スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦士クウガ、13年目の帰還―「小説 仮面ライダークウガ」

※注意!注意!今回の記事は、「小説 仮面ライダークウガ」の内容の、核心部分について書かれています!!

 戦士クウガ=五代雄介の活躍によって、凶悪な怪人・グロンギ達が一掃されてから13年後の現代―。かつて五代と共にグロンギと戦った刑事・一条薫は、続発する謎の怪死事件を追っていた。一連の事件の影に、全滅したはずのグロンギの気配を感じとった一条の前に現れる白い戦士―彼こそは、帰ってきた五代なのか!?

 という訳で、今回ご紹介するのは、荒川稔久著「小説 仮面ライダークウガ」です。

小説 仮面ライダークウガ (講談社キャラクター文庫)小説 仮面ライダークウガ (講談社キャラクター文庫)
(2013/06/28)
荒川 稔久

商品詳細を見る

 「語ろう!クウガ アギト 龍騎」を読み、自分の中でライダー熱が上がってしまったタイミングで早速購入、読了した小説「クウガ」ですが、TV本編のメインライターである荒川氏が書いているだけあり、クウガ独特の重厚さ、リアリティ、そして一種の「苦さ」が再現されているのが、ファンとしては嬉しい限り

 ちなみに、「語ろう!~」における「クウガ」プロデューサー・高寺成徳氏のインタビューによると、「クウガ」のテーマは「非暴力」であり、だからこそ逆説的に怪人グロンギが人間に対して振るう暴力の恐ろしさ、残酷さをキチンと描写しようと心がけたとの事。

 そして、主人公・五代=仮面ライダークウガもまた、グロンギの暴力に苦しむ人々を救うために戦いながら、自分自身もまた暴力を振るっているという矛盾に苛まれ、戦いの終わりと共に一人姿を消すのです。自らの負った心身の傷を癒すために―。

 このように、単なる勧善懲悪ものに留まらず、ヒーローと怪人の戦いを通して、戦いや暴力の本質を描こうとする硬派な姿勢こそが、クウガの魅力の一つなんですよね~。

 そんでもって、この小説版ですが、本編放送から13年後、2013年の現代を舞台としているのがミソなんですよ。

 一条を始めとするメインキャラクターの13年後も興味深かったですが(桜子さん、今も独身なんだね…)、TV本編では中学生だった夏目実加ちゃんが成長、何と女性刑事として再登場し、一条の有能なパートナーとなる展開にはもうビックリ!Σ(´∀`;)

 いや、確かに、13年あれば、中学生だって立派な大人になりますけど…何か、何年ぶりかに親戚の子供に会ったオジサンみたいな気分になったかなぶんでしたしかも、まさか、彼女が第2のクウガに変身するなんてねぇ。時の経つのは早いや

 時代の変化と共に更に狡猾さを増して復活したグロンギ達に対し、ラスト、遂に一条の前に帰還を果たす五代雄介でしたが、一つの戦いの終結と共に、彼は再び姿を消しました。

 彼の心が真に癒される日は来るのか?彼が守ろうとした人々の「笑顔」、彼自身がそれを取り戻すのは何時なのか―?切なさと希望がないまぜになるこの結末は、「クウガ」ファンなら感涙ものですよ…゚(゚´Д`゚)゚いや~、これは是非とも続編の執筆をお願いしたいです。頼みますよ、荒川さ~ん!!

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 平成仮面ライダー
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かなぶん

Author:かなぶん
平凡なアラフォー男子・かなぶんが、趣味の漫画、お笑い、B級グルメや特撮について書き散らかし、責任は一切取らないブログ。

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

猫のいる生活まとめ ~旧ちゃい日記~

雑多倉庫

池袋グルメ探検隊

戦士のズル休み

Re:BAD TASTE♥

ユッカリーナのヨガ的雑記帳

ライスクッカー

やみなべ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。