スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ジョジョの奇妙な冒険」担当編集者・椛島氏、「ジョジョ」の裏話を語る…!

 ちょっと前のニュースですが、元「ジョジョの奇妙な冒険」担当編集者・椛島良介氏の語る「ジョジョ」第3部の裏話の記事が、マイナビニュースに掲載されていました(→詳細はコチラ)。

 椛島氏と言えば、荒木先生の「少年ジャンプ」編集部への持ち込み以来、担当編集者として荒木先生を裏側から支えてきた、いわばジョジョのブレーンとでも言うべき方(ちなみに、第3部でDIOがエジプトに潜んでいるというアイディアを考えたのも椛島氏だそうです)。

 果たしてどんな内容なのか!?―と興味津々で読みましたが、正直、椛島氏の「ジョジョ」という作品に対する冷静な分析力に驚かされましたね~。特に「2部のボスはディオほどの存在感はなかった」「1部は不安で2部は限界。最後(3部)に開けた」というコメントは、まさに痛いところを突かれたと言うか、何と言うか…(笑)。

 確かに、悪役として一本筋の通った性格のディオに比べて、カーズは仲間思いの知性派キャラから突然セコイ悪人(人じゃないけど)に変貌したりと、ややキャラクターが迷走していた感がありますよね。

 それに、第2部位まで、ジャンプ誌での人気が今ひとつだったのも事実だし…。第1部~2部連載当時、私はいつ打ち切りになるかとハラハラしながら読んでたもんですよ

 例えば「北斗の拳」の大ヒットの裏に担当編集者・堀江信彦氏の存在がある様に、編集者は作品に対し、多大な影響を与えるものなんですね~。連載開始から27年、絶大な人気を誇るジョジョシリーズがここまでのヒット作となったのは、荒木先生一人の功績ではなく、椛島氏の並々ならぬ努力があったんでしょうな。

 それにしても…「ジャンプ王道だけでなく、異質な作品を育てる土壌もある」との事ですが、そもそも、荒木先生がお好きなのは、「巨人の星」や「バビル2世」、「サスケ」といった王道の名作少年漫画のハズ。それなのに、何故荒木先生は、こんな特殊と言うか、独特な漫画を描くのだろうと疑問に思う今日この頃です
 
 と言う訳で、ジョジョの人気を決定付けた概念・「スタンド」が初登場する、ターニングポイントとも言うべき第3部のTVアニメが、遂に今夜スタートします。「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」、皆様、どうぞお見逃しなく!

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ジョジョの奇妙な冒険
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かなぶん

Author:かなぶん
平凡なアラフォー男子・かなぶんが、趣味の漫画、お笑い、B級グルメや特撮について書き散らかし、責任は一切取らないブログ。

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

猫のいる生活まとめ ~旧ちゃい日記~

雑多倉庫

池袋グルメ探検隊

戦士のズル休み

Re:BAD TASTE♥

ユッカリーナのヨガ的雑記帳

ライスクッカー

やみなべ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。