スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

検証・レイの女装は何故バレなかったのか?

 「北斗の拳」に登場する南斗水鳥拳の使い手・「義星」の男レイ―。

 その華麗な技と甘いマスク、悲劇的な最期等で、「北斗」に登場する数多のキャラクターの中でも、絶大な人気を誇るレイですが、彼については、ある一つの疑問があります。

 レイの初登場シーンは、布で全身を包んだ彼を、悪党達が美女と間違えて襲い、南斗水鳥拳の前に返り討ちに会うというものでした。つまり、レイは、このように自分を美女と勘違いした悪党達を騙し打ちにしては、食料を奪いながら、これまで生きてきた訳です。

 単行本3巻におけるレイ初登場シーン↓  
2012100821370000.jpg

2012100821380000.jpg

 しかし、ウィキペディアによると、彼の体のサイズは身長185cm、体重100kg、バスト132cmと堂々たるもの。いくら彼が女と見まごう程の美丈夫で、尚且つ、悪党達の知能が極めて低いとは言え、そんな立派な体格の男性を、絶世の美女等と勘違いする事があり得るでしょうか?

 レイの女装(?)は何故バレなかったのか…。

 この疑問については、長年研究者の間で議論の対象とされていましたが、私は熟考の結果、今まで研究者達が見逃していた、ある事件に気づきました。

 ある事件…それは、単行本8巻における、「おまえのようなババアがいるか!!」事件です。

 これは、ケンシロウ・トキ・マミヤの3人が、拳王軍に襲われた村へ向かう途中訪れたある小屋に、身長2m以上はある、見るからに怪しいババアが登場するというもの。実はこのババア、拳王の部下が変装しており、騙し討ちを企んでいたものの、あっさり変装がバレて、結局ケンシロウ達に撃退される…というオチになります。

 問題のババア↓
2012100821380001.jpg

 この際、ケンシロウは「おまえのようなババアがいるか!!」「ばけるなら牛にでもばけるんだったな」等と言っており、あからさまにバレバレの変装に何故か騙されてしまうマミヤの間抜けさもあって、「北斗」におけるギャグエピソードとして有名なこの事件ですが、ここに今回の疑問を解き明かすヒントが隠されていたのです。

 結論から言いましょう。「世紀末の世界では、あのババアのサイズが女性の平均的な体格」だったのです!弱肉強食の世紀末においては、おそらく弱肉強食の過酷な環境に適応した、数多くのババアサイズの女性が存在していたに違いありません。

 そう考えれば、レイがただ全身を布で覆っただけで、悪党達が彼を美女と勘違いしたのも納得がいきますし、マミヤのババアに対する馬鹿みたいなリアクションも、実は極めて自然なものであった(ここは変装を見破ったケンシロウとトキの慧眼を讃えるべきであろう)事が分かります。

 むしろ、ユリアやマミヤ、アイリといった、現代人の我々から見ると平均的な体型の美女達が、あの乱世においては、極めて珍しいケースだったのでしょう。

 「北斗」本編にはほとんど登場しないものの、世紀末の乱世を懸命に生きていたであろう、多くのババアサイズの女性達に敬意を表すると共に、ババアサイズに進化する事で過酷な世紀末への適応を果たした、人間という生命体の持つ強靭さに戦慄と驚嘆を覚えつつ、今回はペンを置きたいと思います―。

↓クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

おたく(ヲタク)日記 ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんわVv

見事に説明してくださったんですけど(笑)マミヤ・・・そうでしたよね?でも女が登場するシーンって多いんですけど・・・あんまりあのババァサイズは見かけないような(笑)
あたしはアレかと思いました・・・タイガーマスクが伊達の兄ちゃんになったら子供達に見破られないという(笑)
普通は、なんぼ小柄とは言えプロレスラーですからガタイ良いはずですけど、伊達の兄ちゃん華奢でしたもんね?
でも北斗ってほんと謎が多い漫画ですわ(笑)

Re: こんばんわVv

 マダムまろん様 コメントありがとうございます。

 こんなしょーもない記事にコメントしていただき、誠にありがとうございますi-229
 まあ、確かにジュウザが襲ったハーレム?みたいなとこも、美女で一杯でしたね~。その辺は、今後の研究が待たれるところでありましょう。
 タイガーマスク!確かに、伊達さんは華奢でした。まあ、あれはグレートゼブラの正体がが何故かバレない世界だから…。どう見ても馬場さんなのに(笑)

 また遊びに来て下さいね~!

No title

こんばんはー、
お邪魔します。
素晴らしい検証ですかなぶん様。
北斗のキャラは特に悪者とかありえない大きさの人とか居ますよね。ラオウも時々ありえない大きさの時もありますし。
といいながらもやっぱり185の100キロ美女は無理が…(笑
ケンシロウの服もですし、色々謎ですね。

あ、激マン1巻到着いたしました、読むのが楽しみです^^
ありがとうございましたー!

Re: No title

 ふじもと様 コメントありがとうございます。

 個人的な妄想にお付き合いいただいて、感謝感謝ですi-241
 北斗キャラは巨体の人が多いですが、作画担当の原先生によると、あれは演出に過ぎず、ホントに10mの身長の人間がいる訳ではないそうです。でも、デビルリバースとか、どう見ても本当にでかかったとしか思えませんがi-229まあ、あとはレイに刻まれたあいつらが、もの凄く目が悪かったのかも知れませんね(笑)
 おお、「激マン」買いましたか!スイマセン、人に勧めておきながら、私は単行本持っていないのです…是非楽しんで下さい!

 また遊びに来て下さい!

なるほど~(^∀^)

そういう事だったのですね!
進化は時代と共にって感じなのでしょうかねぇww

乱世の世紀末ではユリアやマミヤはむしろ絶滅危惧種だったのですね(涙)だとすると、リンが最後の・・・ってもういい?(汗)

ともあれ、「俺は女に化けてもイケる!」って思ってしまったレイさんの自意識にも乾杯です(でも、大好きです´ω`)

Re: なるほど~(^∀^)

 よんぼら69様 コメントありがとうございます。

 私のくっだらない妄想話にお付き合いいただき、大感謝でありますi-229
 やはり、女性はババア化する事によって、過酷な世紀末を生き抜いていたのでしょう。あんま本編には出てきませんでしたが(笑)
 それはともかく、原先生もレイは力を入れて描いていたそうです。「シンに負けないキャラにしよう!」と必死だったそうですよ…以上、余談でしたi-237

 また遊びに来て下さい!
プロフィール

かなぶん

Author:かなぶん
平凡なアラフォー男子・かなぶんが、趣味の漫画、お笑い、B級グルメや特撮について書き散らかし、責任は一切取らないブログ。

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

猫のいる生活まとめ ~旧ちゃい日記~

雑多倉庫

池袋グルメ探検隊

戦士のズル休み

Re:BAD TASTE♥

ユッカリーナのヨガ的雑記帳

ライスクッカー

やみなべ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。