スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新世代のアクション映画がインドネシアからやって来た!!映画「ザ・レイド」感想

 ※注意!注意!今回の記事は、映画「ザ・レイド」の内容の、核心部分について書かれています!!

 インドネシアはジャカルタのスラム街にそびえる、30階建てのビル―そこに潜む麻薬王リヤディを捕らえるため、新人警官のラマを含む20人のスワット部隊が、ビル内に潜入を図る。しかし、突入を察知したリヤディが送り込んだ配下のギャングや殺し屋達の前に、スワット達は次々に斃れていく。

 仲間も武器も失ったラマに唯一残されたもの…それは、自らが身に付けた世界最強の格闘技・プンチャック・シラットのみ!ラマは生き残りを懸け、シラットを駆使して襲い来る敵を倒しながら、15階のリヤディを目指す…!!

 と言う訳で、先日、インドネシアで製作されたアクション映画「ザ・レイド」を渋谷の映画館で観てきました。

↓主人公の(右)ラマ役・イコ・ウワイスと敵のマッド・ドッグ役のヤヤン・ルヒアン
主役・敵役

 インドネシアの伝統武術であるプンチャック・シラットをフィーチャーしたアクション映画との事で、前々から凄いという評判は聞いていたんですが、出演者がシラットのインストラクターやプロの格闘家というだけあり、アクションシーンは、まさに圧巻の一言…!

↓予告編


 シラットの他、様々な格闘技をミックスしたという戦闘シーンは凄まじく、素手の格闘技から、銃火器にナイフ、トンファーにマチェーテ(山刀)までが入り乱れ、あまりのスピードに、観ているこっちの目が追いつきません!

 登場する技も、殴る・蹴る・投げるのみならず、ナイフを太ももに何度もブスブス突き刺す、敵の頭部を壁にガンガン叩きつける、蛍光灯で頚動脈をグッサリ等、リアルに痛いものばかり。かつて、こんなエグい技で戦う主人公がいただろうか?いや、いない!(反語)恐るべし、プンチャック・シラット…

 ただ、映画自体は凄く面白かったものの、内容的にはやや不満に思う点もありました。

 まずは、リヤディの用心棒を務める最強の敵・マッド・ドッグについて。現役のシラットのインストラクターが演じるマッド・ドッグの強さは凄まじく、パンチや肘打ちは鋭く、足を下ろさずに連発される蹴りの切れ味も半端ないんですが、いかんせん、体が小さい…。ラストバトルに登場する敵には、やっぱり、主人公を力で圧倒するような、デカくてパワフルな相手がふさわしいと思うんですけど…。

 しかも、そのマッド・ドッグに対し、主人公のラマは、リヤディの側近(実はラマの兄だった!)と二人がかりで戦いを挑みます…ラストバトルなのに…主人公なのに…ラマ達の猛攻に孤軍奮闘する小柄なマッド・ドッグさんを見て、思わず「頑張れ!マッド・ドッグ!」と応援したくなったのは、私だけではあるまい。

 もう一つには、素手の格闘における、ファイトスタイルのバリエーションが少ない事。要は、敵も味方も、全員シラット使いなんですよね~。技術のレベルが高いのは間違いないんですけど、どいつもこいつも、シラットをベースに、ムエタイや総合格闘技等をミックスした(と、思う。多分…)スタイルなので、ずっと観ていると、「ああ、またか~」って、思えてきちゃうんですよ。

 これは監督に、シラットの魅力を世界に発信したいという意図があったせいかも知れませんね。例えば、打撃主体のキャラと、投げ技主体のキャラが戦うとか、パンチや肘打ち等の手技が得意な主人公に、キックが上手い敵が挑むとか、技術面のキャラ分けができていたら、もっと面白くなったんじゃないかなぁと感じました。…ええと、ド素人の戯言なので悪しからず。

 まあ、文句も言いましたが、それも面白かったからこそ。ちなみに本作は、既に続編の制作や、ハリウッドリメイクも決まっているそうです。インドネシアからやって来た新世代のアクション映画「ザ・レイド」、次はどんな展開を見せるのか、楽しみですね~。 

↓クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

おたく(ヲタク)日記 ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アクション映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。なんだこれー!

>ナイフを太ももに何度もブスブス突き刺す、
>敵の頭部を壁にガンガン叩きつける、
>蛍光灯で頚動脈をグッサリ等、

確かにこんなに容赦ない主人公、なかなかいませんね!すごく面白そうです。
映画館には見に行けそうにないので、DVDで絶対見ようと思いました。笑

うみどらねこ様

 コメントありがとうございます。

 アクションが面白カッコいいだけでなく、攻撃がやたらとリアルかつ痛いんですよ~i-229ちょっと、ホラー映画に近い雰囲気すらありましたね…i-282
 物語の説明は冒頭10分位でサクサク終わって、あとはひたすらアクションが続くという、実に男らしい映画でしたよ!是非、DVDで観て下さいi-234

 また遊びに来て下さいね~。

No title

コメント失礼します。

これは面白かった!
個人的には今年観た中で一番です。
アクション映画を劇場で観てあそこまで興奮したのって初めてかも。
『アジョシ』の主人公もそうでしたが、急所を連続して狙いまくる殺法が「ムダがないプロの格闘術」っぽくて良いですね。
(素人なんで本当に無駄がないかどうかはわかりませんけどw)

欠点としては、敵のファイトスタイルも皆一様過ぎるのは仰る通り確かに気になりました。
ファイトスタイルというか、人格から顔から何から一緒でゾンビ映画みたいでした。
でもまあそこは、『要塞警察』オマージュってことで許してしまう自分がいますw

スギノイチ様

 コメントありがとうございます。

 「ザ・レイド」、面白かったですよね~!東南アジアは日常生活でナイフとかを使う機会が多いらしくて、そのせいか血生臭い武術が多いんですよね。それを取り入れた本作とかアジョシがムゴイ内容になるのも当然でしょうかi-229本作の場合、シラット以外も他の格闘技も取り入れられてるそうなんで、アジョシよりもケレン味のある派手なアクションでしたねi-237
 「要塞警察」は未見ですが、オマージュとは知りませんでした!やはり名作は、いろいろな作品に影響を与えているんですね~。

 また遊びに来て下さい!(*^-^*)ノ~~マタネー 
プロフィール

かなぶん

Author:かなぶん
平凡なアラフォー男子・かなぶんが、趣味の漫画、お笑い、B級グルメや特撮について書き散らかし、責任は一切取らないブログ。

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

猫のいる生活まとめ ~旧ちゃい日記~

雑多倉庫

池袋グルメ探検隊

戦士のズル休み

Re:BAD TASTE♥

ユッカリーナのヨガ的雑記帳

ライスクッカー

やみなべ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。