スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内海賢二さん追悼企画・映画「世紀末救世主伝説 北斗の拳」感想

 先日亡くなられた内海賢二さんの追悼企画として、86年に公開された映画「世紀末救世主伝説 北斗の拳 」をレビューしたいと思います。
世紀末救世主伝説 北斗の拳 [DVD]世紀末救世主伝説 北斗の拳 [DVD]
(2008/11/21)
神谷明、山本百合子 他

商品詳細を見る

 ↑アニメのラオウ、何で眉毛がないんだろうか…。

 この映画は原作の序盤、シンによるユリア強奪から、ケンシロウとラオウの初戦までを再構成した作品。原作及びテレビアニメとあらすじは大雑把にはいっしょなものの、キャラクターの設定等でかなりの違いがあり、何よりも北斗四兄弟の次兄・トキが登場しません!って、えぇ~っ!?いやぁ、トキファンの方がっかりですね…(ついでにマミヤも登場せず)。

 本作の特徴は、テレビでは控えめに表現されていた人体破壊描写を、過激に再現している事です。ウィキペディアによると、製作スタッフが「アニメ界初のスプラッター・ムービーとはこの映画のこと」と語っていたそうですが、何か力を入れる方向が間違っているような気がするのは私だけでしょうか…?

 で、売りの格闘シーンも、まさしく秘孔を突かれて爆裂四散する悪党、南斗水鳥拳で切り刻まれる人体等が過剰な程リアルに再現され、テレビの生温い描写に不満を感じていた人も大満足…かも知れませんが、にしても、ちょっとやり過ぎなような

 大体、核の炎で焼かれる人間とか(一瞬「はだしのゲン」かと思ったよ)、南斗水鳥拳で殺され腐乱した死体とかまで、リアルに描かなくってもいいじゃないですか~!

 ケンシロウは原作の通りに、序盤でシンに倒され、更に一部始終を見届けたジャギによって崖下に落とされ放置されますが、リンとバットのピンチに突如復活し、ジード率いる悪党どもを次々とKnockout!ケンシロウ、体中が土で固まった泥人形状態で登場したりして、一体どんだけ長い事放置されていたんだか…。

 やがてケンはレイと合流、ジャギの部下のハート様を倒し、ジャギに制裁を加えると、一人シンの築いたサザンクロスにGO!しかし、何とシンは攻めてきたラオウに致命傷を負わされ、ユリアもさらわれる。という、意外な展開に(ちなみに、この辺で何故かユリアのヌードシーンあり。誰得?)…。

 シンは駆けつけたケンに「死ぬならお前の手にかかって死にたかった…同じ女を愛した男だから…」と言い残し死亡…って、おいおい、さりげなくケンの台詞をパクるなよ!大体、それならラオウだってユリアに惚れてるじゃん!中途半端に台詞をいじるから、こういう矛盾が生じるんだよ、全く

 そんなボヤキは置いといて、リンとバット、レイはケンより一足早く、ラオウのいるカサンドラに到着。リンはバットと共に、何故かラオウの居城にあっさり侵入、幽閉されていたユリアに自分が育てた花を渡す。

 ところが、そこに現れたラオウ、ユリアの持つ花を見るや「今は暗黒の時代…花が咲くはずはない。時代はまだ、花が咲くのを望まぬのだ!」と激高、何故かユリアを十字架に架けて処刑を宣言するのだった…リン…つくづく迷惑な子供だ…。

 レイはウィグルを倒し、そのままラオウに挑むも敗北し、トキがいないので、あっさり死亡。駆けつけたケンは(肝心な時にいつも間に合わないのね)、やっぱりトキがいないので、いきなりラオウとの決戦に突入!

 お互いの気のビームが発射され、大地は裂け、人は飛ばされ、ビルは倒壊し、もはや二人の戦いは拳法家同士の死合というよりも、単なる超能力合戦と化します。空前絶後の近所迷惑な戦いの末、ケンとラオウ、互いにとどめの一撃を繰り出す寸前、リンの制止が入り、戦いは中断―。

 リンの前に膝まづき、ラオウは語ります。「安心しろ、ケンシロウは死なぬ。そして、俺もまた倒れるわけには行かん。何故なら、お前はまだ幼すぎる…リン、早く大きくなれ…分かるか?」そう―暴力で無法の世界を平定しようとするラオウに対し、リンと彼女が育てた花は、その後に来る再生と平和の象徴な訳なんですね。う~ん、深いぜ…。

 かくして、ラオウは復活を宣言して何処かへと去り、本編もほぼ終了。私も「少し内容が生真面目すぎるけど、まあ面白かったなぁ」と思っていましたが、ラスト、リンとバットの衝撃的な会話が―。

 バット「リン、ケンはどうした?」
 リン「ユリアさんを探すと言って…(また旅に出た)」
 バット「そうか…何もかも吹き飛んじゃったからなぁ」

 け、ケンシロウとラオウの戦いに巻き込まれて、ユリアもどっかに吹っ飛んじゃったんかーい!ユリアと一緒に俺の感動もどっかに吹っ飛んだわ!!いい加減にしろや!!!と、思わず画面に突っ込んだかなぶんなのでした(´∀`*)

↓クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。


最後の「吹き飛んだ」あたりで爆笑してしまいました。

うーん、私も見たいような、見たくないような。。。

愚夫愚父様

 コメントありがとうございます。

 いや~、最後の最後に衝撃のラストが待ち受けていましたよi-229普通に戦えばいいのに、むやみに街を破壊するから、こんな事になるんですよ!(゚Д゚)ノ
 まあ、それはともかく、映画自体は決してつまらなくはないので(笑)、もし興味があったら、是非ご覧下さいi-234

 また遊びに来て下さいね~!(*^-^*)ノ~~マタネー
プロフィール

かなぶん

Author:かなぶん
平凡なアラフォー男子・かなぶんが、趣味の漫画、お笑い、B級グルメや特撮について書き散らかし、責任は一切取らないブログ。

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

猫のいる生活まとめ ~旧ちゃい日記~

雑多倉庫

池袋グルメ探検隊

戦士のズル休み

Re:BAD TASTE♥

ユッカリーナのヨガ的雑記帳

ライスクッカー

やみなべ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。