スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前代未聞の残虐ヒーロー「レッドマン」がCS・チャンネルNECOに登場!

 …と言っても、「レッドマンって何?」という方が大多数と思いますので、簡単に説明させていただきます。

 レッドマンは日本テレビ系の「おはよう!こどもショー」なる子供番組の1コーナーとして、昭和47年から約半年間に渡って放送された5分のショートドラマでして、製作は「ウルトラマン」シリーズでおなじみの円谷プロダクション。

 その独特すぎる内容は、以前からネット等でも話題になっていましたが、何とCSスカパー・「チャンネルNECO」にて、4月から放送しているというではないですか!し、知らなかったぜ~!!Σ(´∀`;)


 と言う訳で、早速観てみましたが…いやぁ、聞きしに勝る凄まじい内容でした…

 宇宙から来た巨大ヒーロー(と言っても、人間大にしか見えない)・レッドマンが怪獣と戦うのが基本的なフォーマットなのですが、30分番組のウルトラマンと違い、レッドマンは5分間(と言っても、実質3分弱)しか時間がないので、ドラマ本編も、全く何の説明もなく、ひたすらレッドマンと怪獣が取っ組み合っているのみです。

 また、ドラマの舞台も怪獣が多数生息するどこかの惑星という設定(らしい)ですが、どー考えても単なるその辺の造成地や空き地、海岸にしか見えず、登場する怪獣もバルタン星人やペギラ、ガラモンにカネゴン(←コイツ、悪い怪獣じゃないんじゃ…)ら、かつてのウルトラシリーズに登場、撮影を終えてボロボロにくたびれてしまった着ぐるみ怪獣ばかり。

 何か「お金かかってない感」をひしひしと感じる…。

 しかも、鮮やかな光線技を決めるウルトラマンと違い、レッドマンは殴る蹴る、投げ飛ばすといった原始的な攻撃手段が持ち味で、武器も馬鹿でかいナイフに鋭い槍と、無闇に物騒なものしか持っていないもんだから、さあ大変!

 怪獣に馬乗りになって何度も後頭部を地面に叩きつける、頭部を思い切り捻り首の骨をへし折る、ナイフや槍でメッタ刺し等、他では決して観られぬ残虐非道ぶりを発揮するレッドマンの姿に、視聴者は近頃の洗練された特撮ヒーロー番組にはとんと感じなくなった、命懸けの戦いの本質というものを思い知らされる事でありましょう。

 特に壮絶なのは、かつて「帰ってきたウルトラマン」に登場した怪獣サータンとの戦い。槍を突き刺され既に虫の息のサータンの長い鼻をつかんだレッドマン、そのまま引きずっていくと、何と崖下へ突き落とした!ちなみに、これ、「レッドフォール」という、レッドマンの立派な技の一つだそうです…恐るべし!((((;゚Д゚))))

 何故、そこまで怪獣を執拗に攻撃するのか?と疑問を感じますが、殺したはずの怪獣が次の回でしれっと復活してきたりする(←予算が少ないが故の単なる着ぐるみの使い回し)ので、レッドマン的には、二度と生き返ってこないように念入りに止めを刺しておきたいのでしょう、きっと。ホント、怪獣ってしぶといですよね(って、オイ!(゚Д゚)ノ)。

 と言う訳で、皆様、レッドマンの魅力を分かっていただけたでしょうか?「そんな凄い番組なら、ちょっと観てみようかしら」という、そこの物好きなアナタ!4月から始まったこの番組、実は来月で終了してしまいます!観るなら今がチャンス。是非、前代未聞の残虐ヒーローの勇姿をお楽しみ下さい!!(注:私はチャンネルNECOの関係者ではありません)

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 特撮
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。

「レッドマン」と聞けば、「ウルトラセブン」の初期タイトルであったことを思い出します。

この「レッドマン」と「グリーンマン」は幼い頃、視聴する機会がなく、ケイブンシャの「怪獣大百科」などの怪獣図鑑でしか目にすることが出来なかった、レアなヒーローという印象が強かったですね。

愚夫愚父様

 コメントありがとうございます。

 おお、「ウルトラセブン」の初期タイトルをご存知とは、さすがは愚夫愚父様ですなΣ(´∀`;)
 そして、私も読みましたよ、ケイブンシャの全怪獣怪人大百科!「レッドマン」や「グリーンマン」等の記事を読んで「観てみたいな~」と思いましたが、まさかあんな凄まじい内容だったとは…i-229機会があったら、是非ご覧下さい!

 また遊びに来て下さいね~!(*^-^*)ノ~~マタネー

No title

コメント失礼します。

10年くらい前にスカパーで『ゴッドマン』を放映していて、その完成度の低さの虜になったのを覚えていますが、今観ると『レッドマン』の方が内容的にはぶっ飛んでましたね。
『グリーンマン』になると物語性ができてしまって面白くありません。
もっと刹那的な暴力とシュールな展開がこのシリーズの魅力なのに、と思います。

スギノイチ様

 コメントありがとうございます。

 ありましたね~『ゴッドマン』!確かに、あの完成度の低さは只事ではありませんでしたねi-229私、30分連続で観ていて、頭がトリップしそうになりましたよi-282同じ様な映像が延々続くもんだからi-202
 『レッドマン』は展開がサクサク進むので非常に観やすい印象ですが、暴力的な戦闘スタイルは、別の意味で只事じゃないですよね。にしても、カネゴンを悪の怪獣扱いして倒すのはいかがなものかと…(笑)。

 また遊びに来て下さいね~!(*^-^*)ノ~~マタネー
プロフィール

かなぶん

Author:かなぶん
平凡なアラフォー男子・かなぶんが、趣味の漫画、お笑い、B級グルメや特撮について書き散らかし、責任は一切取らないブログ。

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

猫のいる生活まとめ ~旧ちゃい日記~

雑多倉庫

池袋グルメ探検隊

戦士のズル休み

Re:BAD TASTE♥

ユッカリーナのヨガ的雑記帳

ライスクッカー

やみなべ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。