スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巻来功士著『連載終了!』出版記念トークイベント

 先日、阿佐ヶ谷ロフトで開催された「巻来功士著『連載終了!』出版記念トークイベント」に行ってきました!(イベントの詳細はコチラ
DSC_0158.jpg

 「ろくでなしBLUES」、「ROOKIES」とヒット作を連発した森田まさのり先生と、「ゴッドサイダー」や大トラウマホラー漫画「メタルK」で知られる巻来功士先生―かつて少年時代に愛読した黄金期のジャンプを支えた漫画家お2人が登場という事で、ワクワクしながら会場を訪れました。

 当日券購入のため、大分早く会場に着いたので、コチラの新作単行本「連載終了!」を読みつつ開演を待ちました↓
DSC_0162.jpg

 そして、大入り満員の観客が待ちわびる中、いよいよ午後1時イベント開始。まず司会のなべやかんさんと、本日の主役・巻来先生と森田先生が登場!森田先生は写真で見た事があったけど、巻来先生は意外と渋くてお洒落な印象だったのが意外。俳優の國村隼みたい。何となく、もっと線の細い方かと…。

 まず最新単行本の「連載終了!」について「ジャンプの裏側や漫画家の状況を記録するために描いた。これを描けるのは私だけ」と執筆動機を語る巻来先生。やかんさんの「これは自伝ですか?それとも恨み節?」との問いに対し、「いえ、これは『しくじり先生』です」とニヤリ。しくじり先生って…(笑)。

 また、「今日はジャンプの擁護役として来ました」と語る森田先生に対し、すかさずやかんさんが「つまりSMAPで言えば森田先生はキムタクなんですね!で、巻来先生は中居君」と、タイムリーなツッコミを入れます。さすがはプロの芸人さん、切り返しが上手いな~。

 トークは「連載終了!」の中でも描かれている、巻来先生の「少年キング」誌でのデビューからジャンプ登場に至るまでの道筋、ジャンプでの連載の舞台裏、意外な秘話を中心に展開。

 曰く、同じ大学出身で一足早くデビューを遂げた北条司先生の手塚賞準入選については、「あの作品は単行本には収録されていないはず。何故なら、彼が同人誌に描いた1エピソードを抜粋して投稿したので、1本の漫画として成立していなかったから」。ほほぅ…?

 「じゃあ、何でそんな作品が入選したんですか?」との問いに対し、巻来先生ったら「それは彼の画力と(編集者間の)政治でしょう」、「当時は(実力のある新人を)青田買いする編集者がいましたから」とキッパリ!編集者の中にも派閥や力関係があったり、新人を独り占めする人がいたというんですね~。

 でも、何かウィキペディアの北条先生の項目と話が違う気もするけど、そう言えば、ウィキによると、この時の北条先生の担当って堀…ハッ!怖いですね~。恐ろしいですね~((((;゚Д゚))))

 また、編集サイドが連載に影響力を発揮する例として、あの迷作…じゃなかった名作「メタルK」にまつわる、知られざるエピソードを披露。

 第2話にして、早くも巻末に飛ばされる程の不人気ぶりで知られる「メタルK」でしたが、実は連載中盤で人気が上向き、連載継続か否かの会議も行われていたというのです。な、何と意外な事実!

 しかし、「編集部にホラーが嫌いな人がいたため」あえなく連載は10回で終了。そもそも、第2話から巻末という事自体「最初から編集サイドが終わらそうと思っていなければあり得ない話」なんだそうです。う~ん。

 森田先生は「いや、でも作者が終わらせる気がなければ、連載が終わることはないですよ!」と反論してましたが、「それは、あなたレベルの漫画家の話です」と、またしてもキッパリ断言する巻来先生。これには森田先生も苦笑するしかないのでした

 また、「ゴッドサイダー」連載時には、同じくホラー要素の強い「ジョジョ」と比べられ、「ジョジョが終わるかゴッドサイダーが終わるか、どっちかだっ!」と、編集サイドからいらんプレッシャーをかけられていた話も暴露。

 「『ジャンプにバトル漫画は2つもいらない』とか言わないでしょ?『スポーツものは2つもいらない』とか言わないでしょ?でも、ホラーは言われるんですよ」と嘆く巻来先生。ちなみに、この時に組んだ編集者の方との相性が最悪だった事が、後の巻来先生の青年誌への転身につながったらしいですが…。

 さて、この後は、ヒットに恵まれなかった(ファンの方スイマセン)巻来先生とヒット連発の森田先生の中間の存在である(やかんさん曰く「草彅君」)にわのまこと先生、かつての巻来先生の担当編集者だったマツイ氏、スズキ氏が登場!更ににぎやかなトークが繰り広げられました。

 「メタルKも連載末期は順位が3位か6位位に上がっていた。もう少し続けたら傑作になっていたかも知れなかったけど、当時のジャンプにはその土壌がなかった」と語るスズキ氏。結果的に「メタルK」は10回で終了しましたが、作品を取り巻く環境が違っていたら、別の未来が待っていたかもしれないですね~。

 この後、プレゼント抽選会やサイン会もありつつ、2時間強のトークショーはあっという間に終了!こうして文字にしてみるとえらく際どい話に聞こえますけど、巻来先生の語り口が穏やかでソフトなので、あまり過激な印象を受けなかったですね。

 といった訳で、大いに満足して会場を後にしたかなぶんなのでした。こういうイベント、またやってほしいな~(* ´ ▽ ` *)

 最後の記念撮影の図。左からやかんさん、マツイ氏、スズキ氏、主役の巻来先生、森田先生、にわの先生。
DSC_0166.jpg

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ヲタク人日記
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

かなぶん

Author:かなぶん
平凡なアラフォー男子・かなぶんが、趣味の漫画、お笑い、B級グルメや特撮について書き散らかし、責任は一切取らないブログ。

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

猫のいる生活まとめ ~旧ちゃい日記~

雑多倉庫

池袋グルメ探検隊

戦士のズル休み

Re:BAD TASTE♥

ユッカリーナのヨガ的雑記帳

ライスクッカー

やみなべ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。