スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪趣味映画劇場「極道戦国志 不動」

 「この映画は、映画管理委員会により『成人映画』指定を受けた公序良俗に反する作品である。この暗闇の中で、密やかに、そして冷静に鑑賞すべし。(「不動」本編開始前に流れる警告文より)」

 新作「逆転裁判」も絶賛公開中、更に往年の名作漫画の実写映画「愛と誠」も手掛け、今、日本で一番忙しい映画監督と言われる三池崇史氏―。

 その三池監督が96年に製作し、余りに常軌を逸した内容から一部の物好きなマニア達に絶大な支持を受けている作品が、今回ご紹介する「極道戦国志 不動」。何でも三池監督がブレイクするきっかけとなった作品らしく、海外でも非常に評価が高いとのことで、試しに観てみたんスけどね…。

 主演は当時まだ俳優デビューほやほやの、今をときめく人気俳優・谷原章介さん。そして対する敵は我らが竹内力アニキ…なんだけど力アニキは影の黒幕で、実際は谷原さんの父親役の故・峰岸徹さんがメインの悪役として出張りっぱなし(その割には、ビデオのジャケットには、力アニキの顔面ドUPがでかでかと出てますが)。その他、シュートボクシング創始者・シーザー武志さん、プロレスラーの高野拳磁さん、元WKBA世界スーパーライト級チャンピオンのキックボクサー・新妻聡さん、チョイ役でミッキー・カーチスさんと、何かやたらと豪華(そうか?)な出演者が、好き者の心をそそりますね(そうか?)。

 さて、お話は…「高校生でありながら父・不動巌(峰岸さん)率いる仁王会不動一家の若頭を務め、夜の街を支配する少年・不動力(谷原さん)―。しかし彼は、かつて夜叉組組長・能馬(竹内力アニキね)とのトラブルを回避するために、冷酷にも自分の息子(=谷原さんの兄)を殺した父、そして父に象徴される旧来の極道社会を激しく憎悪していた。自分を慕う仲間達を使って仁王会系列の幹部達を次々と暗殺し、新世代の理想社会を築こうとする力。しかし、密かに手を組んでいた能馬から、連続暗殺事件の犯人が息子であることを知った巌は、力とその仲間達を抹殺するために恐るべき刺客を送り込む…!」とゆーもの。

 開始早々ミッキー・カーチスさん演じる殺し屋による銃撃シーン、そして数分後に報復として生首クール宅急便と化すミッキー、更に峰岸パパは自分の息子の寝込みを襲って日本刀で首チョンパし、その生首(何か生首ばっかだな!)をテーブルに置いて高笑い…冒頭から、ただならぬ予感を孕みつつ、物語はノンストップで展開して行きます。

 前半の見所は、谷原さんが送り込む刺客による、仁王会幹部達のありえねー死に様。「 ガソリンスタンドの店員(その正体は谷原さんを慕う女子高生ヒットマン)に知らずに猛毒を飲まされ、全身からハンパねぇ量の血を消防車の放水の様に噴出し死ぬ」、「ゲーセンで小学生ヒットマン(えええっ!)にすれ違いざまに撃たれ死ぬ」、「ストリップ鑑賞中、ここでは書けないトンデモない所から発射された吹き矢でこめかみを貫かれて死ぬ」等、神をも恐れぬインモラルな場面が目白押し!

 更に、主人公と共闘する転校生・愛染役で登場するのが高野拳磁!当時30代前半の高野さんが、2m・130kgの巨体を揺らしつつ高校生役をぬけぬけと演じたかと思えば(私は最初生徒と分からず、しばらく暴力教師なのかと思って観てた)、後半には新妻聡選手も、谷原さんとその仲間たちを狙う殺し屋として登場!んでまた、この殺し屋ってのが「実は峰岸パパの隠し子(谷原さんにとっては腹違いの兄)で、おまけに韓国特殊部隊出身、常にキムチをほおばり、不味いキムチを出す焼肉屋の料理人は皆殺し」という、もうどう突っ込めばいいのやら分からん馬鹿馬鹿しいキャラクターだったもんだから、さあ大変!

 高野拳磁を特殊工作でバイクごと爆殺し(…たかと思ったら、しっかり生きてやがったけど)、女子高生もノー手加減でフルボッコにする新妻選手の前に、谷原さん一派はタジタジ。谷原さんvs新妻選手の一騎打ちは、パンチ・キックの雨あられを降らせる新妻選手の猛攻に、日本刀で武装した谷原さんもドラゴンボールZ状態で壁を突き破って吹っ飛ばされ、最早虫の息。これまでか―と思われたが、駆けつけた高野(火傷の治療中らしいのだが、全身を金属板で補強したその姿はサイボーグ化したようにしか見えん)達の助けで新妻選手は倒される。

 そして、遂に迎えた憎き峰岸パパとの最終決戦。いつものように日本刀で寝込みを襲うパパだが、谷原さんは敷布団に首(だけ)を守る鋼鉄ガードを仕込んでおりセーフ。って言うか、何で首を斬られる前提なのか?パパはめげずに更に拳銃で撃つも、谷原さんは防弾チョッキを装着済みでまたもやセーフ!かくて、因縁深きパパを首チョンパ(もういいよ!)した谷原さんは組織を制圧、後日父の弔問に訪れた真の黒幕・竹内力アニキに宣戦布告するのであった。めでたしめでたし。

 と言う訳で、とにかくドギツイ残酷描写と下品なエロ、サディスティックなバイオレンスの炸裂しまくる映画なんですが、観客が喜ぶ素材(だけ)をこれでもかとぶち込み、目の前に突きつける三池監督ならではの過剰なサービス精神は、この頃既に完成していたのだなあ、と妙に感心した次第。DVDも発売中なので、刺激的な時間を過ごしたい方は鑑賞してみるのも一興かと。あなたのハートに…何も残らないだろうけど。

↓クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ホラー映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

この作品は観ていないのですが、
極道モノの作品は、意外と面白いですよね。

残酷だったりもしますが、
なぜか笑えるシーンもあったりして。

しばらく観ていませんが、以前はよくレンタルしていました。

シリーズになっていると、全部観たくなってしまうので。

ワタシの観ていたシリーズの主演をなさっていた方が、逮捕されたときは、

あの映画はどうなるの~

なんて心配してしまったり…。

「ミカズワールド」ミカ

観ない方が…

 ma shanti mika様

 コメントありがとうございます。 

 「不動」は極道モノと言うより、極道モノの皮をかぶったホラー映画みたいな感じなので、観ない方がいいかも知れんですi-229それと、本作は谷原章介さんの経歴からは、完全に抹殺されてるそうです。

 極道モノで思い出しましたが、私、この手の映画によく出ている俳優の清水健太郎氏を後楽園ホールで観た事があります。遠くから見ても、尋常じゃない空気を発散しているお方でした…。

そうですか。

確かにわたしはホラーは不得意です。

この映画はパスしておきましょう。


それにしても、
さすがかなぶんさん。

逮捕~と聞いて、すぐどなたかお分かりなのですね。

あれ?

 ma shanti mika様

 コメントありがとうございます。

 …って、あれ?清水の健ちゃんの事だったんスか?v-405 逮捕って聞いて、たまたまシミケンさんを思い出しただけだったんですけどi-229
プロフィール

かなぶん

Author:かなぶん
平凡なアラフォー男子・かなぶんが、趣味の漫画、お笑い、B級グルメや特撮について書き散らかし、責任は一切取らないブログ。

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

猫のいる生活まとめ ~旧ちゃい日記~

雑多倉庫

池袋グルメ探検隊

戦士のズル休み

Re:BAD TASTE♥

ユッカリーナのヨガ的雑記帳

ライスクッカー

やみなべ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。