スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かなぶん、オタク人生の幕開け。「よみがえるケイブンシャの大百科」

よみがえるケイブンシャの大百科よみがえるケイブンシャの大百科
(2014/10/15)
黒沢 哲哉

商品詳細を見る

 アニメや特撮ヒーローを始め、漫画、スポーツ、芸能、ホビー、オカルト等、およそ子供の好きそうなあらゆる題材を文庫本サイズの数百ページの豆辞典に網羅し出版、70年代後半~80年代にかけて一世を風靡した、通称「ケイブンシャの大百科」シリーズ―。

 計700巻以上に及ぶ全シリーズの歴史と、特に昭和に発売された350巻までの各巻の概要、「全怪獣怪人大百科」・「ウルトラマン大百科」等の名作の内容紹介等を一冊にまとめ上げた労作が、本書「よみがえるケイブンシャの大百科」であります。

 私が初めて大百科シリーズに触れたのは、78年発行の大ヒット作「ウルトラマン大百科」でしたが、本書での紹介の通り、「うらばなし」と称するコラムがやたらとマニアックな内容で、子供心に「充実してるな~」と妙に感心した記憶があります(←当時保育園児。どんな子供だ!)。

 他に印象深かった巻を挙げていきますと…まずは「ケイブンシャと言えばコレ!」の「全怪獣怪人大百科」!初めて読んだのが、親に買ってもらった昭和55年度版、小学校入学前でしたよ。トリプルファイターやアイアンキング、突撃!ヒューマン等、これを読んで初めて知ったヒーローは多かったなぁ…(遠い目)。

 いわば、かなぶんのオタク人生は、この「全怪獣」で幕を開けたと言っても、決して過言ではないかも知れませんな~。お陰で怪獣とヒーローで頭が一杯の、立派な大人に成長する事ができました。ありがとう大百科!うふん♥

 それから、82年に発売された「世界の怪獣大百科」。これは映画・TVのみならず、漫画・小説・神話や伝説まで、あらゆるジャンルの怪獣を紹介しようという内容。漫画ではゲゲゲの鬼太郎の大海獣、神話からは八岐大蛇(やまたのおろち…え?)、小説からは、あのクトゥルフまで登場!…って、えぇ~っ!?

 クトゥルフと言えば、H.P.ラヴクラフトのSFホラー小説に登場する邪神。私、本書で初めてクトゥルフって知ったんですけど、「この地球を再び人類の手からから奪い返そうとしている」とか書かれていて、凄ぇ怖かったのを覚えています((((;゚Д゚))))…まあ、コイツが果たして怪獣なのかは置いといて(笑)。

 あとは84年発行の「怪獣プラモ大百科」。バンダイからリアルホビーやプラモデルの「The特撮collection」シリーズ、ウルトラ・東宝系の怪獣ソフビ等が次々と発売され、特撮系ホビーブームが巻き起こった頃に出版された1冊です。

 子供向けの枠を超えたマニアックなプラモ改造法や、ジオラマの作成記事も豊富に紹介されていましたが、個人的にインパクトが大きかったのが、「ウルトラQ1984」なる全3話のフォトストーリー。

 登場する怪獣こそ、当時発売されたソフビ等をそのまま流用していたものの(…確か…)、ストーリーそのものは、「ウルトラQ」の名に恥じぬ、極めてシリアスで完成度が高いものでした(特に、都市の闇に潜む怪獣達の秘密を知ってしまった男が、怪獣につけ狙われる第3話が凄ぇ怖かった)。

 で、本書によると、この「ウルQ」って、シナリオ作成時、実は円谷プロ上層部のチェックを受けていたんですってね!Σ(´∀`;)道理で良く出来てるはずだよ。ビックリだわ~。何故にあそこまで完成度の高い内容だったのか、長年の疑問だったけど、その謎が今になって解けようとは…。

 他にも、80年代に勃興したオタク系ムーブメントと大百科シリーズとの関わりにも触れられており、オタク史を振り返る意味でも貴重な一冊と言えます。

 しかし、昔持っていた大百科シリーズ、引っ越しのドサクサでまとめて捨てちゃったんですけど…本書を読んで「あ~、捨てなきゃよかった~!」って後悔しちゃいましたね(笑)。多分、こういう人、他にも大勢いると思うんですけど。

 「まんだらけ」なんかで、また集めてみようかなとも考えてるんですが、プレミア本もあるみたいだし難しいかな?

 ↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ヲタク人日記
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。

「大百科」シリーズ。

我らの幼年期のサブカルでは重要な位置を占めていましたよね。

「大百科」の後は、「ロマンアルバム」「ファンタスティックコレクション」を
買い求めていた頃が懐かしい。

私が買った「全怪獣怪人大百科」は昭和54年版でしたが。
「ダイケンゴー」なんて、見慣れぬロボットが表紙で驚いたものです。

「映画版バルディオス」では、編集者の「やる気のなさ」を、
若いながらも感じ取ってしまいました。

まあ、あんなマイナー作を「テレビ版」「映画版」続けて刊行する
と命じられば、ネタ探しにも疲れてダレるだろうなあ。


お邪魔いたしました。

ふぐにさん。様

 コメントありがとうございます。

 「大百科」シリーズ、ホント、重要でしたね~。類似のシリーズで、他にも小学館のコロタン文庫とか秋田書店の大全科シリーズとかありましたけど、一番最初はどれだったんでしょうか…。

 朝日ソノラマの「ファンタスティックコレクション」も懐かしい!ウルトラシリーズは言うに及ばず、私はジャイアントロボやイナズマン、ダイナマン&バイオマンなんか持ってましたよ。雑誌「宇宙船」を買っていた流れで、ついつい買い集めてしまいましたi-229

 バルディオス…放送当時から既にマイナーだったと思うんですが(笑)、何故に大百科が2冊も出たんでしょうか?「これから人気が出る!」とか、ケイブンシャ側が判断したのかも知れませんねi-201

 それにしても…「全怪獣~」で紹介されていた作品は、当時の私にとっては観たくても観られないものばかりでしたが、今の様にDVDやCS、動画でそうした幻の作品が気軽に観られる時代が来ようとは、夢にも思いませんでしたね~。まあ、実際に観て、ガックリと脱力してしまうケースも多いですが(笑)。

 また遊びに来て下さいね~!(*^-^*)ノ~~マタネー
プロフィール

かなぶん

Author:かなぶん
平凡なアラフォー男子・かなぶんが、趣味の漫画、お笑い、B級グルメや特撮について書き散らかし、責任は一切取らないブログ。

↓ランキングに参加しております!クリックお願い致します~
にほんブログ村 その他日記ブログ オタク日記へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

猫のいる生活まとめ ~旧ちゃい日記~

雑多倉庫

池袋グルメ探検隊

戦士のズル休み

Re:BAD TASTE♥

ユッカリーナのヨガ的雑記帳

ライスクッカー

やみなべ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。