい日記~

雑多倉庫

池袋グルメ探検隊

戦士のズル休み

Re:BAD TASTE♥

ユッカリーナのヨガ的雑記帳

ライスクッカー

やみなべ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。