スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ&鎧武」で戦極凌馬が復活!?

 お正月公開の映画「仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ&鎧武 MOVIE大戦フルスロットル」に、「鎧武」本編でバロンにやられて死んじゃった戦極凌馬が再登場するとの事。

 死んだはずなのに何故(?_?)と思っていたら、どうやら「メカ戦極凌馬」とやらになって復活するそうで(それにしてもダサいネーミング…)。

 「敵のマッドサイエンティストが改造されて再登場」って、どっかで聞いた展開だな~と、よく考えてみたら…何だ、それって「Dr.スランプ」のドクターマシリトじゃないですか!

 と言う訳で、きっとこんな感じで登場するのでしょう↓
DCIM4809-1.jpg
 ※ブラック・ジャックの出来損ないではありません。

 メカ凌馬が映画でどれ位活躍するかは分かりませんが、本家マシリトに負けずに、ネジとバネだけになるまで頑張って欲しいものです(´∀`*)



↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 仮面ライダーガイム 鎧武
ジャンル : サブカル

土曜フジの「ミレニアムズ」は




      人数多すぎ!




↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : お笑い番組
ジャンル : お笑い

保護色の様な猫(=‘x‘=)

DCIM4821.jpg

DCIM4822.jpg

DCIM4823.jpg

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

一歩、まさかのパンチドランカー化?「はじめの一歩」@週刊少年マガジン

 最近の「はじめの一歩」ですが、先日の主人公・一歩の敗北以降、これまで(意識的かどうか分かりませんが)描かれてこなかった物語のダークサイド、というか影の部分に少しずつ踏み込んできている印象があります。

 例えば前回の、久美ちゃんの一歩に対する「本当に世界チャンピオンになりたいのか?」という問い。宮田戦の消滅以降、世界への挑戦を目指していた一歩ですが、実際、「世界」に対する一歩の高いモチベーションが我々読者に伝わってきたかというと、正直「う~ん…」って感じなんですよね。

 確かに、ジミー・シスファー戦やマルコム・ゲドー戦、ウォーリー戦は手に汗握って読みましたけど、「強いとは何かを知る」ために世界に挑むというのは、一歩が戦う動機としては「VS宮田」に比べてどうにもインパクトが弱いのですよ。

 ただ、「一歩が本当に世界チャンピオンになりたいと思っているのか」という疑問を、漫画の中で言葉にして言わせちゃったのは、ちょっと驚いたけど…。

 そして今回の、ゴンザレス戦で負った深刻なダメージを暗示するシーンー。過酷な試合を続けているにも関わらず、「もの凄く頑丈」という理由で(笑)これまで大きな怪我をする事もなかった一歩でしたが、ここに来て、まさかのパンチドランカー化でしょうか?おいおい…ヾ(゚Д゚ )

 しかし、考えてみれば、プロボクシングは互いに脳を揺らし合う、極めて過酷な格闘競技。「一歩」がファンタジーでなく、一人のボクサーの人生をリアルに描いた作品である以上、ここはボクシングの持つ影の部分から逃げずに、更に踏み込んだ描写をお願いしたいですね~(一歩にとっては辛い展開だけど)。

 まあ、別に一歩がドランカーになると決まったわけじゃないけどねっ!

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : はじめの一歩
ジャンル : アニメ・コミック

「ナポリの下町食堂 池袋店」にて。

 友人と二人で「ナポリの下町食堂」池袋店を訪問。

 カルボナーラ。濃厚なり。
DCIM4712.jpg

 マルゲリータ。
DCIM4713_2014102121143240a.jpg

DCIM4714_20141021211434154.jpg

 スペアリブ。なかなかのボリューム。一人では食べきれないかも…。
DCIM4715.jpg

 食べ応えありご馳走様でした~!
DCIM4716.jpg

 お店の詳細はコチラです↓


関連ランキング:イタリアン | 池袋駅東池袋駅都電雑司ケ谷駅


↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

「もうやんカレー」に最大のライバル出現!?「日乃屋カレー」新宿西口店

 先月末、職場近くにOPENしたカレー専門店「日乃屋」新宿西口店を訪問。「日乃屋」は「第3回神田カレーグランプリ」の優勝店だそうですが、果たしてそのお味は如何に…!?

DCIM4725.jpg

 メニューもいろいろあります。気取らず庶民的な家庭のカレーって感じですかね?ノーマルのカレーに生卵が乗っているのも、素朴でいいですな~(´∀`*)
DCIM4728.jpg

DCIM4729.jpg

 店内はカウンターのみ。
DCIM4739.jpg

 今回頼んだのは、このカツカレー(税込840円)です!
DCIM4730.jpg

 サクサクのカツのUP(*≧∀≦*)
DCIM4731.jpg

 カレーソースはとてもフルーティ口に含んだ瞬間は甘いのに、時間が経つにつれ辛さが増してくる、何だか不思議な味…(?_?)こりゃあ美味しぃ~い!
DCIM4734.jpg

 今まで新宿界隈で一番美味しいカレーを食べられるのは「もうやんカレー」だと思っていましたが、今回の「日乃屋」のカレーは「もうやん」に勝るとも劣らない美味さですね~。いや、CP的には、こちらの方が上、か、も?(「もうやん」高いから…)
DCIM4736.jpg
 同じ西新宿のお店同士、強力なライバルの出現に「もうやん」もウカウカしていられないかも知れませんね~ご馳走様でした!

 お店の詳細はコチラです↓


関連ランキング:カレーライス | 新宿駅都庁前駅新宿西口駅


↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

「パタリロ!」の魔夜峰央先生がTVに出ていたのだ。

 最近、たまたま「パタリロ!」の初期の単行本を読み返していたんですが、9日(木)に放送された「アウト×デラックス」という番組に、な、何と!「パタリロ!」原作者の魔夜峰央先生が出演していたそうです。おお、何たる偶然…↓

  『パタリロ』作者の魔夜峰央先生が『アウト×デラックス』に登場!そのお姿に衝撃が走る

 私も当日の新聞で同番組の事を知って、魔夜先生のTV出演を楽しみにしていたんですが、うっかり見逃してしまったんですよ(T_T)これこそ、まさに一生の不覚…悔しかったな~。

 で、後になって、前記のサイトで現在の魔夜先生の写真を見たんですけど…いや~衝撃的でしたね!だって魔夜先生、ムツゴロウさんか「火垂るの墓」の野坂昭如先生みたいになっちゃってるんだもん(笑)。

 魔夜先生は「永遠の28歳」のキャッチフレーズで有名でしたし、単行本の著者近影でもタモリを格好良くした様な写真(前記のサイトを参照)が紹介されていたから、私みたいなオールド「パタリロ!」ファン的には、魔夜先生がお年を召された姿というのが、とても想像できなかったんですけど…それにしても…ねぇ

 ついでに、華麗なバレリーナ姿にも二度ビックリですよΣ(゚д゚lll)確かに、先生がバレエを練習しているという話も聞いた事はあったけど(って言うか、バレエでは男性も皆、あの志村けんのコントみたいな格好するのか?)。

 そもそも魔夜先生は非常に多才な方で、妖怪に宝石、落語、ホラー等、様々な方面で豊富な知識をお持ちでしたからね~。バレエを踊るくらい朝飯前なんでしょう。

 ちなみに、歌手を目指していた時期もあるらしく(ウィキ情報)、その経験を活かし、映画「パタリロ!スターダスト計画」では先生自らOPテーマの歌唱を担当、その渋すぎる美声を披露されています原作者がアニメの主題歌を歌うって、あんま聞いた事がないんですけど…。

 え~っと、つまり、結局何が言いたいかというと…まあ、才能があろうとなかろうと、人は誰もが平等に歳を取るんだなぁって事なのでした(←何だ、その身も蓋もない結論は!(゚Д゚)ノ)。

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : ヲタク人日記
ジャンル : アニメ・コミック

その味に思わずシビれる!?「電気シュークリーム」@ビアード・パパ・ヨドバシAkiba店

 秋葉原駅前にあるシュークリーム専門店「ビアード・パパの作りたて工房」ヨドバシAkiba店を訪問。
DCIM4793.jpg

 ヨドバシAkiba店には、このお店だけの限定商品があるそうで…それはコチラ↓
DCIM4794.jpg
 その名は「電気シュークリーム」!Σ(´∀`;)「これは…!?電気なのか!?」「何故!?電気なのか!?」という妙なコピーと言い、「ドオオオオン」というジョジョチックな効果音と言い、これがアキバテイスト?(笑)

 「謎の超爽快クリーム」とやらも気になりますね。
DCIM4795.jpg

 てな訳で早速買ってみました(*≧∀≦*)
DCIM4796.jpg

 かじってみた中身(汚い写真でスイマセン)。「超爽快クリーム」って何かと思ったら…なぁんだ、ヨーグルト風味のサワークリームじゃありませんか。さっぱり味で悪くはないけど、私的にはやっぱオーソドックスなカスタードの方が好みかなぁ?
DCIM4798.jpg
 そして、結局「何故電気なのか」の謎は、永遠に謎のまま終わったのであったご馳走様でした~!

お店の詳細はコチラです↓


関連ランキング:洋菓子(その他) | 秋葉原駅末広町駅岩本町駅


↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

ウィザード、東十条に来たる!Σ(´∀`;)

 今月12日(日)、地元・東京都北区は東十条商店街にて。
DCIM4787.jpg

 な、何と!仮面ライダーウィザードが13日(月)に商店街をパレードするだとっ!?…って言うか、何故このタイミングでウィザード?現役のドライブは無理にしても、せめて鎧武が来ればいいのに。
DCIM4788.jpg
 13日は小雨がぱらついていたけど、パレードは無事終わったのかしら?ちょっと観たかった気もする…

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : 特撮
ジャンル : サブカル

アラフォー男子は嬉し恥ずかし!?(/ω\*)「美少女マンガ創世記」

 徳間書店刊「ぼくたちの80年代 美少女マンガ創世記」を読みました。

美少女マンガ創世記: ぼくたちの80年代 (一般書)美少女マンガ創世記: ぼくたちの80年代 (一般書)
(2014/09/27)
おおこしたかのぶ

商品詳細を見る

 内容は、16人の美少女系漫画家さんのインタビューを通し、美少女コミックの勃興した激動の(笑)80年代を振り返るというもの。ちなみに、登場する面子は下記の通り↓
DCIM4790.jpg
 「まいっちんぐマチコ先生」のえびはら武司先生やコロコロコミックの「ファミコンロッキー」で知られる浅井裕(あさいもとゆき)先生、サンドウィッチマンのネタでおなじみ(?)みやすのんき先生等、少年漫画系からバリバリの成年系まで、幅広いメンバーが揃っています(*≧∀≦*)

 メジャーな少年・青年漫画に比べ、スポットの当たる機会の少ないジャンルだけに、登場する先生方の語る数々のエピソードは、少年期にこれらの作品にハマりまくったアラフォー漫画ファンの私・かなぶんには意外且つ興味深いものばかりでした。

 例えば、えびはら先生が藤子F先生の下で活動していたのは有名ですが、ものたりぬ先生も元々は「コロコロ」の藤子不二雄賞出身であった事―(浅井先生と言い、児童漫画と美少女漫画って親和性が高いのか?どっちも読者の読みたいものをストレートにぶつけるジャンルだしな~)。

 「週刊ヤングマガジン」誌で「感じさせてBABY」を執筆していた大島岳詩先生が、アマチュア時代に、あの「うろつき童子」の前田俊夫先生のアシスタントを務めていた事―(絵のタッチが似ても似つかないんだが…)。

 遠山光先生の「胸キュン刑事」(「週刊少年マガジン」誌で連載。犯人に出会うとChikubiが勃つ女刑事が主人公という、画期的にも程がある設定の漫画)が、読み切り掲載から猛スピードで週刊連載、そしてTVドラマ化に至ったまでの驚愕のプロセス等…。

 個人的に嬉しかったのは、以前から大ファンだった中島史雄先生がトリに登場した事(中島先生は40年の漫画家生活の中で、インタビューを受けたのはこれがまだ2回目だそうです)。私、中島先生の劇画風でもアニメ風でもない独特のタッチが大好きだったんですよね~。

 さてさて、どの先生のインタビューも面白く読めたのですが、特に印象的だったのは、大島岳詩先生の以下のコメント(大意)。

 (「今の美少女コミック専門誌に挑戦しては?」という問いに対し)「全てではないが、彼らはコミケで生活費を稼いだり、親元に住んでいるおかげで、安い原稿料でも手の込んだすごい作品を描いている。僕は古い人間だから、職業を全うしてこそ世の中に認められるべき、という考えがある」

 「ぼくの自慢は、36年間の漫画人生で持ち込み経験は一度もなく、仕事は全て依頼によるものだということ」

 勿論、こうした考え方には賛否両論あるとは思いますが、数十年漫画一筋に歩んできた大島先生の、プロフェッショナルとしてのプライドが伺えるコメントで、私、非常に感銘を受けたものでした。仕事に対して誇りを持てるって、素敵な事なのねん

 と言う訳で、本書は私と同じ、熱い80年代を過ごしたアラフォーOTAKU男子には必読の1冊であります。本屋さんで見つけたら、恥ずかしがらずにすぐ買いましょう!

 最後に…本書では数々の驚きのエピソードが紹介されていましたが、心底驚いたのは、あのイチローが学生時代に「コミックジャンボ」を愛読していた(しかも、それをインタビューで公言していた)事でしょうか。これも表紙を担当した河本ひろし先生がいい仕事していたお陰ですな~(´∀`*)

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : ヲタク人日記
ジャンル : アニメ・コミック

第5回かなぶん百貨店・チキチキうろ覚えで描いてみよう~!~「聖闘士星矢」の巻~

 今晩は\(^▽^)/!お手本は一切見ずに、うろ覚えの記憶のみでお題のキャラクターを描く、「うろ覚えで描いてみよう」シリーズ、お久しぶりの第5回でございます(→第1回第2回第3回第4回。元ネタはブロ友のふじもと様のコチラの記事です)。

 で、今回のお題は、第4回のラストでも予告していた「聖闘士星矢」です!(ちなみにイメージしたのは原作版ではなく、アニメ版の新生聖衣の方)それではどうぞ! 
DCIM4786.jpg

 う~ん、眉毛の太いキャラって難しいなぁ…。そして、聖衣、適当~(笑)! もう少し細かいところまで覚えているつもりだったんですが、実際描いてみると、なかなか…それに、絵のタッチが80年代風で古い!今時流行んない!俺ダメ!

 …と、いきなり自虐的になったところで、今回はお開き。それでは、また次回お会いしましょう!沙織さぁ~ん!(古谷ボイスで)

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : ヲタク人日記
ジャンル : アニメ・コミック

マレーシアから素敵なお肉料理がやってきた!十条「肉骨茶(バクテー)」

 しばらく前の話ですが、相互リンクさせていただいている「くーちょ日記」様の記事で、私の地元の東京都北区に、マレーシア料理「肉骨茶(バクテー)」のお店ができたと知り、仕事帰りに訪問してみました(「くーちょ日記」の記事はコチラ)。
DCIM4087.jpg
 JR十条駅前にあるこのお店、その名はズバリ「肉骨茶(バクテー)」。う~ん、ストレートなネーミング…。

 んでもって、そもそもバクテーとはどんな料理なのか?と言うと、この通りです↓
DCIM4089.jpg
 漢方スープで煮込んだスペアリブの料理という訳ですね(・∀・)

 メニューです。一杯あるね~。
DCIM4090.jpg

DCIM4091.jpg

 今回は、スペアリブと豚バラ肉の入った「バラバク」のセットを注文
DCIM4088.jpg

 こういう風に食べるんだってさ(^O^)
DCIM4092.jpg

 そして登場、「バラバク」セット!なかなかのボリュームだ…
DCIM4095.jpg

 バクテー&バラ肉のアップ。
DCIM4096.jpg

DCIM4098.jpg

DCIM4101.jpg

 まずはバラ肉を醤油ベースのソースに付けて、
DCIM4104.jpg

 いただきま~す!漢方スープで煮込まれた豚肉はさっぱり味でしつこくなく、スイスイ食べられます( ゚v^ ) ご飯にも合うね~。
DCIM4106.jpg

 続いては、メインのバクテーを。
DCIM4112.jpg

 箸でお肉が剥がれてしまう、この柔らかさ…さすが漢方で味付けしているだけあって、スープもヘルシーな印象で、ボリュームの割にあっという間に平らげてしまいました。う~ん、満足…(´∀`*)ご馳走様でした!
DCIM4114.jpg

 お店の詳細はコチラです↓


関連ランキング:東南アジア料理(その他) | 十条駅東十条駅


↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

ドクラテスの猛襲にウホッ♥

 旧TVアニメ版「聖闘士星矢」第16話に登場した、アニメオリジナルの悪役キャラ・ドクラテス(それにしても、凄いネーミングだ…ヽ〔゚Д゚〕丿)。
DCIM4763-1.jpg
 そして、彼が必殺技の「ヘラクレス猛襲拳」(それにしても、凄いネーミングだ…その2)を放つ、その瞬間…

 何じゃこりゃっ!?Σ(゚д゚lll)バックにヒゲ面のオッサンの顔面が2つも!でも、思わずウホッとなりそうな、渋くていい男…♥
DCIM4765-1.jpg
 何事かと思いきゃ、どうやら「ヘラクレス」のイメージだったようで…って、分かりづらいわ!(゚Д゚)ノ

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : ヲタク人日記
ジャンル : アニメ・コミック

トライドロン、アキバに出現!ヽ(´Д`;)ノ

 4日(土)、秋葉原駅前を歩いていると、ヨドバシカメラの前に、何やら見覚えのある車が…。
DCIM4742.jpg
 おおっと!これは翌5日の朝から始まる「仮面ライダードライブ」に登場する、主人公ドライブの愛車「トライドロン」ではないか!

 角度を変えて。意外と小さいけど、カッチョいいね~一緒に写真を撮りたかったけど、先を急いでいたので、泣く泣くその場を後にしました(´;ω;`)
DCIM4744.jpg

 「ドライブ」本編ですけど、1話を観た限り、まあ「無難に面白い」って感じですね。しかし、どこからともなく現れるあのミニカーとか、唐突に「原理不明の超オーバーテクノロジー」が現れるあの展開、何とかならないんでしょうか?あれじゃ魔法ものかファンタジーでしょ。

 ライダーは基本、現代を舞台にしたSFなんだから(「ウィザード」を除く)、「このメカはこういう原理で動いている」とか、申し訳程度でもいいから、最低限の説明が欲しいと思う今日この頃。

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : 仮面ライダードライブ
ジャンル : サブカル

素晴らしき70年代特撮。「ロボット刑事」

 最近、70年代の特撮番組「ロボット刑事」をよく観ています。

ロボット刑事 Vol.1 [DVD]ロボット刑事 Vol.1 [DVD]
(2003/11/21)
特撮(映像)、千葉治郎 他

商品詳細を見る

 原作は「仮面ライダー」や「人造人間キカイダー」で知られる石森章太郎先生。ストーリーは「科学者・霧島サオリ(原作では玲子)によって作られた犯罪捜査用ロボット「K」が、警視庁の芝・新條刑事と共に、ロボットによる不可能犯罪を行う謎の組織『バドー』を追跡する」―というもの。

 「主人公のKが人間の姿にならない(=つまり、Kはいわゆる『変身ヒーロー』ではない)」、「バドーの目的は、特殊能力を持つロボットを犯罪者にレンタルし利益を上げる事」である(もっとも後半、真の目的は世界征服とか言い出すけど)等、「ロボット刑事」は従来の変身ヒーローものとは一味違った魅力があります。

 高品格さん演じる機械嫌いのベテラン刑事・芝に「機械人形」「鉄クズ野郎」等と罵られながら、ベレー帽にスーツ姿で健気に頑張るTV版のKの姿も哀愁漂いまくりですが、これに輪をかけて凄まじいのが石森先生の漫画版。こちらでのKの疎外されっぷりと言ったら、もう只事ではありません。  

ロボット刑事 (1) (中公文庫―コミック版)ロボット刑事 (1) (中公文庫―コミック版)
(1995/10)
石ノ森 章太郎

商品詳細を見る

 TV版における新條刑事といった共感者が存在しないのもひどいですが、最終決戦も、Kが葛藤の末に「人間の心の生む悪と戦うため、機械として機械の誇りを持って生きる」事を決心した矢先、Kの目前で生みの親の玲子が、バドーの犯罪の首謀者だった実の弟と共に心中(爆死)するという衝撃的な結末を迎えますΣ(゚д゚lll)

 大爆発の見開きページとKの「マザー!」という絶叫で「ロボット刑事 完」って…確かにバドーは倒されてメデタシな訳だけど、石森先生、どんだけKをいじめれば気が済むんでしょうか(笑)。

 真面目な話、玲子とバドー首領の間の誤解と和解、愛情と憎悪の入り混じったドラマ(気になる人はコチラで概略を読んでね)の前に、Kの玲子(=母親)に対する愛情は何の意味もなさなかった。純真無垢なKを無視し、人間達だけで自分達の物語を勝手に完結させるという、残酷なラストだったんですからね。

 それにしても、せっかくこれから前向きに頑張ろうと決めていたKを思いっきり突き放す、この仕打ち…ホント、漫画版って、もの凄い話だったんだな~と思うのですよ

 こうしたハードなマンガ版に比べると、TV版の内容は結構牧歌的。不可能犯罪に対し「ロボットの仕業では…?」と推理するKに対し、芝刑事ったら「ロボットが犯罪なんて、そんな夢みたいな事があるか!」とか言ってるし…毎週ロボットが犯罪を犯しているし、何よりKが目の前にいるじゃないですか!(゚Д゚)ノ

 そうかと思うと、事件が結局ロボットによるものだと判明、「わしの時代は終わった…」と自宅で落ち込む芝に、Kが「そんな事ないですよぉ~」と内山くんみたいに言ったりして(当然、芝刑事は激怒)、何かK、漫画に比べてかなり呑気かつポジティブな性格です。まあ、健全な子供番組だからね~。

 バドーの送り込むロボットも、輪っかが集まってロボットになる、その名もワッカマン(そのまんまじゃねーか!)、手が長いテナガマン、空を飛ぶヒコーマン等、単なるロボットのイメージを覆す、キュートで個性的すぎる面々ばかり

 下半身から1輪車の様にタイヤが生えてきて、猛スピード(に見えない…)で走り回るテナガマン、暗殺が得意なのにメチャクチャ目立つヒコーマンも強烈ですが、個人的に印象的なのは、椅子に変形するコシカケマン(イスマンじゃないんだ)。

 座った人間を電気椅子の様に感電死させるコシカケマンですが、事件に関係する少年の誘拐にしくじると、突然標的を少年の学校の女教師に変更!車輪付きの椅子に変形、女教師を背後から抱きかかえながら路上を走り去っていくシーンは大爆笑ものでした!これじゃ犯罪ロボットっていうか、単なる痴漢ロボットだよ(笑)。

 70年代前半は実に多くの特撮番組が放送されていた時代なんですが、この「ロボット刑事」も、独特の個性を発揮していたんだなぁと感心してしまった次第です。まだ前半しか観ていないんで、後半が楽しみだわ~o(^o^)o

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : 特撮
ジャンル : サブカル

進撃じゃない巨人

 新宿東口にて。いくら同じマガジン系とは言え…
DCIM4741.jpg

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : 日記というか、雑記というか…
ジャンル : 日記

「哲麺」神保町店で豚骨カレーチャーシューメン♪

 神保町にある「哲麺」神保町店を訪問。
DCIM4051.jpg

 いわゆる典型的な博多風豚骨ラーメンのお店です。
DCIM4050.jpg

DCIM4052.jpg

 今回注文したのは豚骨カレーチャーシューメン(800円)。「豚骨」で「カレー」とは珍しい…
DCIM4033.jpg

DCIM4043.jpg

 もっちり太麺もいいけど、極細ストレート麺も捨てがたい…(*≧∀≦*)
DCIM4040.jpg

 ついでに、おつまみゆで餃子(250円)も。
DCIM4042.jpg

 ご馳走様でした~!
DCIM4047.jpg

 お店の詳細はコチラです↓


関連ランキング:ラーメン | 神保町駅新御茶ノ水駅小川町駅


↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

大丈夫か!?

「FC2」国内会社捜索=米社ダミーか、創業者ら立件視野-わいせつ中継ほう助容疑

 …これって、大丈夫なんでしょうか?ひょっとして私ら、他の会社のブログにお引っ越しなんて事もあり得るのかしら?

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

テーマ : 日記というか、雑記というか…
ジャンル : 日記

プロフィール

かなぶん

Author:かなぶん
平凡なアラフォー男子・かなぶんが、趣味の漫画、お笑い、B級グルメや特撮について書き散らかし、責任は一切取らないブログ。

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

猫のいる生活まとめ ~旧ちゃい日記~

雑多倉庫

池袋グルメ探検隊

戦士のズル休み

Re:BAD TASTE♥

ユッカリーナのヨガ的雑記帳

ライスクッカー

やみなべ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。